基本がわかる!文字の変形と回転

基本がわかる!文字の変形と回転

【Photoshop基本操作】文字ツールで作成したテキストレイヤー内の文字は、後でスペルまちがいを訂正するなどの編集可能な状態で、変形や回転を加えることができます。変形は[変形]コマンド、[ワープテキスト]機能などで行え、オプションバーとの併用で、詳細な数値入力も可能です。


目的に合った変形方法を選ぼう!
テキストレイヤーの文字が、そのまま変形できることは大変便利ですね。[ワープテキスト]なら、「アーチ」や「波形」など、さまざまな変形が簡単に試せます。しかし、なんか思うように変形してくれない…と感じることもあります。その原因のひとつは、フォントが持つバウンディングスペース。文字の変形にこだわるなら、[シェイプに変換]を適用することをオススメいたします。
基本がわかる動画を配信中!

チャンネル登録をお願いします!

[変形]コマンドによる変形

テキストレイヤーには、ポイントテキスト、または段落テキストで作成されたものがあります。[変形]コマンドで、文字を変形する操作は基本的に同じですが、段落テキストのバウンディングボックスがそのまま利用できる変形もあるので、2つを分けて操作方法を知っておく方が効率的です。
変形]コマンドによる変形
入力まちがいの修正が可能!
再編集ができるテキストレイヤーをそのまま変形できるので、クリックしてカーソルを入れいれば、変形率を維持しながら、何度でも文字の再入力が可能です。
文字を入力する
文字ツールで、ドキュメントに文字を入力します。ここでは、ポイントテキストで入力したテキストレイヤーを変形します。
ドキュメントに文字を入力
ドキュメントに文字を入力
[レイヤー]パネルで、対象のテキストレイヤーが選択されていることを確認してください。
[レイヤー]パネルでテキストレイヤーを選択
[レイヤー]パネルでテキストレイヤーを選択
バウンディングボックスを表示する
[編集]メニューから、[変形]→[(いずれかの項目)]を選択します。すると、テキストレイヤーの文字の範囲にバウンディングボックスが表示されます。
変形のバウンディングボックスを表示
変形のバウンディングボックスを表示
ショートカットキーを使おう!
[command(Ctrl)]+[T]キーを押すと、自由変形のバウンディングボックスを表示することができます。
文字を変形する
文字をどのように変形させたいかで、操作するバウンディングボックスのハンドルが異なります。拡大・縮小、ゆがみ、回転の主な操作は、直感的なハンドルのドラッグによって行えます。

[拡大・縮小]の場合

[編集]メニューから、[変形]→[拡大・縮小]を選択し、四辺中央にあるハンドルをドラッグします。すると、水平、または垂直方向を保ちながら変形ができます。
四辺中央にあるハンドルをドラッグ
四辺中央にあるハンドルをドラッグ
幅と高さを同時に変形!
コーナーハンドルをドラッグすると、幅、高さの変形が同時に行えます。[shift]キーを併用すると、幅、高さの比率を固定した変形が行えます。

[ゆがみ]の場合

[編集]メニューから、[変形]→[ゆがみ]を選択し、四辺中央にあるハンドルをドラッグします。すると、水平、または垂直方向を保ちながら変形ができます。
四辺中央にあるハンドルをドラッグ
四辺中央にあるハンドルをドラッグ

[回転]の場合

[編集]メニューから、[変形]→[回転]を選択し、バウンディングボックスの外側にマウスカーソルを置いてドラッグします。
no388_07.jpg
バウンディングボックスの外側をドラッグ
外側ならどこでも回転!

マウスカーソルの位置は、バウンディングボックスの外側ならどこでも回転させることができます。ドラッグする方向は、左回りなら下から上へ、右回りなら上から下へ、縦向きの動きを基本にするといいでしょう。

文字の変形を確定する
オプションバーで、[変形を確定]をクリック、または[enter]キーを押して、文字の変形を確定します。
オプションバーで[変形を確定]をクリック
文字の変形を確定する
文字の変形を確定する
[変形]コマンドによる変形では、コマンド内のメニュー(拡大・縮小、回転、ゆがみ等)を一度の操作で切り替えて使用できます。作例は、基準点を固定+拡大・縮小、ゆがみ、回転を併用しています。
バウンディングボックスの形がちがう?
テキストレイヤーと段落テキストのバウンディングボックスを比較してみると、その形状が異なっていることに気付きます。欧文書体では、アセンダーラインからディセンダーラインまでのスペースが取られているので、その領域に文字がなくても、バウンディングボックスの範囲とされています。
段落テキストのバウンディングスペース例
段落テキストのバウンディングスペース例
段落テキストでは、行の終わりと下にポイントテキストよりも多くスペースが取られています。これらのバウンディングボックスの大きさは、個別のフォントに書き込まれた情報によるものなので、テキストレイヤーで変形する際には、どうしても付きまとう「厄介者」となるわけです。

