写真を加工する!インスタグラム SUTRO風

写真を加工する!インスタグラム SUTRO 風【4】

【Photoshop講座】「SUTRO」の重厚で落ち着いた雰囲気は、彩度を落とすことで仕上げていきます。画像の周辺を暗くするビネット効果は、[レンズ補正]の[周辺光量補正]という機能を活用して、暗さや領域の段階的な変化が調整できるようにします。


失敗しない彩度の落とし方!
彩度を高くしたり低くする調整には、白トビやトーンジャンプといった失敗が付きものです。階調が弱くなるとメリハリがなくなり、素材画像が持っている雰囲気を台無しにしてしまうかも知れません。[自然な彩度]は、彩度の高い部分は控えめに、彩度の低い部分は大胆に調整してくれます。
            
彩度を落として周辺を暗くする
[レイヤー]パネルで、[レベル補正 1]を選択します。[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックして、メニューから[自然な彩度]を選びます。
[自然な彩度]調整レイヤーを作成
[自然な彩度]調整レイヤーを作成
[自然な彩度]ダイアログで、[自然な彩度]に「-50」を設定します。
[自然な彩度]に「-50」を設定
[自然な彩度]に「-50」を設定
全体の彩度が落ちました。
全体の彩度が落ちた
全体の彩度が落ちた
[レイヤー]パネルで、[新規レイヤーを作成]をクリックして、[レイヤー 1]を作成します。
[レイヤー 1]を作成
[レイヤー 1]を作成
[編集]メニューから、[塗りつぶし]を選びます。[塗りつぶし]ダイアログで、[使用]に[50%グレー]を選択して、[OK]をクリックします。
[使用]に[50%グレー]を選択
[使用]に[50%グレー]を選択
[フィルター]メニューから、[スマートフィルター用に変換]を適用します。
[スマートフィルター用に変換]を適用
[スマートフィルター用に変換]を適用
スマートオブジェクトにすることで、適用後のフィルターが再編集できます。
[フィルター]メニューから、[レンズ補正]を選びます。[レンズ補正]操作パネルで、[カスタム]を表示します。
[レンズ補正]操作パネル
[レンズ補正]操作パネル
[周辺光量補正]セクションの[適用量]に「-75」、[中心点]に「+25」を設定して、[OK]をクリックします。
[周辺光量補正]を設定
[周辺光量補正]を設定
[レンズ補正]の[周辺光量補正]を活用することで、画像の周囲を暗くしたり、明るくすることができます。
[レイヤー]パネルで、描画モードに[オーバーレイ]を設定します。
描画モードに[オーバーレイ]を設定
描画モードに[オーバーレイ]を設定
画像の周辺が暗くなり、色が強くなりました。
画像の周囲が暗くなった
画像の周囲が暗くなった
続きは↓下の番号をクリック!
            

スポンサード リンク