基本がわかる!アンチエイリアス

基本がわかる!アンチエイリアス

【Photoshop基本操作】アンチエイリアスとは、デジタル画像特有のジャギー(ギザギザ線)や、際立った塗り面をスムーズに見せるため、境界線に半透明のピクセルを追加することで、滑らかな視覚的効果を得る機能です。


標準だから気付かない「無効」の活用方法!
Photoshop に限らず、パソコンの機能としても標準の「アンチエイリアス(アンチエイリアシング)」は、たとえばフォントの表示や、アイコンの表示などにも使われていて、特別に意識することなく日常的に接しているものです。
デジタル画像の境界線を滑らかにする機能だから「あたりまえ」なのだけれど、違う意味で捉えれば「画像をぼかす機能」なのです。ピクセル単位で構成する小さな画像や文字、拡大・縮小で劣化する特性を持ったビットマップ画像においては、時には「おせっかいな機能」になる場合だってあります。

アンチエイリアスの基礎知識

アンチエイリアスは、デジタル画像の境界線を滑らかに見せる機能です。アンチエイリアシング(アンチエイリアスの処理)がされていない画像の境界線はギザギザです。アンチエイリアシングには、境界線の階調を変化させることにより、段階的な選択が行えるものもあります。また、モニタ表示のみを目的とする詳細な文字や線などは、アンチエイリアシングを行わない方がいい場合もあります。
アンチエイリアスを有効(400%拡大表示)→アンチエイリアスを無効(400%拡大表示)
これらの図は、画面を400%拡大表示したものです。アンチエイリアスの「有効」と「無効」、この違いが、おわかりいただけるでしょうか? アンチエイリアスとは、デジタル画像の「ギザギザ」をスムーズに見せる機能です。デジタル画像は、小さなドットの集まりです。ひとつの画像を構成するドットの数が少ないほど、ギザギザが目立ちます。アンチエイリアスは、境界線に半透明のピクセルを追加することで、滑らかな視覚的効果を得ています。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】基本がわかる!アンチエイリアス
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

ピクセルのブレンド

小さなドットは「ピクセル(pixel)」といい、格子状に規則正しく整列されています。グリッドに合致しないピクセルは、隣接する他のピクセル間で、角度などの条件に応じてブレンドされます。アンチエイリアスが有効の場合、1 pixelの線を回転させると、グリッドに合致しないピクセルは、アンチエイリアス処理が行われます。アンチエイリアスが無効の場合、1 pixelの線を回転させると、すべてのピクセルはグリッドに合致し、斜めの線はギザギザになります。これを「ジャギー」といいます。画像の境界線をぼかして、ジャギーを目立たなくする。それがアンチエイリアスです。
ピクセル座標の違いによるブレンド変化
ピクセル座標の違いによるブレンド変化
アンチエイリアシングがされた画像は、隣接する2つのピクセルが、角度などの条件に応じてブレンドされています。水平垂直の線は、そのまま表示した方が鮮明なので、アンチエイリアシングの影響はほとんど受けません。しかし、ピクセルが置かれる場所によって、ブレンドの強さは変わるので、細い線などは鮮明に表示されない場合もあります。
ぼかしてキレイに見せる機能!
アンチエイリアスは「画像をぼかす機能」ですから、ドット単位で拾えないピクセルは不鮮明になります。高解像度のモニタでは、ひとつのピクセルの大きさが小さくなるので、視覚的にぼけた残像も含めて認識されやすくなりますが、低解像度のモニタでは、不鮮明さが目立ってしまいます。高解像度向きではあるが低解像度向きではない…このあたりが課題となるでしょう。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

アンチエイリアスを無効にする操作

Photoshop では、あらゆる場面に登場する「アンチエイリアス」ですが、操作に限ると、各種選択ツールや[塗りつぶしツール]などのオプションバーに、「有効」と「無効」のチェック項目があるだけです。しかし、「アンチエイリアス」という名称がなくとも、それに付随した操作はたくさんあります。主な操作方法を上げてみましょう。

各種文字ツール

オプションバーに[アンチエイリアスの種類を設定]という選択項目があります。
オプションバーでアンチエイリアスの種類を設定
文字ツールオプションの[アンチエイリアスの種類を設定]には、アンチエイリアスを「無効」にする[なし]と、アンチエイリアスを「有効」にする[シャープ]、[鮮明]、[強く]、[滑らかに]、[Mac LCD]、[Mac]といった種類があります。
anti_aliasing06.jpg
アンチエイリアスの種類の中で、「標準」と言えるのは[滑らかに]です。その他の種類は、アンチエイリアスに加えて、境界線を鮮明にしたり、強くしたりといった機能が付加されています。
Osaka レギュラー 12 ptの適用結果
Osaka レギュラー 12 ptの適用結果
ビットマップがキレイに表示されない?
アンチエイリアスを「なし」に設定した場合、ビットマップデータがないアウトラインフォントでは、ビットマップがキレイに表示されません。また、ビットマップフォントを使用しても、フォントサイズとビットマップデータのフォントサイズが合致していないと「ビットマップ崩れ」を起こします。小さい文字をはっきり鮮明にするには、アンチエイリアスの無効と、ちょっとした「裏技」があります。