変形をキー操作でコントロール

バウンディングボックスは、ドラッグする操作にキー操作を加えることで、縦横比を固定や基準点を固定などのコントロールが可能になります。

縦横比を固定

[編集]メニューから、[変形]→[拡大・縮小]を選択し、四隅のコーナーハンドルを[shift]キーを押しながらドラッグすると、縦横比を固定した変形ができます。また、段落テキスト選択時は、[shift]+[command(Ctrl)]キーで同様の変形がダイレクトにできます。
コーナーハンドルを[shift]+ドラッグ
コーナーハンドルを[shift]+ドラッグ

15°回転

[編集]メニューから、[変形]→[回転]を選択し、バウンディングボックスの外側にマウスカーソルを置いて[shift]+ドラッグすると、±15°単位で回転できます。
バウンディングボックスの外側を[shift]+ドラッグ
バウンディングボックスの外側を[shift]+ドラッグ

基準点を固定

[編集]メニューから、[変形]→[拡大・縮小]を選択し、いずれかのハンドルを[option(Alt)]キーを押しながらドラッグすると、基準点を固定した変形ができます。
いずれかのハンドルを[option(Alt)]+ドラッグ
いずれかのハンドルを[option(Alt)]+ドラッグ

基準点の移動

バウンディングボックスの基準点は、[command(Ctrl)]+ドラッグすると移動でき、回転する場合の回転軸(中心点)となります。
基準点を[command(Ctrl)]+ドラッグ
基準点を[command(Ctrl)]+ドラッグ

[変形]コマンドのオプションバー

[変形]のバウンディングボックスをドラッグして変形を加えると、オプションバーの設定項目の数値も変更されます。もちろん、これらの設定項目に直接、数値を入力することも可能で、その場合は、入力した数値により、バウンディングボックスが変形します。
[変形]コマンドのオプションバー
基準点の位置
基準点の位置をクリックで移動することができます。
基準点の水平位置を設定
基準点の水平(X)軸の座標をピクセル単位で設定することができます。
基準点の相対位置を使用
現在の基準点の座標を相対位置(0)にすることができます。
基準点の垂直位置を設定
基準点の垂直(Y)軸の座標をピクセル単位で設定することができます。
水平(垂直)比率を設定
縦横の拡大・縮小を%(パーセント)で設定することができます。[縦横比を固定]をクリックすると、縦横に相対的な数値が設定されます。
[変形]コマンドのオプションバー
回転を設定
基準点を中心とした回転角度を設定することができます。
水平(垂直)方向のゆがみを設定
ゆがみをバウンディングボックスの傾き角度で設定することができます。
補完
変形に適したピクセルの補完方法を設定することができます。初期設定は[バイキュービック法]が設定されています。
段落テキストならそのまま変形できる!
段落テキストはバウンディングボックスを持っているので、 [変形]コマンドを選択しなくても、そのまま拡大・縮小、ゆがみ、回転の変形が可能です。
バウンディングボックスがそのまま操作できる
バウンディングボックスがそのまま操作できる
[変形]コマンドの操作と基本的に同じですが、テキストツールを選択し、入力した文字をクリックしてバウンディングボックスを表示させます。等倍の回転なら、そのままバウンディングボックスの外側をドラッグすれば OK。その他の変形は、ハンドルを[shift]+[command(Ctrl)]+ドラッグします。しかし、実質的なオブジェクト範囲より広いバウンディングスペースがあるので、複雑な変形には向いていません。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

