基本がわかる!文字の入力と編集

基本がわかる!文字の入力と編集

【Photoshop基本操作】画像に文字を入力すると、文字はピクセルで構成された画像ではなく、文字の情報を含んだ特殊なテキストレイヤーで管理、保存されます。フォントの種類やサイズ、文字の位置や色などをいつでも変更することができます。


「フォント」を適用するツール!
文字ツールを使用するには、フォントに関する基礎知識が必要です。フォントとは、アルファベット、数字、記号などを統一して揃え、印刷物やWEBなどで使えるようにデザインされた文字の「書体データ」です。テキストレイヤーは、いつでも編集することが可能です。「ピクセルで構成された画像」として保存や加工をする場合は、ラスタライズ(ビットマップ化)することが必要です。文字ツールの使用では、これらの要点をしっかり理解しておきましょう。

2つの入力方法

文字ツールには、画像内をクリックして文字を入力する「ポイントテキスト」と、画像内をドラッグして文字を入力する「段落テキスト」という2つの入力方法があります。文字ツールを使用する前に、文字の入力方法が2つあることを知っておきましょう。

ポイントテキスト

ポイントテキストとは、文字の基準線上にアンカーポイントを持つテキストです。アンカーポイントの位置は、整列オプションによって、左揃え、中央揃え、右揃えに設定できます。入力した文字列をひとつのオブジェクトとして配置できるので、単語や数行の文章など、短い文字列を入力する場合に適しています。
画像内をクリックして文字を入力
画像内をクリックして文字を入力

段落テキスト

段落テキストとは、文字の入力領域を示すバウンディングボックスを持つテキストです。バウンディングボックス内で、文字の整列や均等配置、段落の一行目に間隔を設けるインデントなどが設定できるので、複数の行や段落がある長い文章を入力する場合に適しています。
画像内をドラッグして文字を入力
画像内をドラッグして文字を入力
あらかじめ設定する必要はなし!
ポイントテキストか段落テキストか。それはクリックで文字の入力を始めるのか、ドラッグで文字の入力を始めるのかで決定されます。確定されたテキストレイヤーを、後でどちらかの入力方法に変換することも可能です。その場合は、[レイヤー]パネルで変換するテキストレイヤーを選択し、[書式]メニューから、[段落テキストに変換](または[ポイントテキストに変換])、バージョンCS5以前では、[レイヤー]メニューから、[テキスト]→[段落テキストに変換](または[ポイントテキストに変換])を選択します。

