写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風

写真を加工する!インスタグラム X-PRO II 風【2】

【Photoshop講座】「X-PRO II」の最大の特徴は、ハイコントラストとビネット効果です。[トーンカーブ]のチャンネル[レッド]とチャンネル[グリーン]に、コントラストを強くする典型的なカーブを設定し、チャンネル[ブルー]に「補色」を強調したカラーバランスを設定します。


元画像の印象を変えない設定!
RGBチャンネルごとにトーンカーブの設定を行うと、カラーバランスを変えることができます。たとえば、チャンネル[レッド]、[グリーン]、[ブルー]をまったく同じ設定にしたら、カラーバランスは変更されず、各階調の明るさや暗さだけが変更されます。カラーバランスは、少しの違いでも大きく影響されるので、各チャンネルのトーンカーブを同じような形状に設定することが基本になります。大きく変える必要はありません。「X-PRO II」風では、チャンネル[レッド]、[グリーン]を同じ設定にして、コントラストを強くしながら、元画像の印象があまり変わらないようにします。
            
トーンカーブ[グリーン]を設定する
[トーンカーブ]ダイアログで、チャンネルに[グリーン]を選択します。トーンカーブをクリックしてポイントを追加し、それぞれを設定していきます。
ポイントを追加してそれぞれを設定
ポイントを追加してそれぞれを設定
[入力:0][出力:0]
[入力:64][出力:48]
[入力:192][出力:208]
[入力:255][出力:255]
チャンネル[レッド]と同じ設定です。
チャンネル[グリーン]のシャドウ領域を暗く、ハイライト領域を明るくする設定ができました。
チャンネル[グリーン]の設定ができた
チャンネル[グリーン]の設定ができた
続きは↓下の番号をクリック!
            

スポンサード リンク