ワープテキストによる変形

[ワープテキスト]とは、文字をさまざまな形に変形できる15種類のワープスタイルと、数値でゆがみをコントロールするスライダーが搭載された、テキストレイヤー限定のオプション機能です。
ワープテキストによる変形
[ワープテキスト]で変形できるのはテキストレイヤーだけです。テキストレイヤーの文字列すべてが変形の対象となり、一部の文字だけを変形することはできません。バージョン CS 2 以降では、[ワープ]コマンドで[ワープテキスト]機能(ワープモード)が併用できるようになりました。
変形を維持したまま編集できる!
[ワープテキスト]のメリットは、ユニークな変形を維持したまま、テキスト内容が変更できることです。しっかり組んだロゴタイプやタイトルの訂正では大助かりですね。ダイアログには、3つの調整スライダーがありますが、最も影響力があるのは[カーブ]です。ワープスタイルを選んだら、まずは[カーブ]で調整してみましょう。
文字を入力する
文字ツールで、ドキュメントに文字を入力します。
ドキュメントに文字を入力
ドキュメントに文字を入力
[レイヤー]パネルで、対象のテキストレイヤーが選択されていることを確認してください。
テキストレイヤーを選択
テキストレイヤーを選択
[ワープテキスト]ダイアログを表示する
オプションバーで、[ワープテキストを作成]をクリック、または[レイヤー]メニューから、[テキスト]→[ワープテキスト]を選択します。
[ワープテキストを作成]をクリック
[ワープテキスト]を設定する
[ワープテキスト]ダイアログで、[スタイル]メニューから、[(任意のワープスタイル)]を選択、または効果の方向、カーブの適用量、ゆがみの効果を設定します。
[ワープテキスト]ダイアログ
[ワープテキスト]ダイアログ
15種類のワープスタイル
15種類のワープスタイル
スタイル
15種類のワープスタイルをメニューから選択できます。[スタイル]に[なし]を選択すると、[ワープテキスト]の効果が解除されます。
水平(垂直)方向
ワープスタイル([カーブ])の適用方向を指定できます。「魚眼レンズ」、「膨張」、「ねじり」には指定できません。
カーブ
ワープスタイルの変形を%(パーセント)で設定できます。初期設定は「+50」%です。
水平方向のゆがみ
左右に視点を変えるような変形を%(パーセント)で設定できます。初期設定は「0」%です。
垂直方向のゆがみ
上下に視点を変えるような変形を%(パーセント)で設定できます。初期設定は「0」%です。
まず、[スタイル]から任意のワープスタイルを選択し、[水平方向]、または[垂直方向]のいずれかをクリックします。選択したワープスタイルの調整は[カーブ]で行います。
[ワープテキスト]ダイアログ
[ワープテキスト]ダイアログ
自然な傾きを設定!
[水平方向のゆがみ]、[垂直方向のゆがみ]の設定値は、たとえば「−25」、「+25」のように対比させて行うと、自然な傾きが得られるようになります。
[ワープテキスト]ダイアログの設定は、実行した後でも変更できます。また、テキストの再編集も可能です。[ワープテキスト]ダイアログを再表示するには、[レイヤー]パネルで、テキストレイヤーサムネールをダブルクリックします。
[ワープテキスト]が適用された
[ワープテキスト]が適用された
単純な傾きに変形するには?
[ワープテキスト]で単純な傾きに変形させたい場合は、[スタイル]からワープスタイル(どれでも可)を選択して、[カーブ]の適用量を 0 % に設定します。そこから[水平方向のゆがみ]、または[垂直方向のゆがみ]を設定すれば OK。これなら、編集可能なテキストにも、簡単な動きがすばやく加えられますね。
[ワープテキスト]ダイアログ
[ワープテキスト]ダイアログ
ドキュメント
ドキュメント
[ワープテキスト]の[水平方向のゆがみ]で変形した文字は、[変形]コマンドの[遠近法]や[自由な形に]で作成される傾きとは異なります。どちらかと言えば、距離感のない不自然な傾きです。傾き角度を大きくしても文字幅が同じになるので、可読性を優先した文字列などには有効な表現になるのではないでしょうか。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