文字ツールの操作方法

ドキュメントに文字を入力したり、テキストレイヤーを編集したい場合は、必ず最初に[文字ツール]を選択する必要があります。ドキュメントに文字を入力すると、テキストレイヤーが自動的に作成されます。テキストレイヤーは、通常のレイヤーとは異なり、描画や塗りつぶし、色調補正、フィルターの適用などはできません。まず、ポイントテキストの入力方法をマスターしましょう。
文字ツールを選択する
[ツール]パネルから、[横書き文字ツール]を選択します。
横書き文字ツール
横書き文字ツール
[横書き文字ツール]は、テキストを横書きする場合に用い、[縦書き文字ツール]は、テキストを縦書きする場合に用います。
オプションバーを設定する
文字ツールを選択すると、そのツールのオプションが設定できるオプションバーが画面上部に表示されます。フォントの種類や大きさなどの基本的な設定項目は、[文字ツール]を選択すると表示されるオプションバーで行います。
[横書き文字ツール]のオプションバー
ツールプリセット
現在の設定をツールプリセットとして保存できます。
テキストの向きを変更
横書き / 縦書きの切り替えができます。
フォントファミリーを設定
パソコンに搭載されているフォントの中から選択します。
フォントスタイルを設定
[フォントファミリーを設定]で選択したフォントの、太さや斜体などのスタイルがある場合に選択します。
フォントサイズを設定
フォントの大きさをpt(ポイント)単位で設定します。メニューからあらかじめ用意された大きさを選択、またはボックスに数値を入力します。
ボックス内ですばやく数値をコントロール!
ボックス内にカーソルを入れ、[↑]、または[↓]キーを押すと1 pt ずつ、[shift]+[↑]、または[shift]+[↓]キーを押すと10 pt ずつの増減ができます。
ボックス内ですばやく数値をコントロール!
[横書き文字ツール]のオプションバー
アンチエイリアスの種類を設定
文字の境界線を滑らかにする種類を選択します。
整列オプション
[テキストの左揃え]、[テキストの中央揃え]、[テキストの右揃え]から選択します。
テキストカラーを設定
テキストレイヤー作成時の描画色が適用されます。テキストカラーのみ設定したい場合は、カラーボックスをクリックして[カラーピッカー]ダイアログを表示させ、文字の色を設定します。
ワープテキストを作成
円弧、アーチ、波形、膨張など、15種類の形状のワープスタイルで、文字をさまざまな形に変形できるダイアログを表示します。
文字パネルと段落パネルの切り替え
フォントの種類やサイズの変更、文字詰めやトラッキング、カーニングなど、文字に関するさまざまな書式設定をコントロールできるパネルを表示します。
テキストから 3D を作成
クリックすると、現在のドキュメントを[3D ワークスペース]に切り替え、テキストに 3D オブジェクトのさまざまな効果を加えることができます。
文字の開始点をクリックする
タイトルやキャッチコピーなどの短い文字列は、1行で流すポイントテキストが適しています。ドキュメント内の文字を入力したい個所をクリックします。
文字の開始点をクリック
文字の開始点をクリック
文字の配置を調整する場合は、すべての文字を入力し確定後に、[移動ツール]を選択、または[command(Ctrl)]+ドラッグで移動できます。
文字の入力を開始する
入力した文字は、ドキュメントウィンドウ内で直接反映(変換)されます。
文字の開始点をクリック
文字の入力を開始
入力内容を修正したい場合は、[delete]キーを押して消去、または修正したい文字をドラッグして選択し、新しい文字を入力してください。
入力した文字を確定する
すべての入力を終えたら、オプションバーで、[現在の編集をすべて確定]をクリック、または[enter]キーを押して確定します。
オプションバーで[現在の編集をすべて確定]をクリック
文字の入力が確定された
文字の入力が確定された
すべての入力を取り消す場合は、[現在の編集をすべてキャンセル]をクリック、または[esc]キーを押します。入力を確定した文字は、[移動ツール]を選択、または[command(Ctrl)]+ドラッグで移動できます。
テキストレイヤーを確認
[レイヤー]パネルで、テキストレイヤーが作成されたことを確認してください。
テキストレイヤーを確認
テキストレイヤーを確認
テキストレイヤーは「T」というサムネールで表示され、入力した文字がテキストレイヤーの名前になります。

COLUMN
フォントサイズと解像度の関係
フォントサイズは「pt(ポイント)」という単位で表されますが、1ポイントは72分の1インチ(0.35277 mm)というサイズです。これは解像度には関係なく、ドキュメントサイズの幅、高さに対して相対的に反映されます。たとえば、幅が100 mm、高さが148 mm のハガキサイズで、解像度を300 pixel/inch に設定した画像と、72 pixel/inch に設定した画像に、それぞれ24 pt の文字を入力します。結果はドキュメントサイズに対して両方とも同じ比率で入力され、印刷したときの大きさが同じになります。しかし、解像度が72 pixel/inch よりも、300 pixel/inch に設定した画像の方が、文字の形を構成するピクセル数も多く、カーブのエッジも滑らかです。

アンチエイリアスの種類を設定

文字の境界線を滑らかに見せる「アンチエイリアス」の効果を強くしたり、シャープにしたりする「方式」を選択することができます。対象のフォントやフォントサイズ、描画色や背景色などの諸条件によって、適用結果は微妙に異なります。
オプションバーでアンチエイリアスの種類を設定
[アンチエイリアスの種類を設定]には、アンチエイリアスを「無効」にする[なし]と、アンチエイリアスを「有効」にする[シャープ]、[鮮明]、[強く]、[滑らかに]、[Mac LCD]、[Mac]といった種類があります。
[滑らかに]を設定→[なし]を設定
アンチエイリアスの種類の中で、「標準」と言えるのは[滑らかに]です。その他の種類は、アンチエイリアスに加えて、境界線を鮮明にしたり、強くしたりといった機能が付加されています。
Osaka レギュラー 12 ptの適用結果
Osaka レギュラー 12 ptの適用結果

