【テクスチャ】ゼロからつくる!古びたレンガ塀

【テクスチャ】ゼロからつくる!古びたレンガ塀

【Photoshop講座】赤褐色のレンガ(煉瓦)は、粘土や泥を固めたおなじみの建材です。レンガ塀には、規則正しく積まれたリズムと、ハンドメイドな趣のある目地(接合部)があります。アンティークな演出には欠かせないレンガ塀を、重厚な雰囲気に仕上げてみましょう。


同時に目地までつくるスゴ技!
ちょっと信じられないかも知れませんが、元となるブロックパターンさえつくれば、ユーザー自身が直接、ブラシなどで描画することもなく、フィルターの組み合わせだけで、重厚なレンガのテクスチャは完成します。作り方は至ってシンプル。レンガからランダムにはみ出した目地までも、一括して表現できます。
ブロックパターンを作成する
[ファイル]メニューから、[新規]を選択します。[新規]ダイアログで、[幅]に「256」pixel、[高さ]に「256」pixel、[解像度]に「72」pixel/inch、[カラーモード]に[RGB カラー]8 bit を設定して、[OK]をクリックします。
新しいドキュメントを作成
新しいドキュメントを作成
スクロールでシームレスパターンをつくる!
ブロックの目地模様のような規則性があるパターンは、一部を作成してドキュメントの範囲に展開します。つなぎ目のないパターンの作成は、[スクロール]という機能を使用すると効率的です。正方形のドキュメントを2分割、または4分割して、パズルを組み合わせるような感覚で、ブロックのシームレスパターンを作成しましょう。
[ツール]パネルから、[長方形選択ツール]を選択します。
横書き文字ツール
長方形選択ツール
ドキュメントを水平方向に2等分した領域を正確にドラッグして、選択範囲を作成します。
2等分した領域に選択範囲を作成→幅12 pixel の境界線を描く
[編集]メニューから、[境界線を描く]を選択します。[境界線]ダイアログで、[幅]に「12 px」、[位置]に[中央]を選択し、[OK]をクリックします。すると、選択範囲を中央にして、幅12 pixel の境界線が描かれます。
[境界線]ダイアログを設定
[境界線]ダイアログを設定
外側の描画部分の大半は、ドキュメントの外側になってしまいます。境界線の太さの調整・確認は、ドキュメントを水平方向に2等分した部分で行いましょう。
[選択範囲]メニューから、[選択範囲を反転]を選択して、選択範囲を反転させ、先ほどと同じ設定で[境界線を描く]を適用します。
選択範囲を反転→幅12 pixel の境界線を描く
[境界線を描く]が適用できたら、図のように描けているか確認してください。この際、選択範囲は解除しません。
[フィルター]メニューから、[その他]→[スクロール]を選択します。[スクロール]ダイアログで、[未定義領域]に[ラップアラウンド(巻き戻す)]を選択し、[水平方向]に「128」pixel 右へを設定して、[OK]をクリックします。
[スクロール]ダイアログを設定
[スクロール]ダイアログを設定
選択範囲内の画像が、水平方向にスクロールされ、図のようになっているか確認したら、[command(Ctrl)]+[D]キーを押して、選択を解除します。さらに画像全体をスクロールさせ、ブロックパターンがイメージしやすい状態にします。
[水平方向]に「128」pixel 右へを設定→さらに画像全体をスクロールする
[フィルター]メニューから、[その他]→[スクロール]を選択します。[スクロール]ダイアログで、[未定義領域]に[ラップアラウンド(巻き戻す)]を選択し、[水平方向]に「64」pixel 右へ、[垂直方向]に「64」pixel 下へを設定して、[OK]をクリックします。
[スクロール]ダイアログを設定
[スクロール]ダイアログを設定
水平方向、垂直方向とも画像がスクロールされました。これでブロックパターンは完成です。完成したパターンは、Photoshopに登録しておきます。
[編集]メニューから、[パターンを定義]を選択します。[パターン名]ダイアログで、[パターン名]に「Brick_Wall」を入力して、[OK]をクリックします。
