写真を加工する!インスタグラム SUTRO風

写真を加工する!インスタグラム SUTRO 風【2】

【Photoshop講座】「SUTRO」の最大の特徴は、暗く重厚な色調とビネット効果です。彩度を落とす操作とビネット効果の操作は、別の機能で設定する方が簡単なので、ここではベースとなる明るさや色調を[トーンカーブ]で設定していきます。


均衡と不均衡の組み合わせ!
トーンカーブの「均衡」と言える設定は、RGBチャンネルの変化率が同じであることです。カラーバランスの調整は、これらの関係を「不均衡」にすることで行えます。全体を赤みがからせたり、青みがからせたりするには、[レッド]、[グリーン]、[ブルー]の変化率を変えますが、たとえば、元画像の白色を変色させたくない場合には、ハイライト点に「均衡」の設定を用い、その他の階調領域に「不均衡」の設定を用います。
写真を加工する動画を配信中!


            
[グリーン]と[ブルー]を設定する
[トーンカーブ]ダイアログで、チャンネルに[グリーン]を選択します。トーンカーブをクリックしてポイントを追加し、それぞれを設定していきます。
ポイントを追加してそれぞれを設定
ポイントを追加してそれぞれを設定
[入力:0][出力:0]
[入力:32][出力:16]
[入力:64][出力:48]
[入力:128][出力:120]
[入力:192][出力:176]
[入力:255][出力:231]
トーンカーブのハイライト点がコーナーから離れると、いちばん明るい部分が弱くなります。
シャドウ領域を暗く、中間調を少し暗く、ハイライト点を暗くする設定ができました。
チャンネル[グリーン]の設定ができた
チャンネル[グリーン]の設定ができた
[トーンカーブ]ダイアログで、チャンネルに[ブルー]を選択します。トーンカーブをクリックしてポイントを追加し、それぞれを設定していきます。
ポイントを追加してそれぞれを設定
ポイントを追加してそれぞれを設定
[入力:0][出力:0]
[入力:64][出力:72]
[入力:128][出力:112]
[入力:192][出力:152]
[入力:255][出力:223]
トーンカーブのハイライト点がコーナーから離れると、いちばん明るい部分が弱くなります。
シャドウ領域を明るく、中間調を暗く、ハイライト点を暗くする設定ができました。
チャンネル[ブルー]の設定ができた
チャンネル[ブルー]の設定ができた
RGBのトーンカーブは、それぞれ異なった形状で、カラーバランスを変化させています。
カラーバランスの変化
カラーバランスの変化
続きは↓下の番号をクリック!
            

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です