【色調補正】スポーツカーの色を自在に変える方法【色相・彩度】

【色調補正】スポーツカーの色を自在に変える方法【色相・彩度】

【Photoshop基本操作】色を変えることは、スライダー操作でカンタンにできますが、それだけでは不十分です。色の見え方は、色の種類を示す「色相」、色味の強さを示す「彩度」、明るさの度合いを示す「明度」で構成されているので、これらの「色の属性」を理解しておくと、グリーンからイエローやレッドはもちろん、無彩色のホワイト、シルバーメタリック、ブラックなども効率的に変換できます。


色には明度が深く関係している!
元画像の色によって変換しにくい色があります。極端な例をあげるとするなら白色や黒色です。これらは、色の情報を持たない「無彩色」と呼ばれる色で、「色相」や「彩度」の変換がまったく効きません。
そこで、いろいろな方法を試行錯誤してみるワケですが、そのときに気付くのです。色の見え方には「明度」が深く関係していることを…。裏を返せば「有彩色」の色変換では、色にばかり目を奪われ、「明度」の存在を忘れてしまっているんですよね。明るさのトーンを失わない色変換を心がけましょう。

カラーをモノクロに変換する

色を変換するということは、当然、元画像の色が必要になります。元画像の色が「出発点」になるワケですから、結果にたどり着くまでの道のりは、それぞれに違ってくるのも当然です。すべてのケースに応用させるには、いったんリセットしてみると理解しやすいのではないでしょうか? 変えたい色の領域を選択して、モノクロに変換してみましょう。
元画像→モノクロに変換
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】スポーツカーの色を自在に変える方法
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

素材画像を開く
スポーツカーの素材画像を開きます。素材画像は[幅:1280 pixel][高さ:853 pixel] [解像度:72 pixel/inch][モード:RGBカラー]を使用しています。
ピクセル座標の違いによるブレンド変化
対象カラーによって異なる色変換!
このレッスンでは、有彩色からの色変換、および無彩色に変換することをテーマにしています。素材画像のスポーツカーは、鮮やかなライトグリーンですが、色変換の結果は、対象となる元画像により異なります。
変えたい色の領域を選択する
[ツール]パネルから、[クイック選択ツール]を選択し、変えたい色の領域をドラッグして、選択範囲を作成します。
選択範囲を作成
選択範囲を作成
選択しにくい場合は?
変えたい色の領域に暗い影があったり、複雑な形状や粗い質感の素材は、正確な選択範囲を作成しにくいので、色変換すると境界が際立ってしまうことがあります。その場合は、ぼかしやクイックマスクなどを使用して、選択範囲の境界線を曖昧にして目立たなくしましょう。
[色相・彩度]調整レイヤーを作成する
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[色相・彩度]を選択して、[色相・彩度 1]を作成します。あらかじめ、変えたい色の領域に選択範囲を作成していたので、その他の領域を隠すレイヤーマスクが作成されます。
[色相・彩度 1]を作成
[色相・彩度 1]を作成
[属性]パネルの[色相・彩度]ダイアログで、[色彩の統一]にチェックマークを入れます。
[色彩の統一]にチェックマークを入れる
[色彩の統一]にチェックマークを入れる
[色彩の統一]とは?
[色彩の統一]を有効にすると、元画像のカラー情報が破棄され、グレースケール画像に色相・彩度・明度の設定が加えられます。初期設定では、[色相]に「0」、[彩度]に「25」、[明度]に「0」が設定されていますが、[彩度]に「0」を設定した状態がプレーンです。グレースケール画像は、カラーモードを変更せず、各チャンネルに同じグレースケールを振り分けることで無彩色を表しています。
色味の強さを示す[彩度]に「0」を設定すると、変えたい色の領域が無彩色(グレースケール)になります。
[彩度]に「0」を設定
[彩度]に「0」を設定
[彩度]に「25」を設定(初期設定)→[彩度]に「0」を設定
[色相]の読み方
色の種類を示す[色相]の数値は、「色相環」による角度を示し、数値によって色味が設定されます。「0」が「なし」ではありません。
マンセル表色系の色相環→RGBスペクトルの色相環
色相を定義した「マンセル表色系」では、360°を5等分して、「0°」が赤色、「72°」が黄色、「144°」が緑色、「216°」が青色、「288°」が紫色とされていますが、パソコンで使用される「RGBスペクトル」では少し異なり、360°を6等分して、「0°」はRGBレッド、「60°」がRGBイエロー、「120°」がRGBグリーン、「180°」がRGBシアン、「240°」がRGBブルー、「300°」がRGBマゼンタとされています。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