文字パネル

[文字]パネルとは、文字を編集するためのさまざまな書式設定を、統合して行えるコントロールパネルです。たとえば、文字と文字の間のスペースを変更したい場合に用います。
Osaka レギュラー 12 ptの適用結果
Osaka [文字]パネル
[文字]パネル
フォントファミリーを設定
パソコンに搭載されているフォントの中から選択します。 [フォントスタイルを設定]は、選択したフォントの太さや斜体などのスタイルがある場合に選択します。
フォントサイズを設定
フォントの大きさを pt(ポイント)単位で設定します。メニューからあらかじめ用意された大きさを選択、またはボックスに数値を入力します。
行送りを設定
選択した文字すべての行送りを pt(ポイント)単位で設定します。メニューからあらかじめ用意された大きさを選択、またはボックスに数値を入力します。[自動]を選択すると、現在のフォントサイズの175 %(1.75倍)が行送りとして設定されます。
文字間のカーニングを設定
カーソル位置の文字との間隔(字間)を詰める、または空ける設定を1/1000 em 単位で行います。
選択した文字のトラッキングを設定
選択した文字と次の文字との間隔を詰める、または空ける設定を1/1000 em 単位で行います。
選択した文字にツメを設定
選択した文字の両側の間隔を詰める設定を %(百分率)で行います。
垂直比率
選択した文字の高さ(垂直比率)を %(パーセント)で拡大・縮小します。
水平比率
選択した文字の幅(水平比率)を %(パーセント)で拡大・縮小します。
ベースラインシフトを設定
選択した文字の位置(基準線)を上下に移動する設定をpt(ポイント)単位で行います。
テキストカラーを設定
クリックで[カラーピッカー]ダイアログを表示して文字の色を設定します。

段落パネル

テキストの整列オプションや両端揃え(ジャスティファイ)、インデントなど、段落に関するさまざまな書式設定をコントロールできるパネルです。
[段落]パネル
[段落]パネル
整列オプション
[テキストの左揃え]、[テキストの中央揃え]、[テキストの右揃え]から選択します。ポイントテキストの場合はクリックした点を基準に、段落テキストの場合はバウンディングボックスを基準にして、文字が整列されます。
均等配置
段落テキストの最終行以外がバウンディングボックス内で両端揃えになり、最終行が左揃え / 中央揃え / 右端揃えになります。
両端揃え
最終行を含めて段落が両端揃えになります。
左 / 上インデント
段落に対して、バウンディングボックスの左端(縦書きの場合は上端)からの距離を設定します。
右 / 下インデント
段落に対して、バウンディングボックスの右端(縦書きの場合は下端)からの距離を設定します。
一行目左 / 上インデント
段落の一行目に対して、バウンディングボックスの左端(縦書きの場合は上端)からの距離を設定します。
段落前のアキ
前の段落との間隔を設定します。
段落後のアキ
次の段落との間隔を設定します。
禁則文字セットを選択
日本語の段落に対して、禁止文字が行末、行頭にならないように設定します。
文字組空き量
句読点や記号、括弧などの間隔を設定します。

