タグ別アーカイブ: クイック選択ツール

切り抜きを極める!透けた布をレイヤーマスクで切り抜く

切り抜きを極める!透けた布をレイヤーマスクで切り抜く

【Photoshop基本操作】透けた布の輪郭だけを切り抜くと、そこに透けて見える背景や色はそのまま残ります。この状態で合成してしまったら、違和感が出るのは当然ですよね。オブジェクトの切り抜きにレイヤーマスクを使用すれば、透けている部分に階調を付けて、不透明度を変化させることができます。元画像の明度や色域から、それぞれ抽出した自然な階調をひとつに合成し、透けた布や女性の髪の毛をすばやく切り抜きましょう。

続きを読む

【選択範囲】オブジェクトの境界線を選択する【クイック選択ツール】

【選択範囲】オブジェクトの境界線を選択する【クイック選択ツール】

【Photoshop基本操作】特定のオブジェクトだけを選択したい場合は、色や明るさの違いでアプローチしていくと効率的です。境界線を自動的に検知してくれる[クイック選択ツール]を使用して、詳細な切り抜きにも対応できる選択範囲を、どのように作成していくかを学びましょう。

続きを読む

切り抜きを極める!髪の毛を色域で切り抜く

切り抜きを極める!髪の毛を色域で切り抜く

【Photoshop基本操作】映像を合成する技術「クロマキー合成」では、撮影時にブルーバックやグリーンバックが多く用いられています。背景が単色なら、髪の毛のような繊細な境界線も簡単に切り抜くことができます。でも、撮影スタジオやホリゾントを準備するのは大変です。そんな時は青空を背景に撮影してみましょう。青空の色域を指定するだけで、髪の毛が自然なカンジで切り抜けます。

続きを読む

切り抜きを極める!境界線を調整する方法10選

切り抜きを極める!境界線を調整する方法10選

【Photoshop基本操作】切り抜きの良し悪しは境界線の処理で決まります。しかもそれは、0.5 ピクセルという繊細な範囲で行われるものです。ひとつの切り抜き作業に対して、いろいろな方法を組み合わせて完成させることが前提ですが、どんな方法があるのか? それを知らなきゃ始まらないこともあるかと思います。その代表的な境界線を調整する方法の概要をご紹介しましょう。

続きを読む

写真を絵画調に!商業広告のイラスト風

写真をイラスト調に!カラーペンで描いた商業広告風【4】

【Photoshop講座】これまでの加工画像を利用して、色むら塗り残しを表現する作業を行います。スマートオブジェクトに適用したフィルターを[塗料]に変更し、境界線を大胆にエフェクトできる[スパークル]を選択して、商業広告のイラスト風を仕上げましょう。

続きを読む

写真を絵画調に!商業広告のイラスト風

写真をイラスト調に!カラーペンで描いた商業広告風【3】

【Photoshop講座】カラーペン(コピック)のタッチを再現する作業を行います。イラストのタッチは限りなく、使用する画材もさまざまです。カラーマーカーの「コピック」は、インクの発色がよく手軽に描けるので、イラストレーションの現場ではよく使われています。

続きを読む

写真を絵画調に!商業広告のイラスト風

写真をイラスト調に!カラーペンで描いた商業広告風【2】

【Photoshop講座】切り抜いた人物の背景を白色にして、影だけを明るく補正する作業を行います。色調補正ツールの[シャドウ・ハイライト]は、画像を単に明るくしたり暗くしたりするだけでなく、設定したシャドウ部分、またはハイライト部分の領域で、それぞれを調整できる機能です。

続きを読む

写真を絵画調に!商業広告のイラスト風

写真をイラスト調に!カラーペンで描いた商業広告風【1】

【Photoshop講座】イラストレーションは、自己表現する芸術や美術とは違い、公共的な情報伝達を行うことが使命です。雑誌やポスターなどの情報媒体では、より印象的でわかりやすい効果が求められるので、紙面を彩るヴィジュアルイメージに、イラストレーションが用いられることも多いです。躍動的なスポーツ写真を、カラーペンで描いた商業広告のイラスト風に加工してみましょう。

続きを読む

写真を絵画調に!ダークなパステル画風

写真をイラスト調に!ダークなパステル画風【5】

【Photoshop講座】パステル画の最大の特徴である「ホワイト」を加える作業を行います。人物のハイライト部分の「ホワイト」は、粗いタッチの[色鉛筆]を用い、大胆に仕上げましょう。

続きを読む

写真を絵画調に!ダークなパステル画風

写真をイラスト調に!ダークなパステル画風【4】

【Photoshop講座】人物にパステル画風のタッチをつける作業を行います。タッチと言っても、これは演出としての擬似的なものなので、少し誇張させた方が効果的です。タッチに使用する[色鉛筆]は、描画モード[ハードライト]で合成することを前提に設定します。

続きを読む