基本がわかる!グラデーションの作り方

基本がわかる!グラデーションの作り方

【Photoshop基本操作】グラデーションとは、明るさや色の滑らかな変化です。ドラッグした距離でグラデーションを描画する[グラデーションツール]は、単にグラデーションを敷きつめるだけの役割でなく、選択範囲やマスクの作成など、さまざまな場面で活用される万能ツールです。


非破壊編集を身につけよう!
Photoshop には、グラデーションに関する機能が多く備わっています。ここでキーワードとなるのが「非破壊編集」です。作業中のファイルは、再編集可能な状態で保存することが、Photoshop では重要視されています。なので、ドキュメントに直接描画する[グラデーションツール]は、あまり出番がないかも知れません。

グラデーションの概要

グラデーションとは、明るさや色の滑らかな変化です。その活用は、イメージを彩るだけではなく、色調補正や型抜きなど、輪郭を和らげるためにも使われています。新規ドキュメントに、グラデーションを描画しましょう。
グラデーションツールを選択する
新規ドキュメントを作成し、[ツール]パネルから、[グラデーションツール]を選択します。
グラデーションツール
グラデーションツール
[Photoshop]操作パネル
[Photoshop]操作パネル
ここでは、幅:512 pixel、高さ:512 pixel、解像度:72 pixel/inch、カラーモード:RGB カラー 8 bit のドキュメントを作成しています。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】基本がわかる!グラデーションの作り方
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

グラデーションを設定する
[グラデーションツール]を選択すると、上部にオプションバーが表示されます。オプションバーの設定項目は、グラデーションを描く前に設定しますが、ここでは、初期設定の状態で使用するので省略します。オプションバーの各部の働きについて簡単にご紹介しましょう。
[グラデーションツール]のオプションバー
ツールプリセット
現在の設定をツールプリセットとして保存できます。
現在のグラデーションを表示
現在設定されているグラデーションのカラーバーがプレビューされます。初期設定では、プリセットの[描画色から背景色へ]が選択されています。
クリックでグラデーションを編集
[グラデーションエディター]ダイアログを開き、新規グラデーションの作成や編集を行います。
[グラデーションエディター]ダイアログ
[グラデーションエディター]ダイアログ
クリックでグラデーションピッカーを開く
[プリセット]からグラデーションを選択します。
グラデーションの種類を選択
5つのサブツールから、グラデーションの形を選びます。初期設定では、[線形グラデーション]が選択されています。
5つのサブツール
5つのサブツール
描画モードを選択
画像(基本色)に対して、グラデーション(合成色)の効果を反映させる描画モードを設定します。初期設定では、[通常]が選択されています。
[グラデーションツール]のオプションバー
不透明度を設定
画像(基本色)に対して、グラデーション(合成色)の効果を反映させる描画モードを設定します。初期設定では、[通常]が選択されています。
逆方向
チェックマークを入れると、グラデーションの開始点と終了点に設定した色が入れ替わります。
ディザ
チェックマークを入れると、グラデーションにノイズを追加して、縞状の階調を最小限に抑えるディザ処理が適用されます。
透明部分
チェックマークを入れると、透明部分が設定されているグラデーションの透明部分を有効にします。
グラデーションを描画する
ドキュメント内で、グラデーションの「開始点」をクリックホールドします。グラデーションの方向にドラッグし、「終了点」でマウスボタンを離します。ドラッグした線の方向にグラデーションが描画されました。
グラデーションを描画する
グラデーションを描画する

カラーバーの開始点と終了点

[グラデーションツール]は、ドラッグを始める「開始点」、ドラッグを終える「終了点」の2点間で、設定したカラーのさまざまなグラデーションが描けます。カラーバーは、左側が開始点、右側が終了点です。このことをよく覚えておきましょう。
カラーバーの表示(開始点と終了点)
開始点から終了点までがグラデーション範囲
開始点から終了点までがグラデーション範囲
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