各種ペイントツール

[ブラシツール]がアンチエイリアスの「有効」、[鉛筆ツール]がアンチエイリアスの「無効」です。
ブラシツールと鉛筆ツールの描画を比較
[ブラシツール]では、「ブラシの硬さ」という表現が用いられ、ブラシの種類を選択する[ブラシプリセットピッカー]や、[ブラシ]パネルの[ブラシ先端のシェイプ]では、パーセント(%)値による[硬さ]の設定が行えます。
鉛筆ツールには適用されない!
アンチエイリアスという見方では、[硬さ:100%]以外の設定値は「ぼかし」の範疇になります。また、[鉛筆ツール]には、この[硬さ]の設定が適用されず、[硬さ:0%]でも[硬さ:100%]でも、描画する境界線はギザギザです。つまり、[鉛筆ツール]にはアンチエイリアスが適用されません。
アンチエイリアスを無効にした代表的な手法に、パソコン上で使われるゲームキャラクターやアイコンなどを表す「ドット絵」があります。ドットの集合体で構成されているのが特徴で、小さいものでは、16 x 16 ピクセルという限られたマス目だけで表現されています。
【Photoshop講座】拡大してもキレイなドット絵を作成する

消しゴムツール

オプションバーで、[モード]に[ブラシ]を選択すると、アンチエイリアスの「有効」、[鉛筆]、または[ブロック]を選択すると、アンチエイリアスの「無効」です。
オプションバーで[モード]を選択
構造は[ブラシツール]、[鉛筆ツール]と同じで、[背景]は、現在の背景色で塗りつぶし、[レイヤー]は、透明ピクセルに置き換えます。[モード]に[ブロック]を選択すると、正方形の範囲のピクセルを削除することができ、描画する境界線は、表示中のピクセルグリッドに対して、常に規則正しいです。
消しゴムツールは塗って消すツール!
[消しゴムツール]を[背景]で使用する場合は、[ブラシツール]と同じ働きで「塗って消す」動作が行われます。この時、[消しゴムツール]の「色」は、現在、設定されている背景色が用いられます。消したつもりなのに色がついてしまった時は、[ツール]パネルの下にある描画色と背景色を確認しましょう。

各種選択ツール

アンチエイリアス機能のある選択ツールを選択すると、オプションバーに「有効」と「無効」のチェック項目があります。
オプションバーで[アンチエイリアス]を有効 / 無効
初期設定では、[アンチエイリアス]の項目にチェックマークが入っています。このチェックボックスは、これから作成する選択範囲の境界線に、アンチエイリアスの機能を「有効」にするか、「無効」にするかを設定するもので、チェックマークが入っていると、選択したピクセルの[許容量]に加え、未選択部分との境界線を滑らかにするための「ぼかし」をつけます。

塗りつぶしツール

オプションバーに「有効」と「無効」のチェック項目があります。
オプションバーで[アンチエイリアス]を有効 / 無効
[塗りつぶしツール]のアンチエイリアスは、選択ツールのアンチエイリアスと機能的によく似ています。初期設定では、[アンチエイリアス]の項目にチェックマークが入っています。
このチェックボックスは、これから塗りつぶすピクセルの境界線に、アンチエイリアスの機能を「有効」にするか、「無効」にするかを設定するもので、チェックマークが入っていると、選択したピクセルの[許容量]に加え、未選択部分との境界線を滑らかにするための「ぼかし」をつけます。

各種シェイプツール

オプションバーで、[ピクセル]、バージョンCS5以前では[塗りつぶした領域を作成]を選択すると、「有効」と「無効」のチェック項目があります。シェイプツールは、閉じたパスの領域を塗りつぶす機能で、オプションバーの[ツールモードを選択]には、[シェイプ]、[パス]、[ピクセル]といった選択項目があります。
オプションバーで[ピクセル]を選択
オプションバーで[ピクセル]を選択
アンチエイリアスの機能は、すべてのツールモードに含まれていますが、「有効」と「無効」の操作ができるのは、[ピクセル]のみです。これは、シェイプツールが、ベクトル画像を作成する機能のため、構造的にアンチエイリアスの機能が含まれているからです。
[ピクセル]を選択すると、ベクトル画像からビットマップ画像に変換されるため、その際、境界線にアンチエイリアスを「有効」にするか、「無効」にするかを設定できるわけです。

画像解像度

[画像解像度]ダイアログで、[再サンプル]、バージョン CS 6 以前では[画像の再サンプル]オプションで、「ピクセル情報の補間方法」を選ぶことができます。アンチエイリアスを無効にした拡大・縮小を行うには、この「ピクセル情報の補間方法」に[ニアレストネイバー法]を選択します。
[画像解像度]による補間方法の違い
「有効」と「無効」はいつ設定する?
アンチエイリアスの「有効」と「無効」は、各種選択ツールなら選択範囲を作成する前、各種ペイントツール、消しゴムツールなどは、描画する前に設定します。後の編集でアンチエイリアスの変更が行えるのは、各種文字ツールで作成したテキストレイヤーのみです。ラスタライズされたテキストのアンチエイリアスは変更することができません。

スポンサード リンク