トラッキングの操作方法

トラッキングとは、行や段落全体の文字詰めをする作業のことをいいます。単位に使用される「em」は、フォントサイズを1とする1000/1000が「1 em」とされます。Photoshopでの設定は、分子の数値のみを選択、または入力します。設定する文字の大きさに対して相対的な値となるため、同じ設定値でも文字の大きさが違うと、トラッキング幅の実質的な距離の長さは変わってきます。
トラッキング値の比較
トラッキング値の比較
文字列をドラッグして選択する
トラッキングを設定する文字列の範囲をドラッグして選択します。
文字列をドラッグして選択
文字列をドラッグして選択
トラッキングの設定は、1文字以上の選択に対して、字間(実質的な文字と文字の間隔)を1/1000 em 単位で指定します。文字列を選択しない場合は、選択したテキストレイヤー全体(複数選択も可能)に設定が適用されます。
トラッキングを設定する
[文字]パネルの[選択した文字のトラッキングを設定]メニューから、あらかじめ用意されたトラッキング値を選択、またはボックスに数値を入力します。たとえば、トラッキング値に「200」を選択、または入力すると、200/1000 em が設定されたことになります。
トラッキング値を設定
トラッキング値を設定
ボックス内にカーソルを入れ、[↑]、または[↓]キーを押すと20ずつ、[shift]+[↑]、または[shift]+[↓]キーを押すと、200ずつの増減ができます。
反転表示部分(選択した範囲)の文字詰めが、設定したトラッキング値によって変化しました。
選択範囲の文字詰めが変化した
選択範囲の文字詰めが変化した
トラッキングを確定する
オプションバーで、[現在の編集をすべて確定]をクリック、または[enter]キーを押して、トラッキングの編集を確定します。
オプションバーで[現在の編集をすべて確定]をクリック
文字列を選択しないテキストレイヤー単位での編集の場合、編集の確定は不要です。
文字列の反転表示がなくなり、トラッキングの編集が確定されました。
トラッキングを確定
トラッキングを確定

COLUMN
メトリクスとは?
「自動カーニング」とも呼ばれている機能で、たとえば、「LA」、「To」、「Tr」、「Ta」、「Tu」などの「ペアカーニング値」に基づき、自動的に文字が詰められる設定です。このペアカーニング値の情報は、ほとんどの欧文フォントに含まれています。

カーニングの操作方法

カーニングとは、文字詰めをする作業を言います。となりにくる文字によってスペーシングが不揃いになる場合があり、その空間を「カーニング値(単位はem)」で詰め均等に揃えます。プロポーショナルフォントには、あらかじめカーニング情報があり、適用する場合は「メトリクス(自動)」という設定項目を選択します。また、自動カーニングには、隣り合う文字に対して一律のスペーシングを行う「オプティカル」という設定項目もあります。
カーニング値の比較
カーニング値の比較
字間をクリックする
カーニングを設定する字間をクリックして選択します。
字間をクリックして選択
字間をクリックして選択
カーニングの設定は、隣り合う文字の中間に対して、字間(実質的な文字と文字の間隔)を1/1000 em 単位で指定します。
カーニングを設定する
[文字]パネルの[文字間のカーニングを設定]メニューから、あらかじめ用意されたカーニング値を選択、またはボックスに数値を入力します。たとえば、カーニング値に「-100」を選択、または入力すると、-100/1000 em が設定されたことになります。
カーニング値を設定
カーニング値を設定
ボックス内にカーソルを入れ、[↑]、または[↓]キーを押すと20ずつ、[shift]+[↑]、または[shift]+[↓]キーを押すと200ずつの増減ができます。
[文字間のカーニングを設定]を設定すると、選択した字間の間隔が調整されます。
字間が調整される
字間が調整される
カーニングを確定する
オプションバーで、[現在の編集をすべて確定]をクリック、または[enter]キーを押して、カーニングの編集を確定します。
オプションバーで[現在の編集をすべて確定]をクリック
字間のカーソルがなくなり、カーニングの編集が確定されました。
カーニングを確定
カーニングを確定

COLUMN
オプティカルとは?
文字の形状に対して、隣り合う文字のカーニング値が自動的に設定される機能で、ペアカーニング値を持たないフォントの「応急策」として適正値が割り当てられます。メトリクスとの比較は歴然としてありますが、使用するフォント、文字列によっては、優れている場合も少なくありません。

