【ドロップレット】ドラッグ&ドロップでアクションを再生する

【ドロップレット】ドラッグ&ドロップでアクションを再生する【2】

【Photoshop基本操作】[ドロップレット]の保存場所を選択し、実行するアクションを選択します。[ドロップレット]に適したアクションは、単体画像に適用できるものです。たとえば、画像を開くと同時にサイズを変更したり、複雑なフィルターの適用などに用いると、大幅な作業の効率化が図れます。


設定前にアクションを作成しておく!
[ドロップレット]は、実行するアクションを選択して、バッチ処理を加えてドラッグ&ドロップを可能にするものです。[開く]と[保存]の間の作業は、[アクション]パネルに保存しているアクションが行うので、これがないと動作しません。[ドロップレット]を設定する前に、ドロップレットがうまく機能するアクションを作成しておきましょう。
1   2   3   3   3
アクションを選択する
[ドロップレットを作成]ダイアログで、[実行]の[セット]から、任意のアクションセットを選択し、[アクション]から、任意のアクションを選択します。
任意のアクションを選択
任意のアクションを選択
ここでは、「アクションの練習」というセットと、「800×800フィット白黒」というアクションを選択しました。
[ドロップレットを作成]ダイアログ(部分)
[ドロップレットを作成]ダイアログ(部分)
アクションを準備しておく!
[ドロップレット]にするアクションは、[アクション]パネルに保存されているアクションに限ります。[ドロップレット]にしたいアクションがない場合は、[ドロップレット]を設定する前に作成しておきましょう。
続きは↓下の番号をクリック!
1   2   3   3   3

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です