【テクスチャ】ゼロからつくる!赤錆びた縞鋼板

【テクスチャ】ゼロからつくる!赤錆びた縞鋼板

【Photoshop講座】縞鋼板とは、滑り止めの出っ張りが付いた鉄板です。使い古された質感は、赤錆びから出っ張りの部分を擦り取ることで表します。シームレスパターンから任意のドキュメントサイズへ展開しましょう。



出っ張り部分にパターンを使う!
縞鋼板の赤錆びたベースとは別に、出っ張り部分に立体的な効果をつけるパターンを作成します。白黒で領域を塗り分けただけのパターンは、3Dソフトで初歩的に行われている「バンプマッピング(高低差を計算する平面地図)」と同じ手法です。立体的なエッジは、[ベベルとエンボス]で設定するので、滑らかにもハードにも変えることができます。
ゼロからつくる動画を配信中!

チャンネル登録をお願いします!

雲模様を適用する
[ファイル]メニューから、[新規]を選択します。[新規]ダイアログで、[幅]に「512」pixel、[高さ]に「512」pixel、[解像度]に「72」pixel/inch、[カラーモード]に[RGB カラー]8 bit を設定して、[OK]をクリックします。
新しいドキュメントを作成
新しいドキュメントを作成
これから作成するテクスチャは、つなぎ目がないシームレスパターンをオブジェクトに展開して、レイヤースタイルで立体的な効果をつけます。シームレスパターンのベースとなる模様は、ランダムな模様を生成する[雲模様 1]を利用します。[雲模様 1]は、128 x 128 pixel の倍数でシームレス化する特性があるため、作例ではドキュメントサイズに 512 x 512 pixel を設定しています。
[レイヤー]パネルで、[新規グループを作成]をクリックして、[グループ 1]を作成します。[新規レイヤーを作成]をクリックして、[レイヤー 1]を作成します。
[グループ 1]を作成→[レイヤー 1]を作成
[レイヤー 1]を作成
[フィルター]メニューから、[描画]→[雲模様 1]を選択して適用します。
[雲模様 1]を適用
[雲模様 1]を適用
[雲模様 1]は、現在の描画色と背景色が反映されます。描画色と背景色を初期設定(描画色:ブラック / 背景色:ホワイト)に戻すには、[ツール]パネルで、[描画色と背景色を初期設定に戻す]をクリックします。
雲模様をチェンジしよう!
[雲模様 1]が生成する模様は、適用するたびに変わります。その「偶然できた模様」が、テクスチャの仕上がりを左右することも多くあるので、[command(Ctrl)]+[F]キーを押して、気に入った模様が生成されるまで吟味しましょう。
粗いノイズを加える
[フィルター]メニューから、[スマートフィルター用に変換]を選択して適用します。[レイヤー]パネルで、[レイヤー 1]を[新規レイヤーを作成]にドラッグして、[レイヤー 1 のコピー]を作成します。
[レイヤー 1 のコピー]を作成
[レイヤー 1 のコピー]を作成
スマートオブジェクトにすることで、適用後のフィルターが再編集できます。[レイヤー 1]を複製する前に、[スマートフィルター用に変換]を適用してください。
[フィルター]メニューから、[ピクセレート]→[メゾティント]を選択します。[メゾティント]ダイアログで、[種類]に[粗いドット]を選択して、[OK]をクリックします。
[メゾティント]ダイアログを設定
[メゾティント]ダイアログを設定
[フィルター]メニューから、[ノイズ]→[ノイズを加える]を選択します。[ノイズを加える]ダイアログで、[分布方法]の[ガウス分布]を選択し、[量]に「50」%を入力して、[OK]をクリックします。
[ノイズを加える]ダイアログを設定
[ノイズを加える]ダイアログを設定
[フィルター]メニューから、[ぼかし]→[ぼかし(ガウス)]を選択します。[ぼかし(ガウス)]ダイアログで、[半径]に「0.5」を入力して、[OK]をクリックします。
[ぼかし(ガウス)]ダイアログを設定
[ぼかし(ガウス)]ダイアログを設定
[ぼかし(ガウス)]の適用は、[メゾティント]と[ノイズを加える]の適用で目立ったジャギー(ギザギザの境界線)を緩和させるものです。
[レイヤー]パネルで、描画モードに[ソフトライト]を選択します。
描画モードに[ソフトライト]を選択
描画モードに[ソフトライト]を選択
[雲模様 1]で作成したベースの模様に、粗いノイズを加えることができました。
適用前の画像(STEP 1)→描画モードに[ソフトライト]を選択