5つのサブツール

[グラデーションツール]には、グラデーションの形を選択できる「5つのサブツール」があります。グラデーションを描く前に、いずれかの項目を選択します。

線形グラデーション

直線の階調を作成します。ドラッグした開始点から終了点までの長さでグラデーションが適用されます。ドラッグの範囲外は、開始点、終了点、それぞれの色で塗りつぶされます。
線形グラデーション(直線の階調を作成)

円形グラデーション

放射状の階調を作成します。ドラッグした開始点から終了点を半径とする放射状のグラデーションが適用されます。円の外側は、終了点の色で塗りつぶされます。
円形グラデーション(放射状の階調を作成)

円錐形グラデーション

回転する階調を作成します。ドラッグした線を1辺とし、開始点を中心に一周するグラデーションが適用されます。開始点と終了点を結ぶ角度がグラデーションの開始辺になります。
円錐形グラデーション(回転する階調を作成)

反射形グラデーション

直線の階調を対称的に作成します。ドラッグした開始点から終了点が対称となるグラデーションが適用されます。
反射形グラデーション(直線の階調を対称的に作成)

菱形グラデーション

直線の階調を4方向に作成します。ドラッグした開始点から終了点を対角線とする矩形のグラデーションが適用されます。矩形の外側は、終了点の色で塗りつぶされます。
菱形グラデーション(直線の階調を4方向に作成)
[グラデーションツール]だけじゃない!
5つのサブツールは、[グラデーションツール]だけではなく、その他のグラデーション機能にもあります。塗りつぶしレイヤー、グラデーションマップ、レイヤースタイルの[グラデーションオーバーレイ]、[境界線]では、[スタイル]という設定項目で選択します。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

その他のグラデーション機能

「非破壊編集」を可能とする塗りつぶしレイヤーやレイヤースタイルなど、グラデーションに関する機能はたくさんあります。用途に応じたグラデーションの作成方法を選ぶため、グラデーションに関する機能の概要を知っておきましょう。

塗りつぶしレイヤー[グラデーション]

グラデーションを自在にコントロールできる[グラデーションで塗りつぶし]ダイアログを持ち、レイヤー機能に含まれる描画モードをはじめ、レイヤーマスクやクリッピングマスク、レイヤースタイルなどが利用できます。
塗りつぶしレイヤー[グラデーション]
[グラデーションで塗りつぶし]ダイアログ
[グラデーションで塗りつぶし]ダイアログ

調整レイヤー[グラデーションマップ]

画像の階調(グレースケール)に応じて、色が付けられる機能で、詳細な色の指定は、[グラデーションエディター]で行います。
調整レイヤー[グラデーションマップ]

レイヤースタイル[グラデーションオーバーレイ]

レイヤーオブジェクトに対して、グラデーションの塗りつぶしが適用できます。グラデーションの設定カラーに加え、描画モードや不透明度が適用でき、グラデーションのすべての機能を自在にコントロールできます。
レイヤースタイル[グラデーションオーバーレイ]
[レイヤースタイル]ダイアログ

レイヤースタイル[境界線]

オブジェクトの境界線に沿った放射状のグラデーション、[シェイプバースト]を適用できるのが大きな特徴です。
レイヤースタイル[境界線]
[レイヤースタイル]ダイアログ

レイヤースタイル[光彩(外側)]

オブジェクトの輪郭に沿った、放射状のグラデーションが適用できます。グラデーション範囲は、[エレメント]セクションの設定が優先され、グラデーションの設定カラーや、不透明度は若干異なります。[光彩(内側)]も同様の効果が設定できます。
レイヤースタイル[光彩(外側)]
[レイヤースタイル]ダイアログ
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

