基本がわかる!パネルの操作

基本がわかる!パネルの操作【3】ワークスペース

【Photoshop基本操作】ワークスペースとは、パネルの配置場所を保存したものです。Photoshopを起動すると、最後に使用したパネルの状態を表示しますが、初期設定に戻すことや、用途に合わせたワークスペースをカスタマイズすることもできます。


自分だけのパネルレイアウトを保存!
使わないパネルは表示せず、よく使うパネルは自分の好きな配置場所にしたい…そんなときは、ワークスペースに保存しましょう。複数のワークスペースを保存できるので、作業に応じたパネルの配置もカスタマイズ可能です。私は[スウォッチ]パネルや[アクション]パネルをよく使うので、最上段にタブグループを作ってプチカスタマイズしています。
            
パネルの配置をワークスペースに保存
パネルの配置場所は、Photoshopを終了しても継続されますが、複数のワークスペースを保存することもできます。パネル位置を初期化しても、保存したワークスペースを読み込めば、カスタマイズしたパネルの配置場所に戻せます。
新規ワークスペースを保存する
パネルの配置場所がカスタマイズできたら、[ウィンドウ]メニューから、[ワークスペース]→[新規ワークスペース]を選びます。
[新規ワークスペース]を選択
[新規ワークスペース]を選択
ワークスペースの名前を入力する
[新規ワークスペース]ダイアログで、[名前]に「(ワークスペース名)」を入力し、[保存]をクリックします。
[新規ワークスペース]ダイアログ
[新規ワークスペース]ダイアログ
保存したワークスペースを読み込む
[ウィンドウ]メニューから、[ワークスペース]→[(保存したワークスペース名)]を選びます。保存したワークスペースが読み込まれ、カスタマイズしたパネルの配置が実行されます。
[新規ワークスペース]ダイアログ
[(保存したワークスペース名)]を選択

COLUMN
パネルの位置を初期設定に戻すには!
[ウィンドウ]メニューから、[ワークスペース]→[初期設定]を選ぶと、非表示のパネルや位置を移動したパネルを初期の状態に戻すことができます。保存したワークスペースを初期の状態にリセットするには、[ウィンドウ]メニューから、[ワークスペース]→[(ワークスペース名)]を選びます。
続きは↓下の番号をクリック、またはタップしてください。
            

この記事を書いた人

古岡 ひふみ
グラフィックデザイナー。商業広告等の制作会社を経て1988年よりフリー。大阪府箕面市在住。公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です