最初に覚えたい!ショートカットキー10選

最初に覚えたい!ショートカットキー20選

【Photoshop基本操作】ショートカットキーとは、パソコンのキーボードを使う操作方法です。マウスカーソルで画面をクリックやドラッグする視覚的な操作と違って、一回のキー操作で特定の機能が実行できるので、正確で速い操作が可能になります。


まずはコピー&ペーストから始めよう!
Photoshop は直感的な操作ができるので、何が何でもショートカットキーを使わなければならない…というワケではありません。正確な操作が効率的に行えてこそのショートカットキーです。Photoshop の操作に少し慣れてきたら、よく使う基本操作から試していきましょう。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

基本操作のショートカットキー

一般的によく使うショートカットキーは、[command(Ctrl)]キーを押しながら、他のアルファベットキーを押すものです。なので、左手の指の基本位置は、[command(Ctrl)]キーの上に置いておくといいでしょう。よく使うキーは、[command(Ctrl)]キーの近くにあります。

新規ドキュメントを作成

[ファイル]→[新規]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[N]
[command(Ctrl)]+[N]
新規画像を作成する[新規]ダイアログを表示します。覚え方は「New」の[N]。

画像を開く

[ファイル]→[開く]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[O]
[command(Ctrl)]+[O]
開く画像を選択する[開く]ダイアログを表示します。覚え方は「Open」の[O]。

ウインドウを閉じる

[ファイル]→[閉じる]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[W]
[command(Ctrl)]+[W]
アクティブウインドウを閉じます。覚え方は「Window」の[W]。
[ファイル]→[すべてを閉じる]
ショートカットキー:[option(Alt)]+[command(Ctrl)]+[W]
[option(Alt)]+[command(Ctrl)]+[W]
すべてのウインドウを閉じます。覚え方は「Window」の[W]。

ドキュメントを保存

[ファイル]→[保存]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[S]
[command(Ctrl)]+[S]
新規画像では[別名で保存]ダイアログを表示、その他は同じファイル形式で上書き保存します。覚え方は「Save」の[S]。
[ファイル]→[別名で保存]
ショートカットキー:[shift]+[command(Ctrl)]+[S]
[shift]+[command(Ctrl)]+[S]
ドキュメントを保存する[別名で保存]ダイアログを表示します。覚え方は「Save」の[S]。

コピー

[編集]→[コピー]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[C]
[command(Ctrl)]+[C]
選択範囲内の画像をコピーして、クリップボードに保存します。覚え方は「Copy」の[C]。

ペースト

[編集]→[ペースト]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[V]
[command(Ctrl)]+[V]
クリップボードに保存された画像をペーストします。覚え方は[C]キーの隣。

操作の取り消し

[編集]→[〜の取り消し / 〜のやり直し]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[Z]
[command(Ctrl)]+[Z]
直前の操作を取り消し、またはやり直します。覚え方は左手前のアルファベットキー。
[編集]→[1段階進む]
ショートカットキー:[shift]+[command(Ctrl)]+[Z]
[shift]+[command(Ctrl)]+[Z]
戻った操作から一段階進みます。
[編集]→[1段階戻る]
ショートカットキー:[option(Alt)]+[command(Ctrl)]+[Z]
[option(Alt)]+[command(Ctrl)]+[Z]
直前の操作から1段階戻ります。

カット

[編集]→[カット]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[X]
[command(Ctrl)]+[X]
選択範囲の画像をカットします。覚え方は[C]キーの隣。

変形のバウンディングボックスを表示

[編集]→[自由変形]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[T]
[command(Ctrl)]+[T]
選択範囲の画像、またはレイヤーオブジェクトに、変形のバウンディングボックスを表示します。覚え方は「Transform」の[T]。

すべてを選択

[選択範囲]→[すべてを選択]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[A]
[command(Ctrl)]+[A]
アクティブレイヤーのすべてを選択します。覚え方は「All」の[A]。

選択を解除

[選択範囲]→[選択を解除]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[D]
[command(Ctrl)]+[D]
現在表示中の選択範囲を解除します。覚え方は「Deselect」の[D]。

選択範囲を反転

[選択範囲]→[選択範囲を反転]
ショートカットキー:[shift]+[command(Ctrl)]+[I]
[shift]+[command(Ctrl)]+[I]
現在表示中の選択範囲を反転します。覚え方は「Invert」の[I]。

表示をズームイン / ズームアウト

[表示]→[ズームイン]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[+]
[command(Ctrl)]+[+]
ドキュメントウィンドウの表示をズームインします。覚え方は「大きく」の[+]。
[表示]→[ズームアウト]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[−]
[command(Ctrl)]+[−]
ドキュメントウィンドウの表示をズームアウトします。覚え方は「小さく」の[−]。

表示をピクセル等倍

[表示]→[100%]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[1]
[command(Ctrl)]+[1]
ドキュメントウィンドウの表示を100%(ピクセル等倍)にします。覚え方は「100%」の[1]。

表示を画面サイズに合わせる

[表示]→[画面サイズに合わせる]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[0](数字のゼロ)
[command(Ctrl)]+[0](数字のゼロ)
ドキュメントウィンドウの表示を画面サイズに合わせます。覚え方は「ぴったり隙間なく」の[0](数字のゼロ)。