エディターの設定

オプションバーで、現在のグラデーションが表示されているカラーバーをクリックすると、新規グラデーションの作成や編集が行える[グラデーションエディター]が開きます。主な[グラデーションエディター]の設定方法をご紹介しましょう。
[グラデーションエディター]ダイアログ
[グラデーションエディター]ダイアログ
プリセット
あらかじめ設定されたグラデーションが選べます。プリセットの[読み込み]や[保存]、新しく設定したグラデーションを[新規グラデーション]に追加することができます。初期設定は、[描画色から背景色へ]です。
現在の描画色が反映される!
プリセット[描画色から背景色へ]、[描画色から透明に]は、現在設定されている描画色、背景色が反映されるので、必ずしも「黒色から白色」、または「黒色から透明」に設定されているわけではありません。たとえば、描画色が白色に設定されている場合は、プリセットのプレビューやカラーバーの設定も反映されます。
グラデーションツールでは、「黒色から白色」、または「黒色から透明」の使用頻度が高いので、設定をリセットする意味で、プリセット「黒、白」を選択する時短方法もあります。
カラーバー
カラーバーには、現在設定されているグラデーションが表示されます。左端がグラデーションの開始点で、右端がグラデーションの終了点です。これは、[グラデーションツール]の、ドラッグを始める「開始点」、ドラッグを終える「終了点」として反映されます。
方向を入れ替える!
オプションバーで、[逆方向]にチェックマークを入れると、開始点と終了点が入れ替わります。ただし、[逆方向]が設定中であっても、[グラデーションエディター]のカラーバーは変更されません。
カラー分岐点
クリックして選択し、その部分のカラーを設定することができます。[カラー分岐点]をダブルクリックすると、[カラーピッカー]ダイアログが開きます。[カラー分岐点]の表示は、現在の状態によって異なります。
カラー分岐点
サンプルカラーを設定!
カラー分岐点のカラーは、[スウォッチ]パネルのカラーチップから選択する方法や、[カラー]パネルのカラーランプなどからのサンプリングで、ダイレクトに設定する方法もあります。
不透明度の分岐点
クリックして選択し、その部分の不透明度を設定することができます。たとえば、プリセットの「描画色から透明に」は、開始点が[不透明度:100%]、終了点が[不透明度:0%]に設定されています。
不透明度の分岐点
透明部分の見分け方!
透明部分が設定されているカラーバーは、グレーのグリッドで表示されます。[不透明度の分岐点]の表示は、現在の状態によって異なります。

カラー分岐点を追加する

カラーバーの下辺をクリックし、[カラー分岐点]を追加します。[位置]では、カラーバーの長さを100%とし、選択された[カラー分岐点]の位置を表示します。[カラー分岐点]はいくつでも作成できます。
カラーバーの下辺をクリックして[カラー分岐点]を追加
カラーバーの下辺をクリックして[カラー分岐点]を追加

カラー分岐点を削除する

2カ所以上の[カラー分岐点]や[不透明度の分岐点]は削除することができます。削除したい分岐点をカラーバーから引き離すように、下、または上方向へドラッグします。
[カラー分岐点]を下方へドラッグして削除
[カラー分岐点]を下方へドラッグして削除

カラーを設定する

[カラー分岐点]をクリックして選択します。[スウォッチ]パネルなどから、任意のカラーをクリックします。カラーピッカーを表示する場合は、カラー分岐点をダブルクリック、または[選択した分岐点のカラーを変更]をクリックします。追加、または選択した[カラー分岐点]の色が、カラーバーに設定されたことを確認してください。
[カラー分岐点]を下方へドラッグして削除
[スウォッチ]パネルでカラーをクリック
[カラー分岐点]を確認
[カラー分岐点]を確認
カラーピッカーを表示させるには
カラーピッカーを表示させて詳細なカラーを設定したい場合は、[選択した分岐点のカラーを変更]のカラーボックスをクリックします。または選択した[カラー分岐点]をダブルクリックします。
[選択した分岐点のカラーを変更]をクリック
[選択した分岐点のカラーを変更]をクリック
同様にして、[カラー分岐点]を追加し、カラーを設定します。
[カラー分岐点]を追加してカラーを設定
[カラー分岐点]を追加してカラーを設定