[パターン名]ダイアログを設定
[パターン名]ダイアログを設定
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】ゼロからつくる!古びたレンガ塀
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

ブロックパターンを塗りつぶす
レンガ塀のテクスチャを展開する新しいドキュメントを作成します。[ファイル]メニューから、[新規]を選択します。[新規]ダイアログで、[幅]に「1280」pixel、[高さ]に「768」pixel、[解像度]に「72」pixel/inch、[カラーモード]に[RGB カラー]8 bit を設定して、[OK]をクリックします。
新しいドキュメントを作成
新しいドキュメントを作成
新しいドキュメントのサイズは任意に設定してください。レンガ塀のテクスチャをシームレスパターンにしたい場合は、1024 x 1024 pixel、1280 x 1280 pixel、2048 x 2048 pixel などの正方形ドキュメントを作成してください。
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[べた塗り]を選択して、[べた塗り 1]を作成します。
[べた塗り 1]を作成
[べた塗り 1]を作成
[カラーピッカー]ダイアログで、[カラー:H 32 / S 25 / B 47]を設定して、[OK]をクリックします。
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[レイヤー]パネルで、[べた塗り 1]レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]キーを押しながらクリックして、ドキュメントの表示を「レイヤーマスクモード」に切り替えます。
[option(Alt)]+クリック
[option(Alt)]+クリック
ドキュメントの表示が、べた塗りの色から白へ変わったことを確認してください。
ドキュメントを[べた塗り 1]で塗りつぶす→レイヤーマスクモードに切り替える
[編集]メニューから、[塗りつぶし]を選択します。[塗りつぶし]ダイアログで、[内容]に[パターン]を選択し、[カスタムパターン]の[クリックでパターンピッカーを開く]をクリックし、STEP 1 で登録した「Brick_Wall」を選択して、[OK]をクリックします。
カスタムパターンを選択
カスタムパターンを選択
[イメージ]メニューから、[色調補正]→[階調の反転]を選択して適用します。[レイヤー]パネルで、[べた塗り 1]レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]キーを押しながらクリックして、ドキュメントの表示を「画像描画モード」に切り替えます。
パターンで塗りつぶし階調を反転→画像描画モードに切り替える
パターンは連続する模様になるよう作成しているので、すべての線がつながって、ブロックパターンを形成します。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
目地の線をランダムに崩す
[レイヤー]パネルで、[べた塗り 1]レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]キーを押しながらクリックして、ドキュメントの表示を「レイヤーマスクモード」に切り替えます。
[フィルター]メニューから、[フィルターギャラリー]→[ブラシストローク]→[はね]、バージョンCS5以前では、[フィルター]メニューから[ブラシストローク]→[はね]を選択します。
[フィルターギャラリー]操作パネル
[フィルターギャラリー]操作パネル
[はね]ダイアログで、[スプレー半径]に「7」、[滑らかさ]に「5」を設定して、[OK]をクリックします。
[はね]ダイアログを設定
[はね]ダイアログを設定
[はね]の設定値は?
