【ロゴ】フォントでつくる!かすれたステンシル文字

【ロゴ】フォントでつくる!かすれたステンシル文字

【Photoshop講座】型紙で吹き付けられた「ステンシル文字」は、古く朽ち果てた退廃的なイメージがよく似合います。背景素材のキズやかすれを活かして、グランジ風のオシャレな演出を施しましょう。



ブレンド条件を調整してみよう!
[ブレンド条件]とは、[レイヤー効果]にある機能で、合成する条件を詳細に調整するものです。基本画像と合成画像の暗い部分や明るい部分を、それぞれ別々に隠すことができます。たとえば、明るい表面にあるキズは、周辺よりも暗くなっていることが多いので、その階調レベルを設定すると、簡単にキズの部分をマスクすることができます。
フォントでつくる動画を配信中!

チャンネル登録をお願いします!

文字を入力する
幅:1280 pixel、高さ:720 pixel、解像度:72 pixel/inch、カラーモード:RGB カラー 8 bit の素材画像を開きます。
素材画像を開く
素材画像を開く
[ツール]パネルから、[横書き文字ツール]を選択します。
横書き文字ツール
横書き文字ツール
オプションバーで、任意のフォントを設定し、[フォントサイズを設定]に「250 pt」を入力します。
[横書き文字ツール]のオプションバー
[アンチエイリアスの種類を設定]に[滑らかに]を選択します。
[横書き文字ツール]のオプションバー
ドキュメント内をクリックして、文字を入力します。文字が入力できたら、[enter]キーを押して、文字の入力を確定します。
[横書き文字ツール]のオプションバー
ドキュメント内で文字を入力
作例では、「GRUNGE」を入力しました。テキストレイヤーの作成は、文字の選択範囲を得るためなので、[テキストカラー]を設定する必要はありません。
入力した文字の位置を調整するには、[command(Ctrl)]キーを押しながらドラッグします。
入力した文字の文字間を調整したい場合は、オプションバーで、[文字パネルと段落パネルの切り替え]をクリックし、[文字]パネルで、[文字間のカーニングを設定]や[選択した文字のトラッキングを設定]などの調整を行ってください。
[文字]パネルを設定
[文字]パネルを設定
作例では、[文字間のカーニングを設定]に[オプティカル]、[選択した文字のトラッキングを設定]に[50]を設定しています。
文字のエッジを崩す
[レイヤー]パネルで、テキストレイヤーを非表示にし、レイヤーサムネールを[command(Ctrl)]キーを押しながらクリックして、文字の選択範囲を作成します。
[command(Ctrl)]+クリック
[command(Ctrl)]+クリック
文字の選択範囲を作成
文字の選択範囲を作成
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[べた塗り]を選択して、[べた塗り 1]を作成します。
[べた塗り 1]を作成
[べた塗り 1]を作成
[カラーピッカー]ダイアログで、[カラー:H 0 / S 10 / B 20]を設定して、[OK]をクリックします。
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[べた塗り 1]の設定は、仕上げの文字色になります。完全なブラックの印象で仕上げたい場合でも、明度の階調を少し残しておく「濃いグレー」にしておくことがコツです。
[レイヤー]パネルで、レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]キーを押しながらクリックして、ドキュメントをレイヤーマスクモードに切り替えます。
[option(Alt)]+クリック
[option(Alt)]+クリック
ドキュメントウィンドウをレイヤーマスクモードに切り替えることができました。
レイヤーマスクモードに切り替わった
レイヤーマスクモードに切り替わった
レイヤーマスクモードへの切り替えは、解説の便宜上行っています。レイヤーマスクの編集は、レイヤーマスクサムネールを選択するだけで行えます。画像描画モード / レイヤーマスクモードへの切り替えは、レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]キーを押しながらクリックします。