カラー分岐点の位置を調整する

[カラー分岐点]を左右にドラッグすると、[位置]を微調整することができます。ボックス内に直接、数値を入力することもできます。
[カラー分岐点]を左右にドラッグ
[カラー分岐点]を左右にドラッグ
中間点の調整もできる!
[カラー分岐点]の間にあるダイヤマークは、2色の[中間点]を示します。初期値は50%ですが、ドラッグして変更できます。
[中間点]を左右にドラッグ
[中間点]を左右にドラッグ

グラデーションを保存する

作成したグラデーションを他のドキュメントで使用したい場合は、[新規グラデーション]をクリックするとプリセットに追加されます。グラデーション名をつけることもでき、入力しない場合は「カスタム」となります。
[新規グラデーション]をクリック
[新規グラデーション]をクリック
[グラデーション名]が入力できたら、[新規グラデーション]をクリックします。現在のグラデーションが、プリセットに追加されました。プリセットに追加されたグラデーションは、[プリセットマネージャー]で管理できます。
これらの操作は、現在のグラデーションを適用する操作と、直接的な関係はありません。設定例では、グラデーションの保存は行いません。

グラデーションを初期化する

プリセットに追加したグラデーションや、読み込んだプリセットを初期設定に戻したい場合は、歯車アイコンをクリックして、メニューから[グラデーションを初期化]を選択します。
[グラデーションを初期化]を選択
[グラデーションを初期化]を選択
すると「現在のグラデーションを初期設定のグラデーションで置き換えますか?」という警告アラートが表示されます。現在のプリセットに初期設定のプリセットを追加する場合は[追加]、現在のプリセットを削除し、初期設定のプリセットに置き換える場合は、[OK]をクリックします。
警告アラートで[OK]をクリック
警告アラートで[OK]をクリック
初期設定のプリセットに置き換える場合は、「置き換える前に、現在のグラデーションへの変更を保存しますか?」という警告アラートが表示されます。現在のプリセットを保存する場合は[保存]、現在のプリセットを削除する場合は、[保存しない]をクリックします。
警告アラートで[OK]をクリック
警告アラートで[保存しない]をクリック
これらの操作は、現在のグラデーションを適用する操作と、直接的な関係はありません。設定例では、グラデーションの保存は行いません。

グラデーションを適用する

カラーが設定されたことを確認し、[OK]をクリックします。
[OK]をクリック
[OK]をクリック
オプションバーの現在のグラデーションが、[グラデーションエディター]で設定したグラデーションに変更されました。
オプションバーでグラデーションを確認
オプションバーでグラデーションを確認
ドキュメントをドラッグすると、設定したグラデーションが適用されます。
ドキュメントをドラッグ
ドキュメントをドラッグ

グラデーションの活用

簡単な図形のドキュメントを使用して、グラデーションの活用方法をご紹介しましょう。グラデーションは、平面的なオブジェクトに立体的な陰影を作り出すこともできます。背景や境界線の効果など、それぞれの役割に適した方法で、グラデーションを作成しましょう。
[グラデーションエディター]ダイアログ