[はね]の設定値は、まず、[滑らかさ]の数値を中間の「7」に置き、[スプレー半径]のスライダーを左から右へドラッグして、目地の線が途切れ始めるところを探っていきます。
ピクセルがランダムに拡散され、目地のシルエットを崩すことが目的ですが、目地が途切れてしまう設定は NG です。結果的には[スプレー半径]による拡散を控えめにしたので、[滑らかさ]の数値を「5」に下げました。
[フィルター]メニューから、[ぼかし]→[ぼかし(ガウス)]を選択します。[ぼかし(ガウス)]ダイアログで、[半径]に「2」pixel を設定して、[OK]をクリックします。
[ぼかし(ガウス)]ダイアログを設定
[ぼかし(ガウス)]ダイアログを設定
この設定は、[はね]によって拡散されたピクセルを、落ち着かせるために適用します。
目地の線をランダムに崩すことができました。
目地の線をランダムに崩すことができた
目地の線をランダムに崩すことができた
[レイヤー]パネルで、「べた塗り 1」を非表示にして「背景」を選択します。「べた塗り 1」レイヤーマスクサムネールを[command(Ctrl)]キーを押しながらクリックして、加工したブロックパターンの選択範囲を作成します。
[command(Ctrl)]+クリック
[command(Ctrl)]+クリック
ブロックパターンの選択範囲を作成
ブロックパターンの選択範囲を作成
[編集]メニューから、[塗りつぶし]を選択し、[塗りつぶし]ダイアログで、[内容]に[50%グレー]を選択して、[OK]をクリックします。
[内容]に[50%グレー]を選択
[内容]に[50%グレー]を選択
[command(Ctrl)]+[D]キーを押して、選択を解除します。加工したブロックパターンが、50%グレーで塗りつぶされました。
[command(Ctrl)]+[D]キーを押して選択を解除
[command(Ctrl)]+[D]キーを押して選択を解除
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
レンガの質感をつける
[フィルター]メニューから、[ピクセレート]→[メゾティント]を選択し、[メゾティント]ダイアログで、[種類]に[粗いドット]を選択して、[OK]をクリックします。
[メゾティント]ダイアログを設定
[メゾティント]ダイアログを設定
[編集]メニューから、[「メゾティント」をフェード]を選択し、[フェード]ダイアログで、[不透明度]に「25」%、[描画モード]に[乗算]を選択して、[OK]をクリックします。
[フェード]ダイアログを設定
[フェード]ダイアログを設定
フェードとは?
フィルターやペイントツール、色調補正などの効果を、適用後にフェードイン、フェードアウトするコマンドで、0 〜 100 % の不透明度と各種描画モードが設定できます。活用方法はさまざま。直前に行った効果の「強弱」を調整できる機能…と覚えておくといいでしょう。
[フィルター]メニューから、[ぼかし]→[ぼかし(ガウス)]を選択します。[ぼかし(ガウス)]ダイアログで、[半径]に「0.5」pixel を入力して、[OK]をクリックします。
[ぼかし(ガウス)]ダイアログを設定
[ぼかし(ガウス)]ダイアログを設定
[メゾティント]で作成した「粗いドット」が、元画像のブロックパターンに乗算されました。
[メゾティント]の効果が元画像に乗算された
[メゾティント]の効果が元画像に乗算された
[フィルター]メニューから、[描画] →[雲模様 2] を選択して適用します。
[雲模様 2]を適用
[雲模様 2]を適用
[雲模様 2]とは?
[雲模様 2]は、雲のような模様をランダムに生成するフィルターですが、[雲模様 1]と違う点は、自身の雲模様と元の画像との明るさの値を比べ、明るい方から暗い方の値を取り除きます。その構造はちょっと複雑なので、ブラック(描画色)とホワイト(背景色)が部分的に反転する…とでも解釈してください。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
エンボスで隆起させる
[フィルター]メニューから、[表現手法]→[エンボス]を選択します。[エンボス]ダイアログで、[角度]に「-60」°、[高さ]に「3」pixel、[量]に「150」%を設定して、[OK]をクリックします。
[エンボス]ダイアログを設定
[エンボス]ダイアログを設定
[エンボス]は、適用する画像の平均値を50%グレーにして、暗い部分と明るい部分をつくり、画像が隆起したように見せます。
[エンボス]でブロックパターンを隆起させることができました。
ブロックパターンを隆起させることができた
ブロックパターンを隆起させることができた
[編集]メニューから、[「エンボス」をフェード]を選択し、[フェード]ダイアログで、[描画モード]に[差の絶対値]を選択して、[OK]をクリックします。
[フェード]ダイアログを設定
[フェード]ダイアログを設定
[フェード]で[描画モード]を設定すると、元画像の上に[エンボス]で作成した画像が合成できます。[エンボス]で作成される画像は、描画モードの中性色(50%グレー)が適用されるので、一般的には[オーバーレイ]が適しています。
[エンボス]で作成した隆起画像と元画像が、描画モード[差の絶対値]で合成されました。
