基本がわかる!コントラストのつけ方

基本がわかる!コントラストのつけ方【4】トーンバランスの調整

【Photoshop基本操作】トーンバランスとは、最も暗い部分と最も明るい部分の調整を変えずに、その中間調のバランスを変えることで、画像全体を暗い印象にしたり、明るい印象にする調整のことをいいます。トーンバランスの調整は「中間点」で行います。


自動補正をフルに活用する!
トーンバランスの調整は、対象画像により異なるので、操作は「勘」に頼られることが多いです。ようするに、見た目の印象ですね。画像を補正する「動機」は、「明るくしたい」とか、「コントラストを強くしたい」とか、漠然とした印象のものもあれば、作例のように、「スポーツカーの暗い部分のディテールを明瞭にしたい」とか、「ボディの光沢や質感を演出したい」とか、訴求するポイントを重要視するものもあります。
これらの補正で共通するものは、完全な黒色、完全な白色にする調整です。[レベル補正]の[自動補正]は、対象画像に適したシャドウ点、ハイライト点をワンクリックで自動調整できます。後は中間点を微調整するだけで、ほとんどの画像は見違えるように補正できます。このような効率的な操作も、基本的な色調補正の知識があってこそ活かされます。
         

トーンバランスの調整

トーンバランスの調整は、中間点のスライダーを設定します。画像を明るい印象にしたい場合はシャドウ側(左側)へ、暗い印象にしたい場合はハイライト側(右側)へドラッグします。
中間点の設定値は、階調レベルを表すものではなく、「1.00」を基準にした「ガンマ値」で表されます。
中間点をシャドウ側(左側)へドラッグ
中間点をシャドウ側(左側)へドラッグ
中間点をハイライト側(右側)へドラッグ
中間点をハイライト側(右側)へドラッグ
コントラストを高くする場合は、「1.00」から数値を大きくします。作例の場合、スポーツカーの暗い部分の詳細が感じられるところまで明るくします。
中間点の数値を大きくする
中間点の数値を大きくする
補正前(元画像)と補正後の比較
補正前(元画像)と補正後の比較
トーンジャンプに注意!
中間点の数値を大きくすると、ハイライト領域の階調レベルが伸ばされ、シャドウ領域の階調レベルが縮められます。数値が大きくなるほど、トーンジャンプが目立つようになるので注意してください。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】基本がわかる!コントラストのつけ方
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

スポイトツールを使わない理由

スポイトツールの中間点は、クリックした箇所を色味を含まないグレーに調整する、グレーバランスを行うものです。作例の場合、色味を変えたくないので、スポイトツールでの設定は行いません。
スポイトツールの中間点はグレーに調整する
スポイトツールの中間点はグレーに調整する
グレー点とは?
スポイトツールの中間点は[グレー点]といい、クリックしたピクセルのカラー情報(色相と彩度)を破棄し、RGBの数値を統一してグレースケールにするものです。調整はピクセル単位で行われるため、ノイズを含む対象画像では、クリックした箇所により大きく印象が変わる場合があります。[グレー点]の活用は、色かぶりの補正などに使用します。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

自動的に補正を行う方法

ここで、[自動補正]について、少しだけ触れておきましょう。[自動補正]とは、[自動カラー補正オプション]の設定値で、自動的に補正が行われる機能です。作例では、中間点の設定値は少し違いますが、手動で行った場合とほぼ同じ結果になりました。
初期設定の状態から[自動補正]をクリック
初期設定の状態から[自動補正]をクリック
補正前(元画像)と[自動補正]後の比較
補正前(元画像)と[自動補正]設定後の比較
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

自動補正を効果的に行うオプション

[option(Alt)]キーを押しながら、[自動補正]をクリックします。すると、[自動カラー補正オプション]が表示されます。
[自動補正]をoption〔Alt〕+クリック
[自動補正]を[option(Alt)]+クリック
[自動カラー補正オプション]の[アルゴリズム]セクションには、4種類のアルゴリズムがあり、初期設定では、[明るさとコントラストを強調]が選択されています。適用結果は、この設定によるもので、選択されていた[明るさとコントラストを強調]は、手動で行った「コントラストを高めるための補正」を、自動的に行うアルゴリズムであることがわかります。
[自動カラー補正オプション]を確認
[自動カラー補正オプション]を確認
[明るさとコントラストを強調]のしくみ
[自動カラー補正オプション]の初期設定では、対象画像により適切な補正値が自動的に設定されます。[明るさとコントラストを強調]を適用すると、シャドウ点を完全な黒色に、ハイライト点を完全な白色に調整し、対象画像のピクセル分布から導き出された割合で、中間点の調整が行われ、明るい印象のコントラストが自動的に調整されます。
コントラストを高めたい場合は、[自動補正]をクリックして、シャドウ点、ハイライト点、そして、中間点を微調整する方法が効率的です。
[自動補正]から微調整する方法が効率的
[自動補正]から微調整する方法が効率的
コントラストを高めるための、トーンバランスの調整ができました。
トーンバランスの調整ができた
トーンバランスの調整ができた
         

スポンサード リンク