塗りつぶしレイヤーの操作方法

オブジェクトの背景や、グラデーションで塗りつぶしたい場合は、[グラデーション]塗りつぶしレイヤーが適しています。作成するグラデーションは、[グラデーションで塗りつぶし]ダイアログで一括して管理できるので、カラーやカラー分岐点の位置などを詳細に設定することができます。
背景を選択する
[レイヤー]パネルで、[楕円形 1]を非表示にして、[背景]を選択します。
[レイヤー]パネルで[背景]を選択
[レイヤー]パネルで[背景]を選択
塗りつぶしレイヤーを作成する
[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[グラデーション]を選択し、[グラデーション 1]を作成します。すると、[グラデーションで塗りつぶし]ダイアログが開きます。
[グラデーション 1]を作成
[グラデーション 1]を作成
[グラデーションで塗りつぶし]ダイアログ
[グラデーションで塗りつぶし]ダイアログ
グラデーション
グラデーションを編集したい場合は、カラーバーをクリックして、[グラデーションエディター]を表示します。
スタイル
[線形]、[円形]、[角度]、[反射]、[菱形]の中から、グラデーションの形が選択できます。オプションバーのサブツールとは違い、グラデーションを作成した後にも、他のスタイルに変更することができます。
角度
カラーバーの左側がグラデーションの開始点、右側が終了点です。ドキュメントに適用されたグラデーションは、下側が開始点、上側が終了点です。これは、[角度]の設定値によるもので、初期設定では「90」°に設定されています。設定値を変更すると、グラデーションの角度が変わります。
グラデーションの角度を設定
比率
[比率]は、グラデーションの大きさを変えられます。カラーバーの幅がそのまま、ドキュメントの大きさに適用されるので、たとえば、「200」%なら、グラデーションの大きさは2倍になり、カラーバーの幅の1/2が適用領域になります。
逆方向
[逆方向]にチェックマークを入れると、グラデーションの開始点と終了点が入れ替わります。
ディザ
[ディザ]にチェックマークを入れると、グラデーションの階調が段階的な縞状になってしまう現象「バウンディング」を防げます。
ディザの無効と有効の違い
選択範囲内で作成
[選択範囲内で作成]にチェックマークを入れると、レイヤーマスクやベクトルマスクの表示領域に合わせ、グラデーションの階調が展開されます。
整列の初期化
クリックすると、グラデーションの開始点と終了点を初期設定の位置に戻すことができます。
プリセットを選択する
[グラデーションで塗りつぶし]ダイアログで、[クリックでグラデーションピッカーを開く]をクリックすると、現在、Photoshopに保存されているグラデーションのプリセットが表示されます。その中から[クロム]を選択します。
プリセット[クロム]を選択
プリセット[クロム]を選択
[グラデーション]に、プリセットの[クロム]が設定されました。
ドキュメントでグラデーションを確認
ドキュメントでグラデーションを確認
カラーバーと方向の関係
カラーバーの左側がグラデーションの開始点、右側が終了点です。ドキュメントに適用されたグラデーションは、下側が開始点、上側が終了点です。これは[角度]の設定値によるもので、初期設定では「90」°に設定されています。
水平線の位置を変更する
[グラデーションで塗りつぶし]ダイアログで、[クリックでグラデーションの編集]をクリックし、[グラデーションエディター]を表示します。カラー分岐点を操作して、画面を分割する水平線の位置を変更できたら、[OK]をクリックして、[グラデーションエディター]を閉じます。
[クリックでグラデーションの編集]をクリック
[クリックでグラデーションの編集]をクリック
[グラデーションエディター]を表示
[グラデーションエディター]を表示
カラー分岐点の位置を変更
カラー分岐点の位置を変更
グラデーションを適用する
[グラデーションで塗りつぶし]ダイアログで、[ディザ]にチェックマークを入れて、[OK]をクリックします。[グラデーション]塗りつぶしレイヤーによるグラデーションが適用できました。
水平線の位置が変更できた
水平線の位置が変更できた
[ディザ]にチェックマークを入れる
[ディザ]にチェックマークを入れる

