写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風

写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風【5】

【Photoshop講座】ビネット効果は、「トンネル効果」とも呼ばれているように、丸い穴から覗いてるような暗さを、画像の周辺につくる演出方法です。より自然な効果を作り出すために、描画モードが違うビネット効果を2枚重ねてみましょう。


黒塗りを補助的に使うビネット!
黒色のグラデーションを周辺に敷けば、それなりのビネットはつくれますが、素材画像の外観や周辺が明るいと、ただの「黒塗り」では違和感が出ます。この違和感を解消するには、画像そのものの色を強くする必要があり、どちらかと言えば、「黒塗り」は補助的な存在です。
            
ビネット効果を重ねる
[レイヤー]パネルで、[新規レイヤーを作成]をクリックして、[レイヤー 2]を作成します。[編集]メニューから、[塗りつぶし]を選びます。[塗りつぶし]ダイアログで、[使用]に[ホワイト]を選択して、[OK]をクリックします。[フィルター]メニューから、[スマートフィルター用に変換]を適用します。
[レイヤー 2]を作成
[レイヤー 2]を作成
[使用]に[ホワイト]を選択
[使用]に[ホワイト]を選択
[フィルター]メニューから、[レンズ補正]を選びます。[レンズ補正]操作パネルで、[カスタム]を表示します。
[レンズ補正]操作パネル
[レンズ補正]操作パネル
[周辺光量補正]セクションの[適用量]に「-75」、[中心点]に「+50」を設定して、[OK]をクリックします。
[周辺光量補正]を設定
[周辺光量補正]を設定
[レイヤー]パネルで、描画モードに[乗算]を設定します。[不透明度]に「50%」を設定します。
描画モードに[乗算]を設定
描画モードに[乗算]を設定
ビネット効果を重ねることができました。
ビネット効果を重ねることができた
ビネット効果を重ねることができた
インスタグラム「X-PRO II」風の写真加工ができました。
インスタグラム「X-PRO II」風の写真加工ができた
インスタグラム「X-PRO II」風の写真加工ができた
            

スポンサード リンク