基本がわかる!描画色と背景色

基本がわかる!描画色と背景色【3】カラーパネルの使い方

【Photoshop基本操作】[カラー]パネルは、スライダー調整で色を指定することが特徴です。初期設定では「RGB スライダー」が表示され、クリックで色を選択するカラーランプは「CMYK スペクトル」が表示されています。HSB、CMYK、Web などのカラーモデルを選択することができます。


カラーランプですばやく設定する!
初期設定の画面の右上にいつも表示されているパネル。[カラー]パネルはその配置から見ても、Photoshop の重要なポジションにあることが伺えます。パネル下部にある細長いカラーバー、これは[カラーランプ]と呼ばれるものですが、パレットに絵筆をつける感覚で、描画色を直感的に設定できます。
            

カラーパネルの使い方

[カラー]パネルの操作は、スライダーをドラッグする直感的な操作より、サンプリングや数値入力によって決定、または微調整される場合が多いです。たとえば、「RGB スライダー」が選択されている状態では、RGB の階調レベルによる設定値が要求されるので、およそのカラーをカラーランプでクリックし、テキストボックスで数値を整えるような手順です。
[カラー]パネル
[カラー]パネル
描画色と背景色
[ツール]パネルの描画色と背景色に連動して、設定した色が表示されます。クリックすると[カラーピッカー]ダイアログが表示されます。
スライダー
調整点をドラッグすると、ボックスに数値が表示されます。パネルメニューから6つのカラーモデルを選択できます。
数値ボックス
スライダー調整された数値が表示されます。ボックスに直接、数値を入力することもできます。
カラーランプ
各カラーモデルの色を分布しています。クリックすると、その個所の色が設定されます。

カラーモデルの選択

カラーモデルとは、色を数値で形式化したものです。用途に応じてさまざまな種類があり、グラフィックデザインでは、RGB と CMYK が多く用いられています。カラーモデルの選択は、現在、作業中のドキュメントに対して、適切なものを設定することが基本です。
現在のカラーモデルを切り替える
初期設定には「RGB スライダー」が選択されています。[カラー]パネルの右上にあるアイコンをクリックホールドすると、図のようなパネルメニューが表示されます。メニュー上段の各スライダーから、切り替えたいカラーモデルを選択します。
カラーモデルを切り替える
ここでは、カラーモデルに[CMYK スライダー]を選択しました。
カラーの設定を行う
カラーモデルを選択すると、[カラー]パネルのスライダーの項目が切り替わります。スライダー、またはテキストボックスに数値を入力して、それぞれのカラーモデルに応じた設定を行います。
カラーの設定を行う
カラーの設定を行う
[スポイトツール]で、カラーを採取することもできます。

カラーの16進コードをコピー

たとえば「065ca8」のようなカラーの16進コードがテキストデータとしてコピーされます。コピーされた16進コードは、一時的にクリップボードに保存され、入力ボックスやテキストエディターなどにペーストすることができます。
カラーの16進コードをコピー

カラーをHTMLコードとしてコピー

たとえば「color="#065ca8"」のような HTML コードがテキストデータとしてコピーされます。任意の HTML 書類にペーストします。

Web カラースライダー

16進数のRGB値で指定するスライダーが表示されます。

カラーランプの選択

[RGB スペクトル]、[CMYK スペクトル]、[グレーバランス]の3つのカラーモデルと「現在のカラー」のカラーランプが用意されています。

Web セーフカラーのランプを作成

Web セーフカラー216色のみのカラーランプが表示されます。

COLUMN
カラーランプをすばやく変更する!
マウスカーソルをカラーランプに置くと、色が選択できる[スポイトツール]に変わります。[shift]キーを押すと、通常の矢印のカーソル(ポインタ)に変わり、そのままクリックすると、カラーランプが変更されます。
マウスカーソルを置く→[shift]+クリック
[shift]キーを押しながらクリックを繰り返すと、「RGB スペクトル」→「CMYK スペクトル」→「グレーバランス」→「現在のカラー」の順でカラーランプが変更されます。目的のカラーランプが表示されたら、[shift]キーを離し、任意の色をクリックします。
カラーランプをメニュー順に続けて変更
カラーランプをメニュー順に続けて変更
続きは↓下の番号をクリック!
            
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

この記事を書いた人

古岡 ひふみ
グラフィックデザイナー。商業広告等の制作会社を経て1988年よりフリー。大阪府箕面市在住。公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です