描画モード[差の絶対値]で合成された
描画モード[差の絶対値]で合成された
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[レベル補正]を選択して、[レベル補正 1]を作成します。
[レベル補正 1]を作成
[レベル補正 1]を作成
[レベル補正]ダイアログで、入力レベルに[0 / 1.32 / 223]を設定します。
[レベル補正]ダイアログを設定
[レベル補正]ダイアログを設定
描画モード[差の絶対値]の適用で暗くなった画像を、[レベル補正]で明るくすることができました。
[レベル補正]で明るくすることができた
[レベル補正]で明るくすることができた
モノクロ画像を着色する
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[グラデーションマップ]を選択して、[グラデーションマップ 1]を作成します。
[グラデーションマップ 1]を作成
[グラデーションマップ 1]を作成
[グラデーションマップ]ダイアログで、[クリックでグラデーションを編集]をクリックして、[グラデーションエディター]ダイアログを表示します。
[クリックでグラデーションを編集]をクリック
[クリックでグラデーションを編集]をクリック
[グラデーションエディター]ダイアログで、図のようなグラデーションを作成します。設定値は以下のとおりです。
[位置:0%][カラー:H 0 / S 0 / B 0(ブラック)]
[位置:20%][カラー:H 10 / S 75 / B 50]
[位置:40%][カラー:H 15 / S 70 / B 70]
[位置:60%][カラー:H 35 / S 50 / B 75]
[位置:80%][カラー:H 45 / S 25 / B 75]
[位置:100%][カラー:H 0 / S 0 / B 100(ホワイト)]
[グラデーションエディター]ダイアログを設定
[グラデーションエディター]ダイアログを設定
モノクロ画像に着色することができました。
モノクロ画像に着色することができた
モノクロ画像に着色することができた
目地のマスクを作成する
[レイヤー]パネルで、「グラデーションマップ 1」レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]キーを押しながらクリックし、レイヤーマスクモードに切り替えます。
「べた塗り 1」レイヤーマスクサムネールを[command(Ctrl)]キーを押しながらクリックして、加工したブロックパターンの選択範囲を作成します。
[command(Ctrl)]+クリック
[command(Ctrl)]+クリック
加工したブロックパターンの選択範囲を作成
加工したブロックパターンの選択範囲を作成
[編集]メニューから、[塗りつぶし]を選択し、[塗りつぶし]ダイアログで、[内容]に[ブラック]を選択して、 [OK]をクリックします。
[内容]に[ブラック]を選択
[内容]に[ブラック]を選択
[command(Ctrl)]+[D]キーを押して、選択を解除します。加工したブロックパターンが、ブラックで塗りつぶされました。
目地の部分がブラックで塗りつぶせた
目地の部分がブラックで塗りつぶせた
[ツール]パネルから、[自動選択ツール]を選択します。
自動選択ツール
自動選択ツール
オプションバーで、[許容量]に「128」を入力します。
[許容量]に「128」を入力
[許容量]に「128」を入力
ブロックパターンの白い部分をランダムに[shift]キーを押しながらクリックして、選択範囲を作成します。
ランダムに[shift]+クリック
ランダムに[shift]+クリック
選択範囲を作成する個所は、[グラデーションマップ 1]の適用度を低くする部分で、彩度を抑えた暗いレンガ色にしたいところです。ブラシで濃淡をつけると、さらにリアルな色の変化をつくり出すことができます。
[編集]メニューから、[塗りつぶし] を選択します。[塗りつぶし]ダイアログで、[内容]に[50%グレー]、[描画モード]に[乗算]を選択して、 [OK]をクリックします。
[描画モード]に[乗算]を選択
[描画モード]に[乗算]を選択
[command(Ctrl)]+[D]キーを押して、選択を解除します。ブロックパターンをランダムに塗り分けることができました。
マスクを塗り分けることができた
マスクを塗り分けることができた
[レイヤー]パネルで、「グラデーションマップ 1」レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]キーを押しながらクリックして、ドキュメントをレイヤーマスクモードから画像描画モードに戻します。「べた塗り 1」を表示して選択し、描画モードに[オーバーレイ]を選択します。
描画モードに[オーバーレイ]を選択
描画モードに[オーバーレイ]を選択
目地がマスクされて土色になり、レンガの色がランダムに変わりました。古びたレンガ塀のテクスチャが完成しました。
古びたレンガ塀のテクスチャが完成した
古びたレンガ塀のテクスチャが完成した

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です