[レイヤー 1]で作成した[雲模様 1]を複製することで、粗いノイズとの位置を合わせます。[スマートオブジェクト]には、再編集が可能な[雲模様 1]を適用することができますが、作例の場合、粗いノイズとの位置を合わせる目的があるため、あえて適用後に[スマートオブジェクト]へ変換しています。
モノクロ画像を着色する
[レイヤー]パネルで、[レイヤー 1]を選択します。[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[グラデーションマップ]を選択して、[グラデーションマップ 1]を作成します。
[グラデーションマップ 1]を作成
[グラデーションマップ 1]を作成
[グラデーションマップ]とは、画像の階調(グレースケール)に応じて色を付けられる機能で、詳細な色の指定は[グラデーションエディター]で行います。
[属性]パネルで、[クリッピングマスクを作成]をクリックします。[クリックでグラデーションを編集]をクリックして、[グラデーションエディター]ダイアログを表示します。
[クリックでグラデーションを編集]をクリック
[クリックでグラデーションを編集]をクリック
[クリッピングマスクを作成]を設定すると、背面以外のレイヤーに影響を及ぼさないレイヤー(塗りつぶしまたは調整レイヤーを含む)を作成することができます。
[グラデーションエディター]ダイアログで、図のようなグラデーションを作成します。設定値は以下のとおりです。
[位置:0 %][カラー:H 0 / S 65 / B 55]
[位置:25 %][カラー:H 20 / S 60 / B 60]
[位置:50 %][カラー:H 12 / S 60 / B 60]
[位置:75 %][カラー:H 210 / S 25 / B 75]
[位置:100 %][カラー:H 0 / S 0 / B 100]
[グラデーションエディター]ダイアログを設定
[グラデーションエディター]ダイアログを設定
モノクロ画像に着色することができました。
[グラデーションマップ]で着色
[グラデーションマップ]で着色
[グラデーションマップ]での着色は、この段階で完成を目指すのではなく、完成を予測した概念的な設定にしておきます。すべての階調で、さまざまな色が設定できているかを優先させます。
[レイヤー]パネルで、[レイヤー 1]を選択します。
[レイヤー 1]を選択
[レイヤー 1]を選択
[フィルター]メニューから、[描画]→[雲模様 2]を選択して適用します。[command(Ctrl)]+[F]キーを数回押し、[雲模様 2]を再実行して、最適な模様を決定します。
[グラデーションオーバーレイ]を適用
効果を組み合わせる!
[雲模様 2]の再実行で、生成される模様は次々に変化しますが、ある程度の適用回数が過ぎると、濃淡がフラットになっていく傾向があります。[レイヤー]パネルで、[雲模様 2]の効果を非表示にして、最適な模様を選ぶこともできます。
[雲模様 2]の効果を非表示
[雲模様 2]の効果を非表示
突起部分の色を塗り分ける
[レイヤー]パネルで、[グループ 1]を選択し、[レイヤーマスクを追加]をクリックします。レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]キーを押しながらクリックして、ドキュメントウィンドウをレイヤーマスクモードに切り替えます。
[option(Alt)]+クリック
[option(Alt)]+クリック
レイヤーマスクモードに切り替える
レイヤーマスクモードに切り替える
レイヤーマスクモードへの切り替えは、解説の便宜上行っています。レイヤーマスクの編集は、レイヤーマスクサムネールを選択するだけで行えます。
[編集]メニューから、[塗りつぶし]を選択します。[塗りつぶし]ダイアログで、[内容]に[パターン]を選択します。[オプション]の[カスタムパターン]の[クリックでパターンピッカーを開く]をクリックして、[cp_pattern_a(128×128)]を選択します。
[cp_pattern_a(128x128)]を選択
[cp_pattern_a(128×128)]を選択
[塗りつぶし]ダイアログの設定ができたら、[OK]をクリックします。
[塗りつぶし]ダイアログを設定
[塗りつぶし]ダイアログを設定
[塗りつぶし]ダイアログの設定ができたら、[OK]をクリックします。
市松模様のパターンが塗りつぶせた
市松模様のパターンが塗りつぶせた
カスタムパターンを定義する!