[フィルター]メニューから、[フィルターギャラリー]を選択し、[フィルターギャラリー]操作パネルで、[ブラシストローク]→[はね]を選択します。バージョンCS4以前では、[フィルター]メニューから、[ブラシストローク]→[はね]を選択します。
[フィルターギャラリー]操作パネルで[はね]を選択
[フィルターギャラリー]操作パネルで[はね]を選択
[はね]ダイアログで、[スプレー半径]に「3」、[滑らかさ]に「5」を設定して、[OK]をクリックします。
[はね]ダイアログを設定
[はね]ダイアログを設定
[はね]の設定値は?
[はね]の初期設定は、[スプレー半径]に「10」、[滑らかさ]に「5」が設定されています。粒子を散布する幅の度合いが[スプレー半径]で、粒子の密度を束ねていくような効果が[滑らかさ]です。2つの設定が互いに干渉し合うので、なかなか結果が予測しづらいですが、ランダムなエッジを求める場合には、初期設定から[スプレー半径]を調整するといいでしょう。
レイヤーマスクで、文字のエッジを崩すことができました。
文字のエッジを崩すことができた
文字のエッジを崩すことができた
水平方向にストロークを加える
[フィルター]メニューから、[ピクセレート]→[メゾティント]を選択します。[メゾティント]ダイアログで、[種類]に[標準ストローク]を選択して、[OK]をクリックします。
[メゾティント]ダイアログを設定
[メゾティント]ダイアログを設定
[編集]メニューから、[「メゾティント」をフェード]を選択します。[フェード]ダイアログで、[描画モード]に[乗算]を選択して、[OK]をクリックします。
[描画モード]に[乗算]を選択
[描画モード]に[乗算]を選択
[フェード]に[乗算]を適用することで、[メゾティント]の効果が白い領域だけに適用されます。
[メゾティント]を適用→[メゾティント]を[乗算]でフェード
[フィルター]メニューから、[ぼかし]→[ぼかし(ガウス)]を選択します。[ぼかし(ガウス)]ダイアログで、[半径]に「0.5」を入力して、[OK]をクリックします。
[ぼかし(ガウス)]ダイアログを設定
[ぼかし(ガウス)]ダイアログを設定
[ぼかし(ガウス)]の適用は、[メゾティント]の適用で目立ったジャギー(ギザギザの境界線)を緩和させるものです。
水平方向にストロークを加えることができました。
水平方向にストロークを加えることができた
水平方向にストロークを加えることができた
キズ・かすれの効果を加える
[レイヤー]パネルで、[べた塗り 1]の右側のスペースをダブルクリックします。すると、[レイヤースタイル]ダイアログが表示されます。
[べた塗り 1]の右側のスペースをダブルクリック
[べた塗り 1]の右側のスペースをダブルクリック
[レイヤースタイル]ダイアログで、[レイヤー効果]→[通常の描画]セクションの[描画モード]に[乗算]を選択します。
[描画モード]に[乗算]を選択
[描画モード]に[乗算]を選択
明るい背景色に対して暗い色の文字を配置する場合は、基本色に対して合成色のピクセル情報が乗算される描画モード[乗算]を選択します。
[レイヤースタイル]ダイアログで、[レイヤー効果]→[ブレンド条件]セクションの[ブレンド条件]に[グレー]を選択(初期設定)します。[下になっているレイヤー]の左側の調整ポイントを右側にドラッグして「192」を設定します。
左側の調整ポイントを右側にドラッグ
左側の調整ポイントを右側にドラッグ
明るい背景色、または背景が無彩色の場合は、グレースケールの明度による[ブレンド条件]を設定できる[グレー]を選択します。
右側の調整ポイントを左側にドラッグして「208」を設定します。
右側の調整ポイントを左側にドラッグ
右側の調整ポイントを左側にドラッグ
調整ポイントの位置を移動することで、素材画像(下になっているレイヤー)に含まれている階調領域がマスクされ、[レイヤー効果]を適用しているレイヤーオブジェクトを部分的に隠します。
[下になっているレイヤー]の調整ポイントを設定
[下になっているレイヤー]の調整ポイントを設定
文字を部分的に大まかに隠すことができた
文字を部分的に大まかに隠すことができた
調整ポイントの境界を緩和させて、自然な境界線やかすれを表現する設定を行います。
左側の調整ポイントを[option(Alt)]キーを押しながら左側にドラッグして、「176」を設定します。右側の調整ポイントを[option(Alt)]キーを押しながら右側にドラッグして、「224」を設定します。