グリッドの表示 / 非表示

[表示]→[表示 / 非表示]→[グリッド]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[@]
[command(Ctrl)]+[@]
グリッドの表示 / 非表示を切り替えます。覚え方は「グリグリ記号」の[@]。

ガイドの表示 / 非表示

[表示]→[表示 / 非表示]→[ガイド]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[:]
[command(Ctrl)]+[:]
ガイドの表示 / 非表示を切り替えます。覚え方は「区切り記号」の[:]。

表示を移動

ショートカットキー:[space]+ドラッグ
[space]+ドラッグ
アクティブウィンドウ内で[space]キーを押すと、使用中のツールが[手のひらツール]へ一時的に切り替わります。

消去

ショートカットキー:[delete(Delete)]
[delete(Delete)]
選択したレイヤーやマスクなどを消去します。

実行・確定

ショートカットキー:[enter(Enter)]
[enter(Enter)]
各種ダイアログの[OK]を実行したり、入力した設定値や変形の確定などに使用できます。

修飾キーの読み方

メニューからコマンドを選択するとき、ショートカットキーが使える機能には、機能名の右端に修飾キー(Windows の場合はアルファベットキー)が表示されています。各修飾キーは以下のキーを表しています。複数の修飾キーが表示されている場合は、それらを同時に押すことを示しています。
修飾キーの読み方
シフトキー
【シフトキー】通常では、アルファベットの大文字の切り替えや複数選択に使用される修飾キーです。Photoshop では、直線や正円といった単純軌跡を描画する場合に、欠かすことができない重要なキーです。
オプションキー
【オプションキー】ショートカットキーによるコマンドの変化に使用されることが多い修飾キーです。単体では、クリックやドラッグとの併用で、機能の切り替えや拡張を行う場合に使用します。
コマンドキー
【コマンドキー】他のキーと併用することで、さまざまなコマンドが実行できる修飾キーです。ショートカットキーでは、最も使用頻度の高いキーなので、組み合わせの基本として位置づけしておくといいでしょう。
コントロールキー
【コントロールキー】他のキーと併用することで、さまざまなコマンドが実行できる修飾キーです。Photoshop のメニューにはほとんど登場しませんが、テキスト入力のショートカットキーでは、使用頻度の高いキーです。
デリートキー
【デリートキー】テキスト入力の際に、カーソル直前の文字を削除するキーです。Photoshop では、画像を[消去]する場合に用い、選択部分をクリップボードに残す[カット]とは別の用途で使用します。
エスケープキー
【エスケープキー】コマンド実行後の[キャンセル]に用いるキーです。他のキーと併用することは少ないですが、Photoshop を強制終了したい場合には、[option(Alt)]+[Command(Ctrl)]+[esc]キーを押します。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

ショートカットキーの編集方法

現在設定されているショートカットキーは、[キーボードショートカットとメニュー]ダイアログで一覧表示することができます。初級ユーザーの方にはオススメできませんが、ショートカットキーは自由にカスタマイズすることができます。初期設定でショートカットが割り当てられていないメニューやツールもあるので、まず、そこから設定してみることにしましょう。
[キーボードショートカットとメニュー]ダイアログを表示する
[編集]メニューから、[キーボードショートカット]を選択し、[キーボードショートカットとメニュー]ダイアログを表示します。[キーボードショートカット]タブが選択されていることを確認します。
[キーボードショートカットとメニュー]ダイアログ
[キーボードショートカットとメニュー]ダイアログ
新規セットを作成する
[新規セット]をクリックし、[保存]ダイアログで、ショートカットセットの任意の名前を入力し、[保存]をクリックします。
[新規セット]をクリック
[新規セット]をクリック
[保存]ダイアログで名前を入力
[保存]ダイアログで名前を入力
初期設定の保存フォルダ「Keyboard Shortcuts」は、[(ユーザー)]-[ライブラリ]-[Application Support]-[Adobe]-[Adobe Photoshop XXX]-[Presets]にあります。任意に設定した場所でもかまいません。
ショートカットの種類を選択する
[エリア]に[(ショートカットの種類)]を選択します。
ショートカットの種類を選択
ショートカットの種類を選択
ここでは、[ツール]を選択しました。
ショートカットキーを定義する
任意の[(メニュー / ツール)]を選択し、[ショートカット]に「(定義キー)」を入力して、[OK]をクリックします。
定義キーを入力
定義キーを入力
ショートカットキーの追加と変更ができる!
現在、ショートカットキーが定義されていないコマンドにも、新しいショートカットキーを追加することができます。新しく定義したキーが、他のショートカットキーに割り当てられている場合は、[確定]、または[変更の取り消し]をクリックするアラートが表示されます。
無効のキーを入力するとアラートが表示される
無効のキーを入力するとアラートが表示される
メニューで確認する
定義した新しいショートカットキーをメニューで確認します。ショートカットキーが表示されていたら成功です。ショートカットキーが編集できました。
ショートカットキーを確認
ショートカットキーを確認
基本操作の次は効率化を目指そう!
基本操作のショートカットがマスターできたら、キーとクリックを組み合わせたレイヤー操作に挑戦してみましょう。コマンド操作ではできない重要な機能もあるので、必要に応じて覚えるようにしましょう。

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です