元画像から変えやすい色に変換する

カラーをモノクロに変換できたら、元画像の色が再現できるか試してみましょう。中間調からサンプリングした数値を元に、[色相]と[彩度]を設定すると、元画像に見られる微妙な色の変化までは難しいですが、同じような印象のカラーを再現することができます。この状態から[色相]の数値だけを変えて、鮮やかなマゼンタピンクに変換してみましょう。
元画像→マゼンタピンクに変換
元画像の中間調をサンプリングする
元画像を表示します。[ツール]パネルから、描画色をクリックして、[カラーピッカー]ダイアログを表示します。平均的なカラーのサンプリングを行うため、ドキュメント内で中間調だと思われる部分をクリックします。
元画像の中間調をクリック
元画像の中間調をクリック
すると、[新しい色]にサンプリングしたカラーが表示され、[H]、[S]、[B]にそれぞれ色情報が表示されます。色情報をメモしたら、[キャンセル]をクリックします。
[カラーピッカー]で色情報を確認
[カラーピッカー]で色情報を確認
サンプリングした色情報を設定する
[属性]パネルの[色相・彩度]ダイアログで、サンプリングしたカラーの色情報を入力します。ただし、[B](明度)の数値は除きます。[色相]に「100」、[彩度]に「78」を設定します。すると、元画像の色が再現できます。これでなんとなく、[色彩の統一]オプションのしくみが見えてきたと思います。
サンプリングしたカラーの色情報を入力→元画像の色を[色相・彩度]で再現
[色相]の数値を変える
色の種類を示す[色相]の数値を「100」から「315」に変更します。すると鮮やかなマゼンタピンクに変換することができます。
[色相]を変更→マゼンタピンクに変換
マゼンタピンクに変換することができた
マゼンタピンクに変換することができた
色相・彩度・明度の関係を知る!
色相・彩度・明度の関係を[カラーピッカー]ダイアログを利用して、確認しておきましょう。サンプリングしたボディカラーの位置は、[色相]だけの調整では選択ポインタの位置が変わりません。どの[色相]に変更しても同じ[彩度]、同じ[明度]のままです。色を自在に変えるためには、[彩度]と[明度]も変化する、さまざまな色域に選択ポインタが移動しなければなりません。
[色相]を変更→マゼンタピンクに変換
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

彩度と明度を調整して変換する

[色相]で主な色を変えることはできますが、さまざまな色を再現するには、[彩度]と[明度]も深く関わってきます。代表的な色の系統として、レッド、イエロー、グリーン、ブルー、バイオレッドの基本5色を再現することにより、色相・彩度・明度の関係を深く知りましょう。
元画像→モノクロに変換

レッド(純色)

レッド(純色)は、元画像のライトグリーンに比べ、彩度が高く暗い色なので、[彩度]にMax値の「85」、[明度]に「-20」を設定します。
レッド(純色)H353・S100・B77
[色相・彩度]ダイアログ(部分)→レッド(純色)に変換

イエロー(純色)

イエロー(純色)は、元画像のライトグリーンに比べ、彩度も明度も高い明るい色なので、[彩度]にMax値の「85」、[明度]に「+5」を設定します。
イエロー(純色)H57・S100・B100
[色相・彩度]ダイアログ(部分)→イエロー(純色)に変換

グリーン(純色)

グリーン(純色)は、元画像のライトグリーンに比べ、彩度が高く暗い色なので、[彩度]にMax値の「85」、[明度]に暗い方のMax値の「-30」を設定します。
グリーン(純色)H150・S100・B60
[色相・彩度]ダイアログ(部分)→グリーン(純色)に変換

ブルー(純色)

ブルー(純色)は、元画像のライトグリーンに比べ、彩度が低く暗い色なので、[彩度]に「70」、[明度]に暗い方のMax値の「-30」を設定します。
ブルー(純色)H218・S83・B60
[色相・彩度]ダイアログ(部分)→ブルー(純色)に変換

バイオレッド(純色)