ドロップシャドウを加えることができた
調整ポイントを2つに分けた間に階調のグラデーションが作成されます。作例では、16レベル分の間隔を空けています。
[ブレンド条件]の設定ができたら、[レイヤースタイル]ダイアログの[OK]をクリックします。
[ブレンド条件]の設定を確認
[ブレンド条件]の設定を確認
作例の場合、基本色が白色に近いので、[グレー]のみの設定で効果が得られます。
[レイヤー効果]の[ブレンド条件]で、素材画像に適したキズ・かすれの効果を加えることができました。
キズ・かすれの効果を加えることができた
キズ・かすれの効果を加えることができた
ブレンド条件は明度の階調レベル!
[レイヤー効果]の[ブレンド条件]には、上下2つの階調バーがあります。階調バーの下にある調整ポイントは、左側がシャドウ点で階調レベル「0」、右側がハイライト点で階調レベル「255」が初期設定です。たとえば、シャドウ点の調整ポイントを階調レベル「128」に設定すると、0〜128の階調がマスクされて見えなくなります。[option(Alt)]キーを押しながら調整ポイントをドラッグすると、調整ポイントが2つに分かれて、見えなくなる境界をグラデーションで溶け込ませることができます。
明るい色の文字に効果を加える
[レイヤー]パネルで、[背景]を選択します。STEP 1 と同じ要領で、ベースになる文字を入力します。
ドキュメント内で文字を入力
ドキュメント内で文字を入力
STEP 2 と同じ要領で、テキストレイヤーから[べた塗り 2]を作成します。
[Song]を表示して選択→レイヤースタイルをペースト
[カラーピッカー]ダイアログで、[カラー:H 120 / S 10 / B 85]を設定して、[OK]をクリックします。
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[カラーピッカー]ダイアログを設定
STEP 3 と同じ要領で、レイヤーマスクに[はね]、[メゾティント]、[フェード]、[ぼかし(ガウス)]を適用します。
レイヤーマスクに各種効果を加える
レイヤーマスクに各種効果を加える
[レイヤー]パネルで、[べた塗り]レイヤーの右側をダブルクリックし、[レイヤースタイル]ダイアログを表示します。[レイヤースタイル]ダイアログで、[レイヤー効果]→[通常の描画]セクションの[描画モード]に[スクリーン]を選択します。
[描画モード]に[スクリーン]を選択
[描画モード]に[スクリーン]を選択
暗い背景色に対して明るい色の文字を配置する場合は、基本色に対して反転された合成色のピクセル情報が乗算される描画モード[スクリーン]を選択します。
STEP 4 と同じ要領で、[レイヤー効果]→[ブレンド条件]セクションの[ブレンド条件]に[グレー]を選択(初期設定)します。[下になっているレイヤー]の右側の調整ポイントを左側にドラッグして「72」を設定し、左側の調整ポイントを右側にドラッグして「56」を設定します。右側の調整ポイントを[option(Alt)]キーを押しながら右側にドラッグして、「88」を設定します。左側の調整ポイントを[option(Alt)]キーを押しながら左側にドラッグして、「40」を設定します。
[グレー]の[ブレンド条件]を設定
[グレー]の[ブレンド条件]を設定
素材画像の明度によるキズの抽出が行えた
素材画像の明度によるキズの抽出が行えた
[ブレンド条件]に[レッド]を選択します。[下になっているレイヤー]の右側の調整ポイントを左側にドラッグして「104」を設定し、左側の調整ポイントを右側にドラッグして「88」を設定します。右側の調整ポイントを[option(Alt)]キーを押しながら右側にドラッグして、「120」を設定します。左側の調整ポイントを[option(Alt)]キーを押しながら左側にドラッグして、「72」を設定して、[OK]をクリックします。
[ブレンド条件]に[レッド]を選択
[ブレンド条件]に[レッド]を選択
基本色が有彩色の場合、[グレー]に加えて、最も近いカラーの系統(チャンネル)を選択して設定します。
文字色が暗い場合と明るい場合の、かすれたステンシル文字が完成しました。
明るい色の文字に効果を加えることができた
明るい色の文字に効果を加えることができた

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です