基本がわかる!コントラストのつけ方

基本がわかる!コントラストのつけ方【3】最も明るい部分の調整

【Photoshop基本操作】最も暗い部分の調整ができたら、次は最も明るい部分の調整を「ハイライト点」で行います。ハイライト領域は、シャドウ領域よりも効果が出やすいので、ヒストグラムによるピクセル分布の詳細な確認と予測が必要です。「ハイライト点」では「白トビ」に注意しましょう。


スペキュラハイライトは演出である!
キラリと輝く光源「スペキュラハイライト」が画像に含まれていると、その部分はすでに白トビしているかも知れません。白トビしている画像のハイライト点は、調整すべきではありませんが、このスペキュラハイライトだけは例外です。キラリと輝く光源の階調レベルを考えてみると、外観との境界線がハッキリしているほど効果的です。すでに白トビしている部分とハッキリした境界線。これを演出として捉えるなら、調整すべきハイライト点は、さらに内側(階調レベル「255」より小さい数値)にあるかも知れません。
基本がわかる動画を配信中!


         

最も明るい部分の調整

コントラストを高めるには、最も暗い部分の調整→最も明るい部分の調整→トーンバランスの調整という順序で行います。ここでは、画像内の最も明るい部分を、完全な白色に調整しましょう。最も明るい部分の調整は、ハイライト点のスライダーをドラッグします。
ヒストグラムが細かく途切れている部分は無視してもかまいません。
ハイライト点を調整範囲内に設定
ハイライト点を調整範囲内に設定
階調レベル「255」から、ヒストグラムの山型が、開始されているところまでが調整範囲です。調整範囲より少し内側の「238」が設定できました。
ハイライト点が深く入りすぎると、「白トビ」を起こすので注意が必要です。
補正前(元画像)とシャドウ点調整後の比較
補正前(元画像)とシャドウ点調整後の比較

スペキュラハイライト

ハイライト点の操作方法は、シャドウ点の操作とほぼ同じですが、ハイライト領域には異なる「見方」があります。それは、「スペキュラハイライト」という、光源などの輝き部分が、画像に含まれている場合です。たとえば、下図ような画像です。
スペキュラハイライトを含む画像
スペキュラハイライトを含む画像
スペキュラハイライトの部分は、すでに白トビしてしまっている場合も多く、この場合、ハイライト点の調整範囲がないので、セオリーでは調整することができません。しかし、スペキュラハイライトは「輝く」という効果なので、多少の演出があってもいいと思います。つまり、影響のない範囲で、白トビさせてもかまわない…ということです。作例では、ヘッドライトの部分に、スペキュラハイライトが含まれています。
スペキュラハイライトを含む調整範囲
スペキュラハイライトを含んだ調整範囲

白トビ画像の見分け方

スペキュラハイライトを除き、補正する前から、ヒストグラムの山型が、「255」レベルから開始されている画像は、すでに白トビを起こしている可能性があります。たとえば、下図ようなヒストグラムです。この場合、ハイライト点の調整は、行うべきではありません。
白トビを起こしているヒストグラムは調整範囲がない
白トビを起こしているヒストグラムは調整範囲がない
CMYKの場合はアソビを設ける
CMYK カラーで作業する場合は、明るい部分の微妙な階調が失われやすくなるため、[出力レベル]のハイライト点に、5%程度のアソビを設ける場合があります。
[出力レベル]のハイライト点を調整
[出力レベル]のハイライト点を調整

スポイトツールでハイライト点を設定する方法

調整点の操作は、スポイトツールで行うこともできます。上から、シャドウ点、中間点(グレー点)、ハイライト点です。ハイライト点のスポイトツールをクリックして選択します。画像内の最も明るい部分、または、完全な白色にしたい部分をクリックします。
スポイトツールで画像内をクリック
スポイトツールで画像内をクリック
[レベル補正]ダイアログのハイライト点が調整されました。しかし、適用する画像によって、最も明るい部分が確認しにくい場合もあるので、正確な補正には向いていません。ヒストグラムで確認しながら、調整点をドラッグする操作を基本としましょう。
ハイライト点が調整された
ハイライト点が調整された

画像内でハイライト点を見つける方法

ヒストグラムが表す調整点の位置を知りたい場合は、[option(Alt)]キーを押しながら調整点をドラッグします。すると、[黒点 / 白色点の限界を表示]モードに切り替わります。
[黒点 / 白色点の限界を表示]モード
[黒点 / 白色点の限界を表示]モード
[黒点 / 白色点の限界を表示]モードでは、調整位置によって、簡略化された画像がプレビューされます。真っ黒な状態から、画像が少し浮かび上がったところに、ハイライト点を設定します。
画像が少し浮かび上がったところにハイライト点を設定
画像が少し浮かび上がったところにハイライト点を設定
コントラストを高めるための、最も明るい部分の調整ができました。
ハイライト点の設定値を確認
ハイライト点の設定値を確認
続きは↓下の番号をクリック!
         

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です