基本がわかる!画像解像度の設定

基本がわかる!画像解像度の設定【1】ピクセルの大きさ

【Photoshop基本操作】画像解像度とは、画像データの「密度」です。モニタやテレビなどで用いられる「画面解像度」とは少し違います。画像データを構成する「ピクセル」を、1辺1インチあたりにいくつ含ませるかを示す単位「pixel/inch(ppi)」で表し、数値が大きくなるほど密度は細かくなり、数値が小さくなるほど密度は粗くなります。


ピクセルには物理的な大きさがない!
パソコンのモニタを通して見る画像は、すべての色情報が「画素」に置き換えられたデジタル画像です。配列されたピクセル数で、画像の大きさを知ることはできますが、たとえば、何センチ? といったような、ピクセルの大きさを物理的に知ることはできません。すべて論理的です。ピクセルの大きさは、割り当てられた「画像解像度」によって変化します。これって、大問題ですよね?
基本がわかる動画を配信中!

チャンネル登録をお願いします!

         

画像に敷き詰めたタイルの1個が1 pixel

画像解像度について、最初に知っておかなければならないものに「ピクセル(pixel)」があります。画像を拡大表示したときに現れるギザギザの“アレ”です。規則正しく整列されたピクセルは非常に小さいものですが、大きな「タイル」に例えると理解しやすいかも知れません。タイルの1まいが 1 pixel です。タイルを格子状に並べていくと、画像の面積はどんどん増えていきます。ひとつの画像を構成するタイルの数が多いほど高解像度だと言えます。
1 pixel は何センチ?

1 pixel は何センチ?

一辺1インチあたりに、ピクセルがいくつ並んでいるかを表すのが「画像解像度」です。単位は「pixel/inch」です。画像解像度が 72 pixel/inch の場合は、一辺1インチあたりにピクセルが72個、96 pixel/inch の場合は、一辺1インチあたりにピクセルが96個並んでいます。このように、画像解像度の数値が変わると、ピクセル1個の大きさも変わるので、1 pixel の物理的な大きさは定まっていません。

ピクセルと画素のちがい

「ピクセル」と「画素」は同意語ですが、ここでは解説の便宜上、あえて差別化します。似て非なるピクセルと画素の違いは、物理的な大きさがないデータと物理的な大きさがあるデバイスの違いです。デバイスとは「電子部品」のことで、画素と関係するのはモニタです。モニタはパソコンと人との仲介者です。まるで空気のような、当たり前の存在になっているモニタですが、その特性を知ることはすべての理解につながります。
画像解像度のピクセル

画像解像度のピクセル

画像を構成するピクセルには、物理的な大きさがありません。ビットマップ画像を、パソコン画面でズーム・イン(拡大表示)してみると、グリッド状のピクセルが確認できます。ピクセルがいくつ含まれているか? 画像そのもの密度を表すのが画像解像度です。
画面解像度の画素

画面解像度の画素

パソコン画面を構成する画素には、物理的な大きさがあります。使用している機器や設定によって違うので統一されていません。一般的なデフォルト値は、72 dpi、または 96 dpi です。しかし、これらは伝統的な「画素密度」の数値であり、高精細化により、画面に表示される「総画素数」で表されることの方が多くなりました。

パソコン画面に表示されないピクセル

たとえば、パソコン画面の画素数が 1280 x 720 pixel の場合、これより大きい画像は、どのように表示されるでしょうか? 画像を構成するピクセルとパソコン画面を構成する画素が合致すれば、画面からはみ出てしまうでしょうし、アプリケーションやブラウザ等でズームアウト(縮小表示)すれば、モニタの1画素の中に、いくつものピクセルが存在していることになります。
100%(ピクセル等倍)

100%(ピクセル等倍)

画像のピクセルとパソコン画面の画素が合致した状態です。[100%(ピクセル等倍)]とは、モニタの1画素に 1 pixel を割り当てて表示することで、表示倍率では「100%」が用いられます。たとえば、はがきサイズの画像に高解像度(350 pixel/inch)が設定されていたら、[100%]では画面からはみ出す大きな画像が表示されます。
[表示]→[100%]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[1]
画面サイズに合わせる

画面サイズに合わせる

画像のピクセルとパソコン画面の画素が合致していない状態です。[画面サイズに合わせる]、または[プリントサイズ]を選択すると、画像のピクセル数を無視した物理的な大きさで表示されます。モニタの1画素は1 pixelしか表示できないので、元の画像データからピクセルが補間され、縮小した画像を表示します。
[表示]→[画面サイズに合わせる]
ショートカットキー:[command(Ctrl)]+[0]
続きは↓下の番号をクリック!
         

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です