タグ別アーカイブ: ビネット

写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風

写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風【5】

【Photoshop講座】ビネット効果は、「トンネル効果」とも呼ばれているように、丸い穴から覗いてるような暗さを、画像の周辺につくる演出方法です。より自然な効果を作り出すために、描画モードが違うビネット効果を2枚重ねてみましょう。

続きを読む

写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風

写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風【4】

【Photoshop講座】ビンテージ風写真のムードを一気に高めてくれるビネット効果は、[レンズ補正]の[周辺光量補正]を使用すると簡単につくれます。画像に直接適用することもできますが、レイヤーで合成しておくと、暗さや形状を再編集できるので便利です。

続きを読む

写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風

写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風【3】

【Photoshop講座】「X-PRO II」風のカラーバランスは、シャドウ領域を青みがからせ、ハイライト領域を黄みがからせます。この2つの効果は、いずれもチャンネル[ブルー]で行えるので、チャンネル[レッド]、[グリーン]は、コントラストを強くする役割に使います。

続きを読む

写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風

写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風【2】

【Photoshop講座】「X-PRO II」の最大の特徴は、ハイコントラストとビネット効果です。[トーンカーブ]のチャンネル[レッド]とチャンネル[グリーン]に、コントラストを強くする典型的なカーブを設定し、チャンネル[ブルー]に「補色」を強調したカラーバランスを設定します。

続きを読む

写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風

写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風【1】

【Photoshop講座】おしゃれなヴィンテージ風写真に加工できるアプリ「Instagram」。その多彩なフィルターの中から、周辺を暗くコントラストを強くする「X-PRO II」を再現してみましょう。「X-PRO II」は、フィルム写真を象徴するようなハイコントラスト、黄みがかった色調、ビネット効果が特徴です。元のイメージを想像以上に変え、どんな素材もそれっぽく仕上げてくれる人気の高いフィルターのひとつです。

続きを読む

写真を加工する!インスタグラム HUDSON風

写真を加工する!インスタグラム HUDSON 風【4】

【Photoshop講座】ビネット効果は、画像の周辺を暗くする演出方法ですが、「HUDSON」風は、ハイライト領域の青みを確保するため、全体を少し暗く調整しているので、中央を明るくすることでその効果を得ています。

続きを読む

写真を加工する!インスタグラム HUDSON風

写真を加工する!インスタグラム HUDSON 風【3】

【Photoshop講座】全体を青みかがらせる調整のほとんどは、チャンネル[ブルー]が担います。ハイライト領域には、視覚的に青みを感じる光の階調が多く含まれているので、これらを明るくすると、カラーバランスは一挙に青みへ転びます。中間調からは明るさを抑え、チャンネル[レッド]より暗く設定することで、影の部分に赤みを加えることができます。

続きを読む

写真を加工する!インスタグラム HUDSON風

写真を加工する!インスタグラム HUDSON 風【2】

【Photoshop講座】「HUDSON」の最大の特徴は、肌色の温かみを残しながら、ブルー系の色調に変えられるところです。補正のポイントは、肌色の階調領域を占める中間調にあり、元画像のカラーバランスをできるだけキープして、ハイライト領域をブルー系に転ばせます。

続きを読む

写真を加工する!インスタグラム HUDSON風

写真を加工する!インスタグラム HUDSON 風【1】

【Photoshop講座】おしゃれなヴィンテージ風写真に加工できるアプリ「Instagram」。その多彩なフィルターの中から、中央を明るく青みがかった色にする「HUDSON」を再現してみましょう。「HUDSON」は、人の肌色を損ねることなく青みがからせることができるので、早朝の部屋や高原の爽やかな空気感を演出するのに適しています。派手な効果ではありませんが、少しの変化でイメージが変わる、色調補正の重要さを教えてくれるフィルターのひとつです。

続きを読む

写真を加工する!インスタグラム SUTRO風

写真を加工する!インスタグラム SUTRO 風【5】

【Photoshop講座】ここでのビネット効果は、画像の周辺を均一に暗くする役割と、色を濃い印象にする役割が必要です。色の濃さは彩度を高めることで行えますが、明るい部分がより明るくなってしまう特性があります。[乗算]と[オーバーレイ]、2つの描画モードを駆使して、「SUTRO」風を完成させましょう。

続きを読む