基本がわかる!描画色と背景色

基本がわかる!描画色と背景色【1】色の確認と変更方法

【Photoshop基本操作】描画色とは、面を塗りつぶしたり、線を描いたりする「指定色」のことで、背景色とは、面で消去したり、線で消去したりする「指定色」のことをいいます。これらの指定色は、さまざまなツールやパネルで設定することができます。


消す色が背景色!
背景色は「下地色」として設定する色ですが、実は[消しゴムツール]の「描画色」でもあるのです。透明ピクセルを持たない[背景]では、このような「塗って消す」動作が行われていて、背景色の設定を見落としていると、あるとき、選択範囲内の画像を消去したら、とんでもない色が現れた…という失敗もあります。描画色と同様、背景色の設定も確認する習慣をつけましょう。
            

色の確認と変更方法

[ツール]パネルの下にある重なった2つの正方形は、描画色(左上)と背景色(右下)を示し、それぞれのボックス内をクリックして[カラーピッカー]ダイアログを表示させます。Photoshopの初期設定では、描画色に[ブラック]、背景色に[ホワイト]が設定されています。
描画色と背景色のカラーボックス
描画色と背景色のカラーボックス

描画色と背景色を初期設定に戻す

クリックすると、描画色と背景色を初期設定(黒と白)に戻ります。
描画色と背景色を初期設定に戻す

描画色と背景色を入れ替え

クリックすると、描画色と背景色が入れ替わります。
描画色と背景色を入れ替え
選択レイヤーによる表示の違い
背景、または描画レイヤーの選択時は、描画色に[ブラック]、背景色に[ホワイト]が設定されています。(初期設定)
描画レイヤーの選択時
描画レイヤー選択時
調整レイヤーなどレイヤーマスクの選択時は、背景色に[ホワイト]、描画色に[ブラック]が設定されています。(初期設定)
レイヤーマスクの選択時
レイヤーマスク選択時

描画色を設定

クリックすると、[カラーピッカー]ダイアログが表示され、描画色の設定が行えます。
描画色を設定

背景色を設定

クリックすると、[カラーピッカー]ダイアログが表示され、背景色の設定が行えます。
背景色を設定
スポイトツールでカラーを設定する
[ツール]パネルから、[スポイトツール]を選択、または[option(Alt)]キーを押しながら、ドキュメント内をクリックすると、クリックした箇所のカラーが描画色、または背景色に設定できます。

COLUMN
背景色って関係あるの?
背景色は、一部の描画系のフィルターを除き、レイヤー上で反映されることは少ないですが、[背景]では、[消しゴムツール]や選択範囲の消去などを行った場合に、カンバスカラー([新規]ダイアログで設定する下地色)ではなく、背景色が適用されます。背景色は通常、カンバスカラー([新規]ダイアログで設定する下地色)と同じ色を設定します。
続きは↓下の番号をクリック!
            
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

この記事を書いた人

古岡 ひふみ
グラフィックデザイナー。商業広告等の制作会社を経て1988年よりフリー。大阪府箕面市在住。公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です