作例で使用しているカスタムパターンは、あらかじめ Photoshop に登録しておきます。以下の画像をデスクトップなどにコピーして、[編集]メニューから、[パターンを定義]を選択し、[パターン名]ダイアログで、[パターン名]に[cp_pattern_a(128×128)]、[cp_pattern_b(128×128)]、または任意の名前を入力して、[OK]をクリックします。
cp_pattern_a128x128
cp_pattern_a128x128
cp_pattern_b128x128
cp_pattern_b128x128
[レイヤー]パネルで、[背景]を選択します。
[背景]を選択
[背景]を選択
[編集]メニューから、[塗りつぶし]を選択します。[塗りつぶし]ダイアログで、[内容]に[50% グレー]を選択して、[OK]をクリックします。
[50% グレー]を選択
[50% グレー]を選択
[フィルター]メニューから、[ノイズ]→[ノイズを加える]を選択します。[ノイズを加える]ダイアログで、[グレースケールノイズ]にチェックマークを入れます。[分布方法]の[均等に分布]を選択し、[量]に「10」%を入力して、[OK]をクリックします。
[ノイズを加える]ダイアログを設定
[ノイズを加える]ダイアログを設定
[フィルター]メニューから、[ぼかし]→[ぼかし(ガウス)]を選択します。[ぼかし(ガウス)]ダイアログで、[半径]に「0.5」を入力して、[OK]をクリックします。
[ぼかし(ガウス)]ダイアログを設定
[ぼかし(ガウス)]ダイアログを設定
市松模様の部分にノイズを加えることができました。
市松模様の部分にノイズを加える
市松模様の部分にノイズを加える
[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[グラデーションマップ]を選択して、[グラデーションマップ 2]を作成します。
[グラデーションマップ 2]を作成
[グラデーションマップ 2]を作成
[グラデーションエディター]ダイアログで、図のようなグラデーションを作成します。設定値は以下のとおりです。
[位置:0 %][カラー:H 0 / S 0 / B 0]
[位置:50 %][カラー:H 36 / S 59 / B 55]
[位置:100 %][カラー:H 0 / S 0 / B 100]
[グラデーションエディター]ダイアログを設定
[グラデーションエディター]ダイアログを設定
市松模様の部分が着色できました。
市松模様の部分が着色できた
市松模様の部分が着色できた
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[べた塗り]を選択して、[べた塗り 1]を作成します。
[べた塗り 1]を作成
[べた塗り 1]を作成
[カラーピッカー]ダイアログで、[カラー:H 210 / S 5 / B 75]を設定して、[OK]をクリックします。
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[カラーピッカー]ダイアログを設定
レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]キーを押しながらクリックして、ドキュメントウィンドウをレイヤーマスクモードに切り替えます。
[編集]メニューから、[塗りつぶし]を選択します。[塗りつぶし]ダイアログで、[内容]に[パターン]を選択します。[オプション]の[カスタムパターン]の[クリックでパターンピッカーを開く]をクリックして、[cp_pattern_b(128×128)]を選択して、[OK]をクリックします。
[cp_pattern_b(128x128)]を選択
[cp_pattern_b(128×128)]を選択
[cp_pattern_b(128×128)]は、あらかじめ作成したものを使用します。ドキュメントサイズは128 x 128 pixel です。[cp_pattern_a(128×128)]に比べて、塗りの領域を1/2縮小しています。
