【レタッチ】広角撮影のゆがみをまっすぐに補正する【レンズ補正】

【レタッチ】広角撮影のゆがみをまっすぐに補正する【レンズ補正】

【Photoshop基本操作】画像の歪みは広角レンズで撮影した場合に多く現れます。水平と垂直が定まっていないこともあるので、傾きだけの補正でトリミングすることは難しいです。[レンズ補正]を使用すると、遠近の収束と歪みが同時に設定できます。一度の操作で補正から切り抜きまでを実行しましょう。


ゆがみからのパースペクティブ!
気になるパースから直したい! と思うのは心情ですが、そこをグッとこらえて、まず、広角レンズ特有の膨らんだ歪みを補正しましょう。たとえば、対象の画像が大きく傾いていたり、水平や垂直の基準がわかりにくい場合などは、行き過ぎたパースを設定してしまいがちになるからです。
[レンズ補正]では、[歪曲収差]が膨らんだ歪みをコントロールするところです。歪みを十分に整えてから、控えめなパース修正を心がけておくと、自然な仕上がりが期待できるし、作業効率も向上します。
遠近の収束と歪みを補正
これから行う操作は、画像の歪みを補正して切り抜く方法です。広角レンズ特有の膨らんだ歪みは構造的なもので、画角が広くなればなるほど歪曲収差は大きくなります。しかし、遠近で収束する現象は、どんな場合にでも起こることなので、これらを切り離して考える方が得策です。[レンズ補正]で歪みと遠近の収束を修正しましょう。
元画像→広角撮影のゆがみをまっすぐに修正する
スマートオブジェクトに変換する
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅:1280 pixel]、[高さ:853 pixel] 、[解像度:72 pixel/inch]、[モード:RGBカラー]を使用しています。[レンズ補正]は画像の変形によって補正する機能なので、適用後の画質は劣化します。作例では、低解像度の画像を使用していますが、対象画像はなるべく高解像度の方が適しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
[フィルター]メニューから、[スマートフィルター用に変換]を適用します。
警告アラート
警告アラート
[レイヤー]パネルで、スマートオブジェクトに変換されたことを確認します。レイヤー名は、[背景]から[レイヤー 0]に変更されています。
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトとは?
[スマートフィルター用に変換]を適用すると、選択したレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、適用後のフィルターが再編集できます。[背景]に適用すると、レイヤー名が[レイヤー 0]に変更され、[背景]では設定できなかった[描画モード]や[不透明度]、[位置をロック]などが有効になります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
[レンズ補正]操作パネルを表示する
[フィルター]メニューから、[レンズ補正]を選択します。[レンズ補正]操作パネルで、[グリッドを表示]にチェックマークを入れ、[サイズ]を設定します。[画像を自動的に拡大 / 縮小]にチェックマークを入れます。
[レンズ補正]操作パネルを表示
[レンズ補正]操作パネルを表示
[グリッドを表示]にチェックマークを入れると、プレビューにグリッドが表示されます。グリッドで水平と垂直を確認しながら、各設定を行います。
グリッドの[サイズ]を設定
グリッドの[サイズ]を設定
[画像を自動的に拡大 / 縮小]にチェックマークを入れると、画像の端の足りない部分が自動的にトリミングされます。設定値に応じてプレビューされるので、現在の状態を確認しながら、歪みの補正が行えます。
[画像を自動的に拡大 / 縮小]にチェックマークを入れる
[画像を自動的に拡大 / 縮小]にチェックマークを入れる
画像を自動的に拡大 / 縮小
[レンズ補正]の適用後は、設定に応じた変形が行われます。[画像を自動的に拡大 / 縮小]は、現在のドキュメントサイズから適切な有効領域を計算し、変形したエッジを最小限の大きさでトリミングします。
[画像を自動的に拡大 / 縮小]概念図
あらかじめ、スマートオブジェクトに変換しておくと、ドキュメントサイズからはみ出した変形部分は、編集可能なレイヤーとして保持されます。
プロファイルが含まれている場合は?
