写真を加工する!インスタグラム NASHVILLE風

写真を加工する!インスタグラム NASHVILLE 風【2】

【Photoshop講座】「NASHVILLE」の最大の特徴は、ハイライトを抑えた暖色系フィルターの効果です。ハイライトを抑える操作は、[トーンカーブ]のハイライト点を下げれば行えます。これは、いちばん明るい階調レベルを暗くすることを示し、チャンネル別に設定値を少し変えることで、画像内のハイライト点、つまり白色に色味をつけることができます。


シャドウ点とハイライト点を調整する!
通常の補正では、シャドウ点「0」レベルとハイライト点「255」レベルは、最も暗く最も明るい設定がされていなければなりません。トーンカーブの左下と右上、コーナー「0」から始まりコーナー「255」で終わる直線、または曲線が描かれます。たとえば、最も暗い黒色をグレーにするトーンカーブは?を考えてみてください。黒がグレーに変わるのだから、シャドウ点「0」レベルのポイントは移動するはずです。このような調整こそ、Instagram風の写真加工には欠かせません。
      
トーンカーブ[グリーン]を設定する
[トーンカーブ]ダイアログで、チャンネルに[グリーン]を選択します。トーンカーブをクリックしてポイントを追加し、それぞれを設定していきます。
ポイントを追加してそれぞれを設定
ポイントを追加してそれぞれを設定
[入力:0][出力:0]
[入力:32][出力:16]
[入力:64][出力:80]
[入力:96][出力:120]
[入力:128][出力:152]
[入力:192][出力:208]
[入力:255][出力:223]
トーンカーブのハイライト点がコーナーから離れると、いちばん明るい部分が弱くなります。
チャンネル[グリーン]のシャドウ領域を暗く、幅広い中間調を明るく、ハイライト点を暗くする設定ができました。
チャンネル[グリーン]の設定ができた
チャンネル[グリーン]の設定ができた
RGBチャンネルのカラーバランス
トーンカーブの「シャドウ点」を明るくすると、いちばん暗い黒色がグレーになります。
トーンカーブの「シャドウ点」を明るくする
トーンカーブの「シャドウ点」を明るくする
いちばん暗い黒色がグレーになる
いちばん暗い黒色がグレーになる
トーンカーブの「ハイライト点」を暗くすると、いちばん明るい白色がグレーになります。
トーンカーブの「ハイライト点」を暗くする
トーンカーブの「ハイライト点」を暗くする
いちばん明るい白色がグレーになる
いちばん明るい白色がグレーになる
これをチャンネル別に操作すると、たとえば、チャンネル[レッド]の場合では、「シャドウ点」を明るくするほど赤色(レッド)になり、「ハイライト点」を暗くするほど青色(シアン)になります。
トーンカーブの「シャドウ点」を明るくする
トーンカーブの「シャドウ点」を明るくする
「シャドウ点」を明るくするほど赤色(レッド)になる
「シャドウ点」を明るくするほど赤色(レッド)になる
トーンカーブの「ハイライト点」を暗くする
トーンカーブの「ハイライト点」を暗くする
「ハイライト点」を暗くするほど青色(シアン)になる
「ハイライト点」を暗くするほど青色(シアン)になる
続きは↓下の番号をクリック!
      

スポンサード リンク