カスタムパターンでの[塗りつぶし]を確認します。カスタムパターンは、設定中の描画色と関係なく、登録されている画像が塗りつぶされます。そのままではマスク領域が白黒逆なので、[イメージ]メニューから、[色調補正]→[階調の反転]を選択して適用します。
カスタムパターンでの[塗りつぶし]を確認
カスタムパターンでの[塗りつぶし]を確認
[レイヤー]パネルで、[グループ 1]を選択します。
[グループ 1]を選択
[グループ 1]を選択
レイヤーマスクモードから画像描画モードに切り替えると、市松模様の出っ張り部分以外がマスクされています。
レイヤーマスクの階調を反転→画像描画モードに切り替える
[編集]メニューから、[パターンを定義]を選択します。[パターン名]ダイアログで、[パターン名]に「checkered_plate(512×512)」を入力し、[OK]をクリックします。
[パターン名]ダイアログを設定
[パターン名]ダイアログを設定
[パターンを定義]で適用される画像は、現在ドキュメントに表示された画像です。非表示中のレイヤーやレイヤーマスクなどが選択中の場合は、[パターンを定義]が適用できないので注意してください。
新しいドキュメントをパターンで塗りつぶす
[ファイル]メニューから、[新規]を選択します。[新規]ダイアログで、[幅]に「1280」pixel、[高さ]に「720」pixel、[解像度]に「72」pixel/inch、[カラーモード]に[RGB カラー]8 bit を設定して、[OK]をクリックします。
新しいドキュメントを作成
新しいドキュメントを作成
新しいドキュメントの大きさや縦横比率は、どんなサイズでもかまいません。
[レイヤー]パネルで、[新規レイヤーを作成]をクリックして、[レイヤー 1]を作成します。[編集]メニューから、[塗りつぶし]を選択します。[塗りつぶし]ダイアログで、[内容]に[50% グレー]を選択して、[OK]をクリックします。
[レイヤー 1]を作成
[レイヤー 1]を作成
これから適用するレイヤースタイルの効果は、塗りの部分を含むピクセルレイヤー、またはシェイプレイヤーを対象としているため、[50% グレー]で塗りつぶした[レイヤー 1]を作成しています。
[編集]メニューから、[変形]→[拡大・縮小]を選択します。オプションバーで、[縦横比を固定]をクリックし、[水平比率を設定]に「125%」を入力します。
オプションバーで「125%」を入力
オプションバーで「125%」を入力
ドキュメントで変形のバウンディングボックスを確認し、[enter]キーを押して、変形を確定します。
変形のバウンディングボックスを確認
変形のバウンディングボックスを確認
これから適用するレイヤースタイルの効果は、塗りのエッジ部分に影響が現れるため、レイヤーのオブジェクトを 125% 拡大して、ドキュメントサイズの外側に隠します。
[レイヤー]パネルで、[塗り]に「0%」を入力します。[レイヤースタイルを追加]をクリックし、メニューから[パターンオーバーレイ]を選択します。
[パターンオーバーレイ]を選択
[パターンオーバーレイ]を選択
[塗り]とは、レイヤースタイルの効果には影響を与えず、ピクセルがある塗りの部分の不透明度だけを調整することができます。作例の場合、カスタムパターンで塗りつぶすので、本来[塗り]の設定は不要ですが、いかなる効果にも対応できるレイヤースタイルの基本設定として、[塗り]に「0%」を設定することを習慣にしましょう。
[レイヤースタイル]ダイアログで、[パターン]の[クリックでパターンピッカーを開く]をクリックし、[checkered_plate(512×512)]を選択します。
[checkered_plate(512x512)]を選択
[checkered_plate(512×512)]を選択
新しいドキュメントをパターンで塗りつぶすことができました。
新しいドキュメントをパターンで塗りつぶすことができた