バイオレッド(純色)は、元画像のライトグリーンに比べ、彩度が低く暗い色なので、[彩度]に「65」、[明度]に暗い方のMax値の「-30」を設定します。
バイオレッド(純色)H272・S76・B51
[色相・彩度]ダイアログ(部分)→バイオレッド(純色)に変換
トーンジャンプを防止する!
[彩度]と[明度]の調整では、微妙な階調が飛んでしまう「トーンジャンプ」に気をつけなければなりません。たとえば、中間調に設定したいカラーの[彩度]が100%の場合、[色相・彩度]で調整されるハイライト領域も100%が適用されるため、階調幅に余裕がなくなりトーンジャンプを引き起こします。
そのため、[彩度]を15%落とすという考え方で、85%のMax値を設けます。[明度]にもMax値を設けますが、[色相・彩度]では-100%〜+100%の調整になるので、15%の2倍の-30%〜+30%を明るい方と暗い方のMax値として定義します。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

カラーをホワイトに変換する

ホワイトは無彩色なので、色味の強さを示す[彩度]の設定値は「0」が基本です。しかし、あらゆる有彩色より明るい色なので、明るさの度合いを示す[明度]を高く調整します。トーンを失わない範囲で、適切な数値を探りましょう。
元画像→アイボリーホワイトに変換
彩度を落とす
[属性]パネルの[色相・彩度]ダイアログで、色味の強さを示す[彩度]に「0」を設定します。すると、色の種類を示す[色相]の効力が無くなるので無彩色(グレー)になります。
[彩度]に「0」を設定→無彩色(グレー)にする
明度を上げる
自然なホワイトに見えるまで、明るさの度合いを示す[明度]を上げていきます。あまり上げすぎると陰影が無くなるので注意してください。作例では、[明度]に明るくなる方のMax値の「+30」を設定しています。
[明度]に「+30」を設定→ホワイトに見えるまで明度を上げる
少し色味を着ける
少し色味を付けた方が自然に見えるので、[彩度]に「5」を設定し、[色相]に「52」を設定して、アイボリー系に調整しておきましょう。
[色相]と[彩度]を設定→アイボリー系に調整
ホワイトは極限の膨張色!
自然界のモノの見え方には、反射光が大きく影響しています。反射率がいちばん高いのは白、いちばん低いのは黒です。なので、色によって陰影の付き方も当然変わってくるのです。
[色相・彩度]だけで、ホワイトやメタリック系の色も作り出すことはできますが、元画像により調整の範囲に限りがあります。元画像と対照的な色の変換をより自然に見せるには、別の効果を加えて陰影のコントラストを強くしましょう。
ハイライト領域を強調する
[レイヤー]メニューから、[新規]→[レイヤー]を選択します。[新規レイヤー]ダイアログで、[下のレイヤーを使用してクリッピングマスクを作成]にチェックマークを入れます。[描画モード]に[スクリーン]を設定し、[不透明度]に「50」%を設定、[スクリーンの中性色で塗りつぶす(黒)]にチェックマークを入れて、[OK]をクリックします。
[新規レイヤー]ダイアログを設定
[新規レイヤー]ダイアログを設定
[レイヤー]パネルで、[レイヤー 1]が作成されたことを確認します。
[レイヤー 1]を作成
[レイヤー 1]を作成
何も変わらないけど?
黒で塗りつぶされたレイヤーは、[描画モード]の[スクリーン]に設定されているので、現在の状態では、背面のレイヤーに影響はありません。また、下のレイヤー(色相・彩度 1)にクリッピングされているので、効果は[色相・彩度 1]のレイヤーマスク領域にも影響を与えません。
[レイヤー 1]と[色相・彩度 1]を非表示にして、[背景]を選択します。
[背景]を選択
[背景]を選択
[イメージ]メニューから、[演算]を選択します。[演算]ダイアログで、[第1元画像]と[第2元画像]の[チャンネル]に[グレー]を選択し、[描画モード]に[オーバーレイ]を選択、[結果]に[選択範囲]を選択して、[OK]をクリックします。
[演算]ダイアログを設定
[演算]ダイアログを設定
ハイライト部分を抽出する!
[演算]では、現在の設定による効果が、ドキュメントウィンドウにプレビューされます。ここで得たい効果は、ハイライト部分の選択範囲です。ハイライト部分をより明るく、シャドウ部分をより暗くしたい場合は、[描画モード]に[オーバーレイ]が適しています。
[描画モード]に[乗算]を選択→[描画モード]に[オーバーレイ]を選択
しかし、コントラストが高くなり過ぎて、詳細な階調が失われる場合もあります。[描画モード]に[乗算]を設定すると、ハイライト部分が抑えられるので、また違ったコントラストの効果を得ることができます。
[演算]で抽出したハイライト部分の、選択範囲が出力されたことを確認します。
出力された選択範囲を確認
出力された選択範囲を確認
[レイヤー]パネルで、[レイヤー 1]と[色相・彩度 1]を表示して、[レイヤー 1]を選択します。
[レイヤー 1]を選択
[レイヤー 1]を選択
[編集]メニューから、[塗りつぶし]を選択します。[塗りつぶし]ダイアログで、[内容]に[ホワイト]を選択して、[OK]をクリックします。[command(Ctrl)]+[D]キーを押して、選択範囲を解除します。
[内容]に[ホワイト]を選択
[内容]に[ホワイト]を選択
ハイライトが加わり、元画像のライトグリーンからアイボリーホワイトに変換することができました。
[塗りつぶし]適用前→[塗りつぶし]適用後
アイボリーホワイトに変換することができた
アイボリーホワイトに変換することができた
ハイライト部分の調整は?
[不透明度]の設定値を変更することで行えます。描画モード[スクリーン]では、合成色の反転されたカラーが[乗算]され、明るい部分はより明るく、暗い部分への影響は弱くなっていきます。
[レイヤー 1]でホワイトに塗りつぶされた部分は、[不透明度]100%でホワイト、ブラックで塗りつぶされた部分は、[不透明度]100%で完全に影響がなくなります。したがって、[不透明度]に「50%」を設定すると、半透明になったホワイトが[スクリーン]として合成されるので、基本色が50%明るくなるしくみです。
ハイライトは他のカラーにも有効!
[演算]で抽出したハイライト部分は、ホワイトに変えるときだけではなく、他の色変換にも有効です。[色相・彩度]の[色彩の統一]では、元画像をグレースケールに変換し、コントラストが弱くなる特性があります。部分的な調整を行うことで、より自然な色変換が行えます。

