【画像のフィット】一括リサイズを画像の長辺で統一する

【画像のフィット】一括リサイズを画像の長辺で統一する【1】

【Photoshop基本操作】デジカメで撮影した画像ファイルを自動的にリサイズしたい場合、問題となることは、縦位置と横位置で撮影された画像が混在している点です。縦横どちらかの長辺を指定した大きさに一括変換できる[画像のフィット]を使用すれば、すべての画像が統一した大きさにリサイズできます。


これを知らなきゃ損をする!
[画像のフィット]は、縦横いずれかの長辺を自動的に判断してくれるので、さまざまなサイズが混在する大量の画像データであっても、あっという間に処理できます。画像のリサイズといえば、一般的には[画像解像度]を思い浮かべますが、[画像のフィット]という選択肢を加えると、自動化の可能性もずいぶん広がることでしょう。
1   2   3   3   3

サムネール画像の作成を自動化する

これから行う[画像のフィット]を利用した自動処理は、大きさが異なる複数の画像から、Web 用のサムネール画像を作成するときに便利です。作例で選択する実行フォルダーには、縦位置と横位置の画像が混在し、それぞれの大きさも縦横比も違います。
実行フォルダー(元画像データ)
実行フォルダー(元画像データ)
サムネール画像の見た目を揃えるには、縦横いずれかの長辺サイズを統一します。たとえば、横位置の画像の長辺が 3072 pixel、縦位置の画像の長辺が 4288 pixel という違ったサイズでも、それぞれの長辺を同じサイズに自動処理します。
横位置の画像の長辺が3072 pixel
縦位置の画像の長辺が4288 pixel
アイコン表示と同じような処理
画像データのアイコン表示では、画像サイズが異なっていても、定められた領域内(正方形)で長辺が統一されています。これと同じような Web 用のサムネール画像を作成する自動処理だと考えてください。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
アクションを記録する
アクションを作成するための画像を開きます。[ウィンドウ]メニューから、[アクション]を選択します。すると、[アクション]パネルが表示されます。
[アクション]パネルを表示
[アクション]パネルを表示
[アクション]パネルで、任意のアクションセットを選択し、[新規アクションを作成]をクリックします。
[新規アクションを作成]をクリック
[新規アクションを作成]をクリック
[新規アクション]ダイアログで、[アクション名]に任意の名前を入力します。ここでは、「画像のフィット(256×256)」というアクション名を入力しました。[アクション名]が入力できたら、[記録]をクリックします。
任意の名前を入力して[記録]をクリック
任意の名前を入力して[記録]をクリック
アクション作成用の画像は、オリジナルを複製したものを使用しましょう。
続きは↓下の番号をクリック!
1   2   3   3   3

スポンサード リンク