【画像のフィット】一括リサイズを画像の長辺で統一する

【画像のフィット】一括リサイズを画像の長辺で統一する【3】

【Photoshop基本操作】バッチ処理とは、一括した処理を繰り返し行っていくものです。一連の操作を記録したアクションを、複数のファイルに実行させるときに用います。大別した設定は、実行 / ソース / 実行後で、[実行]にはアクション、[ソース]には開いて処理するフォルダー、[実行後]には保存して閉じるフォルダーを設定します。


[バッチ]で大量の処理をこなす!
複数のファイルにアクションを適用したい場合は、[バッチ]コマンドを活用します。フォルダー単位で画像を開き、アクションを再生して、指定のフォルダーに保存する。このような自動処理が簡単にできるのです。おまけにファイルの名前も変えられるので、面倒な操作はぜんぶ Photoshop にまかせましょう。
1   2   3   3   3
バッチ処理を設定する
[ファイル]メニューから、[自動処理]→[バッチ]を選択し、[バッチ]ダイアログを表示します。
[バッチ]ダイアログ
[バッチ]ダイアログ
[バッチ]ダイアログで、[実行]の[セット]に[アクションの練習]、[アクション]に[画像のフィット(256×256)]を選択します。
実行するアクションセットとアクションを選択
実行するアクションセットとアクションを選択
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
ソースフォルダーを選択する
[実行]の[アクション]に[画像のフィット(256×256)]が設定できたら、次は自動処理を行うソースフォルダーを選択します。
[バッチ]ダイアログ
[バッチ]ダイアログ
[バッチ]ダイアログで、[ソース]に[フォルダー]を選択し、[選択]をクリックします。
[選択]をクリック
[選択]をクリック
一括リサイズするフォルダーを選択し、[選択]をクリックします。
自動処理を行うソースフォルダーを選択
自動処理を行うソースフォルダーを選択
続きは↓下の番号をクリック!
1   2   3   3   3

スポンサード リンク