新しいドキュメントをパターンで塗りつぶすことができた
市松模様を立体的にする
[レイヤースタイルを追加]をクリックし、メニューから[ベベルとエンボス]を選択します。[レイヤー効果]メニューの[テクスチャ]をクリックして選択します。
[テクスチャ]をクリック
[テクスチャ]をクリック
[テクスチャ]は、[ベベルとエンボス]のオプション機能で、初期設定では有効とされていません。メニュー名にチェックマークを入れると、[テクスチャ]のオプション機能が有効になります。
[パターン]の[クリックでパターンピッカーを開く]をクリックし、[cp_pattern_a(128×128)]を選択します。
[cp_pattern_a(128x128)]を選択
[cp_pattern_a(128×128)]を選択
[深さ]に「+200」%を入力します。
[深さ]に「+200」%を入力
[深さ]に「+200」%を入力
[深さ]とは、[ベベルとエンボス]の適用量です。[テクスチャ]の[深さ]を「+200」%に設定すると、[ベベルとエンボス]本体の2倍の設定値が適用されます。後の設定で、[ベベルとエンボス]本体の[深さ]を「50」%に設定するので、実質的な[深さ]が「+100」%になるよう調整しておきます。
[レイヤー効果]メニューから、[ベベルとエンボス]を選択します。[構造]の[深さ]に「50」%、[サイズ]に「20」pxを入力します。
[ベベルとエンボス]の[構造]セクションを設定
[ベベルとエンボス]の[構造]セクションを設定
[陰影]の[角度]にある[包括光源を使用]のチェックマークを外します。[角度]に「120」°、[高度]に「65」°を入力します。[ハイライトのモード]に[覆い焼きカラー]を選択し、[不透明度]に「35」%を入力します。[シャドウのモード]の[不透明度]に「90」%を入力します。
[ベベルとエンボス]の[陰影]セクションを設定
[ベベルとエンボス]の[陰影]セクションを設定
[ベベルとエンボス]で、縞鋼板の市松模様を立体的にすることができました。
[ベベルとエンボス]の設定ができた
[ベベルとエンボス]の設定ができた
[レイヤー効果]メニューから、[グラデーションオーバーレイ]を選択します。[描画モード]に[オーバーレイ]を選択します。[グラデーション]の[クリックでグラデーションを編集]をクリックし、[グラデーションエディター]ダイアログで、図のようなグラデーションを作成します。[スタイル]に[反射]を選択します。[角度]に「60」°を入力して、[OK]をクリックします。
[グラデーションオーバーレイ]を設定
[グラデーションオーバーレイ]を設定
[グラデーションエディター]ダイアログの設定値は以下のとおりです。
[位置:0 %][カラー:H 0 / S 0 / B 65]
[位置:100 %][カラー:H 0 / S 0 / B 35]
[グラデーションエディター]ダイアログを設定
[グラデーションエディター]ダイアログを設定
赤錆びた縞鋼板のテクスチャが完成しました。
赤錆びた縞鋼板のテクスチャが完成した
赤錆びた縞鋼板のテクスチャが完成した
パターンの大きさが変更できる!
[レイヤースタイル]の効果は、設定後でも自由に大きさが変更できます。[レイヤー]メニューから、[レイヤースタイル]→[レイヤー効果を拡大・縮小]を選択します。すると、レイヤー効果の比率が設定できる[レイヤー効果を拡大・縮小]ダイアログが表示されます。作例の場合、パターンにピクセル画像を使用しているので、拡大すると画質が劣化しますので注意してください。
[レイヤー効果を拡大・縮小]ダイアログ
[レイヤー効果を拡大・縮小]ダイアログ
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

この記事を書いた人

古岡 ひふみ
グラフィックデザイナー。商業広告等の制作会社を経て1988年よりフリー。大阪府箕面市在住。公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です