レイヤースタイルの操作方法

レイヤーオブジェクトにグラデーションを描画したい場合は、レイヤースタイルの[グラデーションオーバーレイ]が適しています。オブジェクトの領域を塗りつぶすだけではなく、境界線やエッジの効果も追加できるので、詳細な質感の表現も可能になります。
オブジェクトを選択する
[レイヤー]パネルで、[楕円形 1]を表示して選択します。
[楕円形 1]を選択
[楕円形 1]を選択
レイヤーオブジェクト[楕円形 1]が表示されました。
オブジェクトを表示して選択
オブジェクトを表示して選択
レイヤースタイルを追加する
[レイヤー]パネルで、[レイヤースタイルを追加]をクリックし、メニューから[グラデーションオーバーレイ]を選択します。すると、[レイヤースタイル]ダイアログが開きます。
[グラデーションオーバーレイ]を作成
[グラデーションオーバーレイ]を作成
[レイヤースタイル]ダイアログ
[レイヤースタイル]ダイアログ
グラデーションの設定を行う
[ディザ]、[逆方向]にチェックマークを入れ、[スタイル]に[円形]を選択します。[グラデーションオーバーレイ]の設定項目は、[グラデーションで塗りつぶし]ダイアログとほぼ同じです。
レイヤースタイル[グラデーションオーバーレイ]の設定
レイヤースタイル[グラデーションオーバーレイ]の設定
[シェイプ内で作成]にチェックマークを入れると、レイヤーオブジェクトの領域に合わせ、グラデーションの階調が展開されます。
中間調にカラーを設定する
立体的な陰影をつくるグラデーションは、黒色から白色をベースにして、中間調だけにカラーを設定することがコツです。これは、どんな色の立体物でも、最も暗い部分が黒色で最も明るい部分が白色であるからです。中間調にカラーを設定すると、グラデーションのカラーバーは、開始点と終了点だけに無彩色を残し、全体は有彩色の階調をつくり出します。
[位置:50%]に有彩色を設定
[位置:50%]に有彩色を設定
オブジェクトにグラデーションの基本設定ができました。
[グラデーション]や[スタイル]などを設定
グラデーションの大きさを変更する
[比率]に「150」%を設定します。すると、オブジェクト内で、グラデーションの大きさを拡大できます。中心点を基準として拡大されるので、グラデーションの開始点と終了点は、オブジェクトの領域からはみ出します。
[比率]に「150」%を設定
[比率]に「150」%を設定
グラデーションの位置を変更する
[レイヤースタイル]ダイアログを表示させたまま、マウスカーソルをドキュメント上に置くと、[移動ツール]の表示に変わります。これは、グラデーションの適用領域が、移動できることを示しています。ドラッグすると、オブジェクト内のグラデーションが自由に移動できます。
グラデーションの位置を変更する
境界線にグラデーションを作成する
[レイヤースタイル]ダイアログで、[レイヤー効果]メニューから、[光彩(外側)]をクリックします。すると[光彩(外側)]の設定項目が表示されます。
[光彩(外側)]をクリック
[光彩(外側)]をクリック
[光彩(外側)]は、オブジェクトの境界線に沿った放射状のグラデーションが適用できます。
[構造]の[不透明度]に「50」%を設定し、[クリックでグラデーションを編集]をクリック、[グラデーションエディター]で、黄色から赤色に溶け込むグラデーションを作成します。[エレメント]の[テクニック]に[詳細]を選択します。[サイズ]に「40」px を設定します。
レイヤースタイル[光彩(外側)]を設定
レイヤースタイル[光彩(外側)]を設定
背景に溶け込むグラデーション!
不透明度の分岐点を設定すると、グラデーションの一部が透明になります。設定例では、黄色から赤色に変わるグラデーションをベースに、[位置:0%][不透明度:100%]、[位置:100%][不透明度:0%]を設定し、オブジェクトの境界線を開始点とする放射状のグラデーションを背景に溶け込ませています。
終了点に[不透明度:0%]を設定
終了点に[不透明度:0%]を設定
[グラデーションエディター]ダイアログで、[OK]をクリックします。背景やオブジェクトに、再編集可能なグラデーションが適用できました。
再編集可能なグラデーションが適用できた
再編集可能なグラデーションが適用できた

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です