写真を絵画調に!ダークなパステル画風

写真をイラスト調に!ダークなパステル画風【3】

【Photoshop講座】切り抜いた人物にポスタリゼーションの効果をつけます。ポスタリゼーションとは、階調数を設定することにより、色調を地図の等高線のように段階的に分ることができる機能です。写真をイラスト調に加工する代表的な手法として用いられています。


背景素材を活かす合成!
白い紙やカンバスでは、あまり気にならないことですが、作例のような濃い色の紙に絵を描く場合は、その紙より明るい色の絵の具を使わない限り、ハイライトの部分を表すことができません。しかし、不透明色の絵の具でも、上塗りされる色は背景の色に影響されるものです。
白色や黄色などのような明るい色ほど大きく影響されるので、塗りつぶすよりも背景素材を活かした輪郭線で構成し、効かしに白色のハイライトをちょこっと入れる方がオシャレ。下地を[乗算]で合成しておくと、それっぽく演出できます。
            
ポスタリゼーションの効果をつける
[フィルター]メニューから、[スマートフィルター用に変換]を適用します。
[スマートフィルター用に変換]を適用
[スマートフィルター用に変換]を適用
スマートオブジェクトにすることで、適用後のフィルターが再編集できます。
[フィルター]メニューから、[フィルターギャラリー]を選択します。[アーティステック]→[エッジのポスタリゼーション]を選択します。
[フィルターギャラリー]操作パネル
[フィルターギャラリー]操作パネル
[エッジの太さ]に「5」、[エッジの強さ]に「1」、[ポスタリゼーション]に「1」を設定して、[OK]をクリックします。
[エッジのポスタリゼーション]を設定
[エッジのポスタリゼーション]を設定
[フィルター]メニューから、[ぼかし]→[ぼかし(ガウス)]を選択します。[半径]に「1.0」pixelを設定して、[OK]をクリックします。
[ぼかし(ガウス)]を設定
[ぼかし(ガウス)]を設定
[エッジのポスタリゼーション]の効果にジャギー(境界線のギザギザ)が目立つので、[ぼかし(ガウス)]で緩和させます。
[レイヤー]パネルで、描画モードに[乗算]を選択します。
描画モードに[乗算]を選択
描画モードに[乗算]を選択
人物の画像とクラフト紙が[乗算]で合成されました。
クラフト紙の背景を[乗算]で合成
クラフト紙の背景を[乗算]で合成
描画モードの乗算とは?
描画モードに[乗算]を選択すると、人物の画像が透過したように合成されます。これは合成画像のピクセルの数値と、背景画像のピクセルの数値によって計算されるもので、人物の明るい部分は透過し、暗い部分はより暗くなるためです。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
[レイヤー]パネルで、[背景 コピー]を2枚複製します。
[背景 コピー]を2枚複製
[背景 コピー]を2枚複製
複製を複製すると降順になる!
[レイヤー]パネルの[新規レイヤーを作成]にドラッグする操作は、複製したレイヤーをドラッグしてください。背面のレイヤーを複製すると、レイヤーの順序が変わります。[背景 コピー]をドラッグして[背景 コピー 2]を作成し、[背景 コピー 2]をドラッグして[背景 コピー 3]を作成すると、[背景 コピー 3]が前面になります。
複製したレイヤーを非表示にして、[背景 コピー]を選択します。
複製したレイヤーを非表示
複製したレイヤーを非表示
[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[色相・彩度]を選択して、[色相・彩度 1]を作成します。
[色相・彩度 1]を作成
[色相・彩度 1]を作成
[属性]パネルで、[クリッピングマスクを作成]をクリックします。[色相・彩度]ダイアログで、[色彩の統一]にチェックマークを入れます。[色相]に「230」、[彩度]に「50」、[明度]に「+25」を設定します。
[色相・彩度]を設定
[色相・彩度]を設定
クリッピングマスクとは、背面だけに影響するレイヤーです。
ダークな色調のベースになる、ポスタリゼーションの効果をつけることができました。
ポスタリゼーションの効果をつけることができた
ポスタリゼーションの効果をつけることができた
続きは↓下の番号をクリック!
            

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です