段落テキストの入力方法

複数の行や段落がある長い文章を入力する場合は、「段落テキスト」を用います。長い文章は、画像に直接入力するよりも、コピー&ペーストで行うことが多くなると思いますが、段落テキストのバウンディングボックス(四角い範囲)に文字を流し込むだけでは、文字入力を習得したことにはなりません。文字間や整列の不揃いさに気付き、それを修正する技術が必要です。
段落テキストで美しい文字組みをする
段落テキストで美しい文字組みをする
文字ツールを選択する
[ツール]パネルから、[横書き文字ツール]を選択します。
横書き文字ツール
横書き文字ツール
[横書き文字ツール]は、テキストを横書きする場合に用い、[縦書き文字ツール]は、テキストを縦書きする場合に用います。
オプションバーを設定する
文字ツールを選択すると、そのツールのオプションが設定できるオプションバーが画面上部に表示されます。フォントの種類や大きさなどの基本的な設定項目は、[文字ツール]を選択すると表示されるオプションバーで行います。
[横書き文字ツール]のオプションバー
[横書き文字ツール]のオプションバー
文字を入力したい範囲をドラッグする
文字入力の開始点をドラッグし、文字を入力したい範囲にバウンディングボックスを作成します。すると、バウンディングボックスの左上にカーソルが表示されます。
文字を入力したい範囲をドラッグ
文字を入力したい範囲をドラッグ
バウンディングボックスの位置や大きさは、文字を入力した後でも変更できます。
文字の入力を開始する
入力した文字は、ドキュメントウィンドウ内で直接反映(変換)されます。
文字の入力を開始
文字の入力を開始
入力内容を修正したい場合は、[delete]キーを押して消去、または修正したい文字をドラッグして選択し、新しい文字を入力してください。
入力した文字を確定する
すべての入力を終えたら、オプションバーで、[現在の編集をすべて確定]をクリック、または[enter]キーを押して確定します。
オプションバーで[現在の編集をすべて確定]をクリック
文字の入力が確定された
文字の入力が確定された
すべての入力を取り消す場合は、[現在の編集をすべてキャンセル]をクリック、または[esc]キーを押します。入力を確定した文字は、[移動ツール]を選択、または[command(Ctrl)]+ドラッグで移動できます。
カーニングとトラッキングを設定する
[文字]パネルで、[文字間のカーニングを設定]に[メトリクス]を選択します。[選択した文字のトラッキングを設定]に「100」を入力します。
カーニング値とトラッキング値を設定
カーニング値とトラッキング値を設定
文字間のバランスを確認
文字間のバランスを確認
最初に設定した[メトリクス]で自動カーニングを行い、その調整された文字間を保ちながら、[トラッキング]で全体の字送りを伸ばすと、ひらがな、カタカナの文字間がバランスよく調整できます。
均等配置を設定する
[段落]タブをクリックして、[段落]パネルを表示し、[均等配置(最終行左揃え)]をクリックして選択します。
[均等配置(最終行左揃え)]をクリック
[均等配置(最終行左揃え)]をクリック
[均等配置(最終行左揃え)]の設定で、不揃いだった右側の文字が揃いました。
不揃いだった文字が揃った
不揃いだった文字が揃った
美しい文字組みをする!
初期設定の[テキストの左揃え]では、[メトリクス]に設定していると、右側の改行される文字の位置が不揃いになります。段落テキストの場合は、すべての改行位置が揃っている方が美しいので、バウンディングボックスの形状に合わせる調整を行います。
[均等配置(最終行左揃え)]をクリック
[均等配置(最終行左揃え)]をクリック
[均等配置(最終行左揃え)]を設定すると、[メトリクス]で得た詰め情報が各行で均等に左右揃えされるので、それぞれの文字間のバランスは保たれます。[メトリクス]と[均等配置(最終行左揃え)]の組み合わせで、ひらがなやカタカナ、句読点が混在する文字列でも、目立った空きスペースがない美しい文字組みが行えます。
和文の文字組み
和文の文字組み
欧文フォントと和文フォントでは、用語の表し方や設定に少し違いがあります。それは、欧文フォントが大文字や小文字の領域を含めた「emスクエア」という相対的な単位を基準としているのに対し、和文フォントでは、1文字(全角)の領域を含めた「仮想ボディ」という絶対的な単位を基準としているからです。カーニングは「字間」、トラッキングは「字送り」にあたります。

スポンサード リンク

基本がわかる!文字の入力と編集」への2件のフィードバック

  1. 前田利輔

    テキスト文字に取り消しラインが文字中央に残る 取り消し線の外し方を教えてください

    返信
    1. 古岡 ひふみ 投稿作成者

      [ウィンドウ]メニューから、[文字]を選択して、[文字]パネルを表示してください。パネルの下の方に「T」アイコンが並んでいて、そのいちばん右側が[打ち消し線]のボタンですので、クリックしてオフにしてください。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です