素材画像に「レンズプロファイル」が含まれている場合は、[レンズ補正]を適用すると、画像に歪みが生じることもあります。[自動補正]の[補正]セクションにある[歪曲収差]などのチェックマークを外しておいてください。
チェックマークを外す
チェックマークを外す
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
レンズの歪みを補正する
[カスタム]タブをクリックします。[設定]セクションの[歪曲収差]、[ゆがみを補正]に「+5.00」を設定します。
[ゆがみを補正]に「+5.00」を設定
[ゆがみを補正]に「+5.00」を設定
すると、中央から膨張して歪曲していた画像全体が収縮します。対象画像によって、この[歪曲収差]のみの設定で、レンズの歪みが改善される場合があります。
STEP 2→レンズの歪みを補正
歪曲収差とは?
[歪曲収差]とは、レンズの特性で樽型や糸巻型に変形する現象です。広角レンズの場合は、中央が膨張したように変形するので、補正値をプラス側にすると収縮します。補正量は最大が「100」で、百分率による増減の調整が行えます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
遠近の収束を補正する
[変形]セクションの[垂直方向の遠近補正]は、被写体を平面で捉えて下から見上げると、上部が遠近法により小さく見えることを補正します。補正量は最大が「100」で、百分率による増減の調整が行えます。
[垂直方向の遠近補正]に「−20」を設定
[垂直方向の遠近補正]に「−20」を設定
すると、上部に向かって収束していた画像全体が拡散され、垂直方向の傾き(角度)が補正されます。ここでは、グリッドを参考にして、およその傾きが垂直方向になるように設定しました。
STEP 3→垂直方向の傾きが補正された
[変形]セクションの[水平方向の遠近補正]は、被写体を平面で捉えて左右どちらかの方向から見ると、反対方向が遠近法により小さく見えることを補正します。補正量は最大が「100」で、百分率による増減の調整が行えます。
[水平方向の遠近補正]に「+10」を設定
[水平方向の遠近補正]に「+10」を設定
すると、左側に向かって収束していた画像全体が拡散され、水平方向の傾き(角度)が補正されます。ここでは、[垂直方向の遠近補正]の負の設定値に対して、1/2の正の設定値を定義してバランスを取っています。
適用前→水平方向の傾きが補正された
控えめな設定を心がけよう!
遠近で収束する現象は、広角レンズに限らず起こることなので、水平と垂直に合わせた補正を行うと、変形の違和感が出る場合があります。作例では、変形の違和感が出にくい被写体(高層ビル群)を使用しているので、水平と垂直に合わせた補正を暫定的に行いました。
その他を微調整して適用する
[変形]セクションの[角度]は、画像に回転を加えることで平面的な傾き(全体的な角度)を補正します。補正値は360°の角度で行います。[垂直方向の遠近補正]、[水平方向の遠近補正]、[角度]は、それぞれが互いに影響し合うので、まず、予測できる大まかな数値を設定して、最終的に微調整するようにしましょう。
[角度]に「1.00」°を設定
[角度]に「1.00」°を設定
[角度]を設定すると、時計回りの方向に回転して画像全体の角度が補正されます。ここでは、「1.00」°を入力してみた結果、左下がりの印象が改善されたので暫定的な設定としました。
STEP 4→全体的な角度が補正された
暫定値から緩和させる!
[レンズ補正]の設定によって、広角撮影の歪みをまっすぐに補正することは可能ですが、これでは不自然になる場合が多いです。かといって、設定項目を個別に調整していくのも非効率なので、まず、水平と垂直がまっすぐになるように暫定的な設定を行い、それを1/2に緩和させた数値を設定するといった方法を取ります。
暫定値から1/2に緩和させた数値を設定
暫定値から1/2に緩和させた数値を設定
[垂直方向の遠近補正]、[水平方向の遠近補正]、[角度]を微調整して、[OK]をクリックします。
その他を微調整して[OK]をクリック
その他を微調整して[OK]をクリック
画像の歪みを補正して切り抜くことができました。
画像の歪みを補正して切り抜くことができた
画像の歪みを補正して切り抜くことができた
微調整はドラッグで!
[角度]の微調整は、入力ボックス左側の余白を左右にドラッグすると、スライダーと同じような感覚で行えます。他の設定項目にも「隠れスライダー」があるので、好みにより使い分けてください。
余白を左右にドラッグ
余白を左右にドラッグ

スポンサード リンク