基本がわかる!描画色と背景色

基本がわかる!描画色と背景色【5】スポイトツールの使い方

【Photoshop基本操作】[スポイトツール]の操作方法は極めてシンプルです。描画色や背景色に設定したいカラーを、ドキュメント内から探して直接クリックするだけです。ペイント系ツールを選択しているときにもショートカットキーで併用できたり、[カラーピッカー]ダイアログを開くと、自動的に[スポイトツール]に切り替わるなど、使用頻度が高いツールのひとつです。


隣接するピクセルは微妙に違う?
[スポイトツール]の対象となるピクセルは、非常に小さいものです。同じ箇所をサンプリングしたつもりでも、それが複雑な階調を持つ画像なら、カラーの情報が微妙に違っているかも知れません。たとえば、ノイズが発生している画像だと、サンプリングした箇所が1ピクセル隣でも、全く違う結果になってしまうこともあります。[スポイトツール]でサンプリングする場合は、なるべく表示をズームインして、正確なピクセルを選択するようにしましょう。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
            
スポイトツールの使い方
[スポイトツール]は、画像から特定の色を採取する場合に用います。クリックした箇所のカラーは、描画色、または背景色に設定することができ、[カラーピッカー]ダイアログの表示中は、[新しい色]に設定することができます。ここでは、ドキュメントからカラーを採取してみましょう。
スポイトツールを選択する
[ツール]パネルから、[スポイトツール]を選択します。オプションバーで、[サンプル範囲]に[指定したピクセル]、[サンプル]に[すべてのレイヤー]を選択します。
スポイトツール
スポイトツール
オプションバー
オプションバー
初期設定はひとつのピクセル!
オプションバーの[サンプル範囲]は、これからサンプリングしたいカラーの範囲を設定するもので、たとえば初期設定の[指定したピクセル]なら、クリックした1ピクセルの正確なカラーがサンプリングされ、[31 ピクセル四方の平均]なら、半径31ピクセル内のカラーの平均値がサンプリングされます。
[サンプル]は、ドキュメントにレイヤーが含まれている場合、現在のレイヤーだけを対象にするのか、それとも、すべてのレイヤーを対象にするのかを選べる設定項目です。
ドキュメントからサンプリングする
ドキュメントを開き、描画色に設定したい箇所をクリックします。
ドキュメントをクリック
ドキュメントをクリック
サンプリングするカラーを背景色にしたい場合は、[option(Alt)]キーを押しながらクリックします。
描画色を確認する
[ツール]パネルで、描画色のカラーボックスが、サンプリングしたカラーに変更されていることを確認します。
描画色を確認
描画色を確認
Webブラウザから色を採取する?
色のサンプリングを行う[スポイトツール]の使用範囲は、Photoshop の画像ウィンドウ内に限られていると思われがちですが、実は、パソコンのデスクトップ画面のすべての領域から、色を採取する裏技があるのです。方法はカンタン! まず、ドキュメント内の適当な箇所をクリックホールドし、そのままドキュメントの外へドラッグするだけです。
ディスクトップ内をドラッグすると、[ツール]パネルの描画色に、現在のマウスポインタの位置のカラーが目まぐるしく表示されます。この操作を覚えておくと、Web ページの色もすばやくサンプリングできます。
            

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です