光沢のあるメタリックに変換する

メタリック系は、ハイライト部分を抽出した[レイヤー 1]を利用して、さらにコントラストを強くします。[レイヤー 1]の描画モードを[スクリーン]から[オーバーレイ]に変更するだけで、任意のカラーをメタリックカラー風に変えることができます。
元画像→シルバーメタリックに変換
描画モードを[オーバーレイ]に変更する
[レイヤー]パネルで、[レイヤー 1]を選択し、描画モードに[オーバーレイ]を選択します。
[オーバーレイ]を選択
[オーバーレイ]を選択
すると、アイボリーホワイトの場合は、パールホワイトに変換することができます。
アイボリーホワイトに変換→パールホワイトに変換
任意のカラーを設定する
[レイヤー]パネルで、[色相・彩度 1]を選択します。
[色相・彩度 1]を選択
[色相・彩度 1]を選択
[属性]パネルの[色相・彩度]ダイアログで、[色相]に「210」、[彩度]に「5」、[明度]に「-20」を設定すると、さらに陰影が強くなり、ハイライトとのコントラストにより、メタリックの光沢感を強調できます。
[色相・彩度]ダイアログ(部分)→シルバーメタリックに変換
シルバーメタリックに変換することができました。
シルバーメタリックに変換することができた
シルバーメタリックに変換することができた
メタリックカラーを量産!
メタリックカラーの場合は、[彩度]を落とすことがコツです。コントラストが強いので、発色がよく見えるからです。暗い色なら、ハイライト部分を抽出した[レイヤー 1]の[不透明度]を「75%」くらいにすれば、より輝いて見えるでしょう。

変えにくいブラックに変換する

いちばん暗い色のブラックは、[明度]の設定値を低くします。そのためには、ハイライト部分の見え方が重要になってくるので、まずハイライトを強くする設定を行ってから、[色相・彩度]の調整を行います。
元画像→ブラック(ガンメタリック)に変換
ハイライトを強くする
[レイヤー]パネルで、[レイヤー 1]を選択し、[不透明度]に「75%」を設定します。
[不透明度]に「75%」を設定
[不透明度]に「75%」を設定
[彩度]と[明度]を落とす
[レイヤー]パネルで、[色相・彩度 1]を選択します。
[色相・彩度 1]を選択
[色相・彩度 1]を選択
[属性]パネルの[色相・彩度]ダイアログで、[色相]に「210」、[彩度]に「5」、[明度]に「-60」を設定します。ブラックに変換することができました。
[色相・彩度]ダイアログ(部分)→ブラック(ガンメタリック)に変換
元画像の陰影に注意!
[明度]の設定値を低くしすぎると陰影がつぶれてしまうので、トーンを失わない範囲で、適切な設定値を探りましょう。作例では、ガンメタリック系のブラックに変換していますが、非メタリックのブラックは、ハイライト部分を抑え、光沢だけが明るくなるように調整しましょう。

スポンサード リンク