写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風【3】

【Photoshop講座】ルネッサンス期の壁画は風化して、表面に細かいひび割れ模様が見られます。ここでは、写真などの素材画像を用いらず、Photoshop に備わっている機能だけで作成することにこだわりましょう。


彩度で強弱をつける!
ひび割れ模様のテクスチャを作成するとき、気をつけなければならないことは不規則性です。ランダムな形状は簡単に作れても、線の太さをいろいろ変えることは以外に難しものです。そんなときは、フィルターの掛け合わせで答えを導き出しましょう。[輪郭検出]で作り出される境界線に、カラフルな色が付いていれば、その後の効果で強弱がつけられます。
            
大きなひび割れ模様を作成する
[レイヤー]パネルで、[新規グループを作成]をクリックして、[グループ 1]を作成します。[新規レイヤーを作成]をクリックして、[レイヤー 1]を作成します。
[グループ 1]を作成し[レイヤー 1]を作成
[グループ 1]を作成し[レイヤー 1]を作成
[編集]メニューから、[塗りつぶし]を選択します。[使用]に[50%グレー]を選択して、[OK]をクリックします。
[レイヤー 1]を[50%グレー]で塗りつぶす
[レイヤー 1]を[50%グレー]で塗りつぶす
[フィルター]メニューから、[スマートフィルター用に変換]を適用します。
[スマートフィルター用に変換]を適用
[スマートフィルター用に変換]を適用
スマートオブジェクトにすることで、適用後のフィルターが再編集できます。
[フィルター]メニューから、[ノイズ]→[ノイズを加える]を選択します。[分布方法]に[ガウス分布]を選択し、[量]に「50」%を設定して、[OK]をクリックします。
[ノイズを加える]を設定
[ノイズを加える]を設定
[フィルター]メニューから、[ピクセレート]→[点描]を選択します。[セルの大きさ]に「40」を設定して、[OK]をクリックします。
[点描]を設定
[点描]を設定
[フィルター]メニューから、[表現手法]→[輪郭検出]を適用します。
[輪郭検出]を適用
[輪郭検出]を適用
点描の彩度はノイズの量で決まる!
[点描]の彩度は、[輪郭検出]にも影響を与えます。彩度が高いほど、適用結果の強さをランダムに変化させることができます。[点描]の彩度のコントロールは、[ノイズを加える]の[量]で調整します。
[フィルター]メニューから、[フィルターギャラリー]を選択します。
[フィルターギャラリー]操作パネル
[フィルターギャラリー]操作パネル
[エフェクトレイヤーを削除]をクリックします。[ブラシストローク]→[はね]を選択します。
[エフェクトレイヤーを削除]をクリック
[エフェクトレイヤーを削除]をクリック
[はね]を選択
[はね]を選択
[スプレー半径]に「4」、[滑らかさ]に「5」を設定します。
[はね]を設定
[はね]を設定
[新しいエフェクトレイヤー]をクリックします。
[新しいエフェクトレイヤー]をクリック
[新しいエフェクトレイヤー]をクリック
[スケッチ]→[ノート用紙]を選択します。
[ノート用紙]を選択
[ノート用紙]を選択
[画像のバランス]に「25」、[きめの度合い]に「10」、[レリーフ]に「11」を設定して、[OK]をクリックします。
[ノート用紙]を設定
[ノート用紙]を設定
[粒状]と[ドライブラシ]を適用
[はね]と[ノート用紙]を適用
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[レベル補正]を選択して、[レベル補正 1]を作成します。[属性]パネルで、[クリッピングマスクを作成]をクリックします。[レベル補正]ダイアログで、[出力レベル]のハイライト点を「160」に設定します。
[レベル補正]ダイアログ
[レベル補正]ダイアログ
[レベル補正]調整レイヤーを[レイヤー 1]にクリップ
[レベル補正]調整レイヤーを[レイヤー 1]にクリップ
[レイヤー]パネルで、[レイヤー 1]を選択して、描画モードに[オーバーレイ]を設定します。[不透明度]に「75%」を設定します。
描画モードと[不透明度]を設定
描画モードと[不透明度]を設定
レベル補正で中性色に近づける!
[レベル補正]の役割は、ひび割れ模様以外の影響をなくすことにあります。[レイヤー 1]を暗く調整することで、描画モード[オーバーレイ]の「中性色(50%グレー)」に近づけます。
大きなひび割れ模様を合成
大きなひび割れ模様を合成
大きなひび割れ模様ができました。
大きなひび割れ模様ができた
大きなひび割れ模様ができた
続きは↓下の番号をクリック!
            

スポンサード リンク