基本がわかる!ドキュメントの保存

基本がわかる!ドキュメントの保存

【Photoshop基本操作】ドキュメントの保存とは、新しく作成したドキュメント(ファイル)や、編集を加えた画像をファイルに保存することをいいます。[保存]、または[別名で保存]では、ファイルの保存場所、フォーマット(ファイル形式)、カラープロファイルの埋め込みなどを設定できます。


フォーマットを知ろう!
ドキュメント(ファイル)を保存するときには、必ずフォーマット(ファイル形式)を選択しなければなりません。[フォーマット]とは、別のアプリケーションや違うパソコンでも共通して使えるようにするもので、ファイル名の後に付いている「.jpg」や、「.png」などの拡張子で見分けることができます。どんなフォーマットがあるのか? また、それがどのような場面で使われるものなのか? ドキュメントのフォーマットについて学びましょう。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

ドキュメントを保存する操作方法

新しく作成したドキュメントの保存、または開いたファイルを編集し、同じフォーマットで上書き保存したい場合は、次の操作を行います。
[ファイル]→[保存]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[S]
開いたファイルに別の名前や、フォーマットなどを変更して保存したい場合は、次の操作を行います。
[ファイル]→[別名で保存]
ショートカットキー:[shift]+[command(Ctrl)]+[S]
ドキュメント名を入力する
[ファイル]メニューから、[保存]、または[別名で保存]を選択すると、[別名で保存]ダイアログが表示されます。[別名で保存]ダイアログで、[名前]に任意のドキュメント名を入力します。
ファイル名を変更したい場合

開いたファイルを[別名で保存]する場合は、ドキュメント名がそのまま継続されますが、変更も可能です。ドキュメント名の末尾の拡張子は、[フォーマット]を選択すると自動的に変更されます。

ファイルの保存場所を選択する
任意の保存場所を選択します。新しいフォルダに保存したい場合は、フォルダの保存場所を選択して、[新規フォルダ]をクリックします。[新規フォルダ]ダイアログで、[新規フォルダの名前]に任意のフォルダ名を入力し、[作成]をクリックします。
[別名で保存]ダイアログ
[別名で保存]ダイアログ
フォーマットを選択する
[フォーマット]は、ファイル形式を設定する項目です。初期設定では[Photoshop]が設定されています。[フォーマット]に何を設定していいかわからない場合は、[Photoshop]のままにしておいてください。
ドキュメントを保存する
[保存]に保存オプション(任意)、[カラー]にカラープロファイルの埋め込み(任意)を設定し、[保存]をクリックします。

[別名で保存]で設定できるフォーマット

[別名で保存]ダイアログには、画像ファイルの保存に関するさまざまなフォーマットが用意されています。フォーマットには、専門的なものや特殊なものも含まれているので、すべてを知る必要はありません。まずは、一般的によく使われているフォーマットの名前(ファイル名の後に付く拡張子)と用途を確認しておきましょう。
Photoshop 形式
Photoshop
Photoshopの標準的なファイル形式で、作成したレイヤーやアルファチャンネル、パスなどが、ひとつのファイルに保存できます。拡張子は「.psd」。
GIF 形式
CompuServe GIF
GIF(ジフ)とは、保存できる色を256色(8ビット)以内に制限することで、ファイルサイズを小さくできるファイル形式です。拡張子は「.gif」。
EPS 形式
Photoshop EPS
EPS(イーピーエス)とは、ベクトル画像、ビットマップ画像の両方のデータを保持できる、主に印刷用のファイル形式です。拡張子は「.eps」。
JPEG 形式
JPEG
JPEG(ジェイペグ)とは、連続した階調を持つカラー画像を対象とした、ファイルを圧縮する最もポピュラーなファイル形式です。拡張子は「.jpg」。
PDF 形式
Photoshop PDF
PDF(ピーディーエフ)とは、コンピュータ間でファイルを電子的に配布するための、ISOにより標準化されたファイル形式です。拡張子は「.pdf」。
PNG 形式
PNG
PNG(ピング)とは、フルカラーの表現と透明部分の属性を備えた、画質がまったく損なわれない可逆圧縮方式のファイル形式です。拡張子は「.png」。
TIFF 形式
TIFF
TIFF(ティフ)とは、符号化方式が異なるものをひとつのファイルにまとめた、アプリケーションソフトに依存しないファイル形式です。拡張子は「.tif」。
選択した[フォーマット]により、有効な保存オプションは異なります。
まずは「Photoshop形式」で!
Photoshopのすべての機能が保持できる「Photoshop 形式」に勝るものはありません。「Photoshop 形式」で保存したファイルを元データにして、各フォーマットへ変換することが最もポピュラー。しかし「Photoshop 形式」は、ファイル容量が大きくなることが多く、最大2GBまでしかサポートされていませんので注意が必要です。

[保存]オプションの設定

[別名で保存]ダイアログの[保存]オプションでは、アルファチャンネルやレイヤーを保持するなど、フォーマットに応じて有効なオプションを追加することができます。ほとんどの項目は、「Photoshop 形式」で有効になるもので、その項目がドキュメントに含まれている場合は、チェックマークが入れられています。
[別名で保存]ダイアログ(部分)
[別名で保存]ダイアログ(部分)
複製を保存
オプションを有効にすると、ファイルのコピーを保存します。
アルファチャンネル
オプションを有効にすると、すべてのアルファチャンネルが保持されます。
レイヤー
オプションを有効にすると、すべてのレイヤーが保持されます。
注釈
オプションを有効にすると、すべての注釈テキストが保持されます。
スポットカラー
オプションを有効にすると、すべてのスポットカラーチャンネルが保持されます。
該当する項目に保持する情報がない場合は、チェックボックスが半調表示されて設定できません。
保存オプションが非対応のフォーマット形式がある!
選択した[フォーマット]に[保存]オプションが対応していない場合は、該当する項目に警告マークが表示されます。たとえば、レイヤーとアルファチャンネルを作成したドキュメントを「JPEG 形式」で保存する場合は、レイヤーとアルファチャンネルが破棄されてしまいます。
[別名で保存]ダイアログ(フォーマット)
[フォーマット]に[Photoshop]を選択すると、すべての[保存]オプションを保持することができるので、ドキュメントを「Photoshop 形式」で保存し、「JPEG 形式」で保存する必要がある場合は、[ファイル]メニューから、[書き出し]→[書き出し形式]、または[Web 用に保存(従来)]などで個別に出力することをオススメいたします。

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です