シェイプに変換でフォントを変形

[シェイプに変換]とは、ドキュメントに入力して作成したテキストレイヤーを、ベジェ曲線で構成されたシェイプ(パス)に変換する機能です。変換されたシェイプレイヤーは、テキストレイヤーの情報が破棄され、解像度に依存しないベクトル画像として編集ができるようになります。Illustrator では、[アウトラインを作成]に相当します。
シェイプに変換でフォントを変形
変形の自由度、完成度を向上させたい場合は、[シェイプに変換]を適用します。テキスト内容の再編集はできなくなりますが、[自由な形に]、[遠近法]、[ワープ]が使用できるようになります。シェイプ(パス)のオブジェクトなので、変形しても画質が劣化することがありません。部分的な変形も可能となるので、タイトルやロゴタイプなどの作成には最適です。
変換前のテキストレイヤー→アウトラインパスに変換される(塗り:カラーなし)
遠近法の変形ができる!
[シェイプに変換]のメリットは多くあります。文字列に含まれる個別の文字はもちろん、その部分の変形も可能になるからです。そして、テキストレイヤーや[ワープテキスト]では実現できない自然な[遠近法]や、高度な変形ができる[ワープ]が適用できるので、そのメリットは計り知れません。
文字を入力する
文字ツールで、ドキュメントに文字を入力します。[レイヤー]パネルで、対象のテキストレイヤーが選択されていることを確認してください。
ドキュメントにテキストを入力
ドキュメントにテキストを入力
スペル間違いをチェック!
文字編集を行う場合は、この時点で作業を完了させてください。テキストカラーは反映されますが、後に編集を加えることができるので何色でもかまいません。
テキストからシェイプに変換する
[書式]メニューから、[シェイプに変換]を選択します。バージョン CS 5.5 以前では、[レイヤー]メニューから、[テキスト]→[シェイプに変換]を選択します。すると、テキストレイヤーがシェイプレイヤーに変換されます。
シェイプに変換されたことを確認
バージョンによって異なる!
バージョン CS 5.5 以前では、[べた塗り]塗りつぶしレイヤーのベクトルマスクとして、テキストのアウトラインがパス(シェイプ)に変換されます。変換されたシェイプレイヤーの名前はそのまま継承されます。バージョン CS 5.5 以前では、ベクトルマスクが選択され、二重枠で表示されているかを確認してください。
[シェイプに変換]を適用すると、テキスト形状のアウトラインパスが作成されます。バージョン CS 6 以前では、パスが未選択の状態ですが、バージョン CC 2015 以降では、変換と同時にすべてのパス(アンカーポイント)が選択されます。これは文字ツールを含むベクトル系ツール選択時に限られているので、[パス選択ツール]で何もない余白をクリックして、パスの選択を解除します。
シェイプに変換後は選択を解除する
シェイプに変換後は選択を解除する
シェイプに変換できない?
[シェイプに変換]を実行すると、「コマンド シェイプに変換を完了できません。テキストレイヤーは太字を使用しています」などの警告が表示される場合があります。これは対象のテキストレイヤーが、[太字]などに書式設定されているためで、あらかじめ解除しておく必要があります。
[文字]パネルですべての書式設定を解除
[文字]パネルですべての書式設定を解除
オプションバーで、[文字パネルと段落パネルの切り替え]、または[ウィンドウ]メニューから、[文字]を選択し、[文字]パネルですべての書式設定を解除してください。
バウンディングボックスを表示する
[編集]メニューから、[パスを変形]→[(いずれかの項目)]を選択します。作例は[自由な形に]を選択しています。
バウンディングボックスを表示
バウンディングボックスを表示
ハンドルをドラッグして変形(回転)する
[パスを変形]コマンドの操作は、[変形]コマンドと同じです。バウンディングボックスの各ハンドルをドラッグして、目的の形状に変形(回転)します。
ハンドルをドラッグして変形
ハンドルをドラッグして変形
[ワープ]で併用できる!
バージョン CS 2 以降では、[ワープ]コマンドで[ワープテキスト]機能(ワープモード)が併用できるようになりました。
シェイプの変形を確定する
オプションバーで、[変形を確定]をクリック、または[enter]キーを押して、文字の変形を確定します。
オプションバーで[変形を確定]をクリック
シェイプの変形を確定する
シェイプの変形を確定する
テキストレイヤーの変形時では得られない自由変形が可能となり、不要な領域がないので、バウンディングボックスの操作感も向上します。作例では、自然な遠近法の効果が得られるように、すべてのハンドルを操作しています。
バウンディングボックスの範囲が実質的に!
[シェイプに変換]後のバウンディングボックスが、実質的なオブジェクトの範囲に表示されるのに対し、変換前のテキストレイヤー時では、周囲に空きスペースを加えた広い範囲に表示されます。
バウンディングボックスの範囲比較
バウンディングボックスの範囲比較
これはフォント情報に含まれた、アセンダーラインからディセンダーラインまでのスペースが取られているので、その領域に文字がなくても、バウンディングボックスの範囲とされています。この範囲は、設定中のフォントの種類により違います。
[シェイプに変換]を活用する大きなメリットは、このバウンディングスペースの違いにあります。実質的なオブジェクトの範囲に表示されることで、変形のコントロールもやりやすくなり、テキストレイヤー時には使用できなかった[遠近法]などが使用できるようになります。

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です