写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風

写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風【3】

【Photoshop講座】「X-PRO II」風のカラーバランスは、シャドウ領域を青みがからせ、ハイライト領域を黄みがからせます。この2つの効果は、いずれもチャンネル[ブルー]で行えるので、チャンネル[レッド]、[グリーン]は、コントラストを強くする役割に使います。


RGBの捕色を知っておこう!
チャンネル[ブルー]のシャドウ点を明るくすると、最も暗い黒色がブルーになります。チャンネル[レッド]ではレッド、チャンネル[グリーン]ではグリーンになります。難しいのは、ハイライト点を暗くしたときの結果です。なぜ、チャンネル[ブルー]のハイライト点を暗くすると黄みがかるのか?これは捕色の関係にあるからです。チャンネル[レッド]ではシアン、チャンネル[グリーン]ではマゼンタ、チャンネル[ブルー]ではイエロー。それぞれの捕色を憶えておきましょう。
            
トーンカーブ[ブルー]を設定する
[トーンカーブ]ダイアログで、チャンネルに[ブルー]を選択します。トーンカーブの左側のポイントを選択します。[入力]に「0」、[出力]に「32」を設定します。トーンカーブの右側のポイントを選択します。[入力]に「255」、[出力]に「223」を設定します。
シャドウ点とハイライト点を選択して設定
シャドウ点とハイライト点を選択して設定
[入力:0][出力:32]
[入力:255][出力:223]
トーンカーブのシャドウ点、またはハイライト点がコーナーから離れると、いちばん暗い部分、または明るい部分が弱くなります。
チャンネル[ブルー]のシャドウ点を明るく、ハイライト点を暗くする設定ができました。
チャンネル[ブルー]の設定ができた
チャンネル[ブルー]の設定ができた
RGBのトーンカーブは、[レッド]、[グリーン]が同じく、コントラストを強めるS字型のカーブを描き、[ブルー]だけが異なった形状で、最も暗いシャドウ部分を青みがからせ、最も明るいハイライト部分を黄みがからせています。いずれのカーブも中間点で交差し、中間調の中心が変更されていないので、元画像の印象はそのまま残されています。
カラーバランスの変化
カラーバランスの変化
RGBチャンネルのカラーバランス
トーンカーブの「シャドウ点」を明るくすると、いちばん暗い黒色がグレーになります。
トーンカーブの「シャドウ点」を明るくする
トーンカーブの「シャドウ点」を明るくする
いちばん暗い黒色がグレーになる
いちばん暗い黒色がグレーになる
トーンカーブの「ハイライト点」を暗くすると、いちばん明るい白色がグレーになります。
トーンカーブの「ハイライト点」を暗くする
トーンカーブの「ハイライト点」を暗くする
いちばん明るい白色がグレーになる
いちばん明るい白色がグレーになる
これをチャンネル別に操作すると、たとえば、チャンネル[レッド]の場合では、「シャドウ点」を明るくするほど赤色(レッド)になり、「ハイライト点」を暗くするほど青色(シアン)になります。
トーンカーブの「シャドウ点」を明るくする
トーンカーブの「シャドウ点」を明るくする
「シャドウ点」を明るくするほど赤色(レッド)になる
「シャドウ点」を明るくするほど赤色(レッド)になる
トーンカーブの「ハイライト点」を暗くする
トーンカーブの「ハイライト点」を暗くする
「ハイライト点」を暗くするほど青色(シアン)になる
「ハイライト点」を暗くするほど青色(シアン)になる
続きは↓下の番号をクリック!
            

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です