基本がわかる!コントラストのつけ方

基本がわかる!コントラストのつけ方【2】最も暗い部分の調整

【Photoshop基本操作】色調補正3つのポイント「シャドウ点」、「中間調点」、「ハイライト点」のうち、最も暗い部分の調整は「シャドウ点」で行います。最初に最も暗い部分の基準を決めることで、画像全体のトーンバランスを調整しやすくします。「シャドウ点」では「黒ツブレ」に注意しましょう。


完全な黒色は存在しない?
私たちが認識できる色に「完全な黒色」は存在しません。それは光が反射して、物質の色が決められているからです。
人間の目に近い光学的な映像、ようするにカメラで撮影された映像にも、「完全な黒色」はありません。しかし、映像を画像データに変換する段階で、機器による自動調整が行われ、「完全な黒色」を作り出している場合も多いです。なので、「完全な黒色」は演出の範疇というワケです。
パソコンのモニタで表示される RGB カラーの画像では、この「完全な黒色」が基準となります。「完全な黒色」は自然界に存在しないが、RGB カラーでは基準とされる…。このことをよく理解しておきましょう。
         

最も暗い部分の調整

コントラストを高めるために、まず、画像内の最も暗い部分を、完全な黒色に調整しましょう。最も暗い部分の調整は、シャドウ点のスライダーをドラッグします。
ヒストグラムが細かく途切れている部分は無視してもかまいません。
シャドウ点を調整範囲内に設定
シャドウ点を調整範囲内に設定
階調レベル「0」から、ヒストグラムの山型が、開始されているところまでが調整範囲です。調整範囲での最大値「16」が設定できました。
シャドウ点が深く入りすぎると、「黒ツブレ」を起こすので注意が必要です。
補正前(元画像)とシャドウ点調整後の比較
補正前(元画像)とシャドウ点調整後の比較
作例では、あまり変化を感じられません。完全な黒色に調整した分、補正前より画像全体が暗い印象になりました。しかし、このシャドウ点の調整が、後の操作で活きてきます。コントラストを高めるための出発点となるのが、完全な黒色を作り出すことです。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】基本がわかる!コントラストのつけ方
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

黒ツブレ画像の見分け方

補正する前から、ヒストグラムの山型が、「0」レベルから開始されている画像は、すでに黒ツブレを起こしている可能性があります。たとえば、下図のようなヒストグラムです。この場合、シャドウ点の調整は、行うべきではありません。
黒ツブレを起こしているヒストグラムは調整範囲がない
黒ツブレを起こしているヒストグラムは調整範囲がない
CMYKの場合はアソビを設ける
CMYK カラーで作業する場合は、インクのにじみを回避するため、[出力レベル]のシャドウ点に、5%程度のアソビを設ける場合があります。
[出力レベル]のシャドウ点を調整
[出力レベル]のシャドウ点を調整
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

スポイトツールでシャドウ点を設定する方法

調整点の操作は、スポイトツールで行うこともできます。上から、シャドウ点、中間点(グレー点)、ハイライト点です。シャドウ点のスポイトツールをクリックして選択します。画像内の最も暗い部分、または、完全な黒色にしたい部分をクリックします。
スポイトツールで画像内をクリック
スポイトツールで画像内をクリック
[レベル補正]ダイアログのシャドウ点が調整されました。スポイトツールの操作は簡単ですね。しかし、適用する画像によって、最も暗い部分が確認しにくい場合もあるので、正確な補正には向いていません。ヒストグラムで確認しながら、調整点をドラッグする操作を基本としましょう。
シャドウ点が調整された
シャドウ点が調整された
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

画像内でシャドウ点を見つける方法

ヒストグラムが表す調整点の位置を知りたい場合は、[option(Alt)]キーを押しながら調整点をドラッグします。すると、[黒点 / 白色点の限界を表示]モードに切り替わります。
[黒点 / 白色点の限界を表示]モード
[黒点 / 白色点の限界を表示]モード
[黒点 / 白色点の限界を表示]モードでは、調整位置によって、簡略化された画像がプレビューされます。真っ白な状態から、画像が少し浮かび上がったところに、シャドウ点を設定します。これなら、わかりやすいですね。
画像が少し浮かび上がったところにシャドウ点を設定
画像が少し浮かび上がったところにシャドウ点を設定
コントラストを高めるための、最も暗い部分の調整ができました。
シャドウ点の設定値を確認
シャドウ点の設定値を確認
続きは↓下の番号をクリック!
         

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です