【アクション】PNG形式のファイルをEPS形式に一括変換する

【アクション】PNG形式のファイルをEPS形式に一括変換する【2】

【Photoshop基本操作】PNG 形式のファイルを EPS 形式に変換する一連の操作をアクションに記録します。EPS 形式に変換する際には、[EPS オプション]の設定が必要になります。[EPS オプション]ダイアログの設定をアクションに組み込むため、暫定的な保存場所を記録しておくことがポイントとなります。


「保存して閉じる」がポイント!
画像を開いたり、保存して閉じる処理は[バッチ]で行えるので、アクションに組み込まない方がスマートなんじゃない? と思うかも知れませんが、EPS 形式には保存オプションが含まれているので、「保存して閉じる」までを組み込んでおかないと、処理中に[EPS オプション]ダイアログがいちいち開いてしまいます。
1   2   3   3   3
アクションを記録する
アクションを作成するための PNG 形式の画像を開きます。[ウィンドウ]メニューから、[アクション]を選択します。すると、[アクション]パネルが表示されます。
[アクション]パネルを表示
[アクション]パネルを表示
[アクション]パネルで、任意のアクションセットを選択します。ここでは、あらかじめ作成した[アクションの練習]を選択しました。アクションセットが選択できたら、[新規アクションを作成]をクリックします。
[新規アクションを作成]をクリック
[新規アクションを作成]をクリック
[新規アクション]ダイアログで、[アクション名]に任意の名前を入力します。ここでは、「PNG→EPS(CMYK)変換」というアクション名を入力しました。[アクション名]が入力できたら、[記録]をクリックします。
アクション名を入力
アクション名を入力
アクション作成用の画像は、オリジナルを複製したものを使用しましょう。
EPS オプションを組み込む
[イメージ]メニューから、[モード]→[CMYK カラー]を選択します。[CMYK カラー]を選択すると、[RGB カラー]から[CMYK カラー]のモード変換が、現在、[カラー設定]で設定されているカラープロファイルに基づいて実行されます。
警告アラート
警告アラート
PNGの透明部分はNG!
PNG 形式のファイルに透明部分が含まれていると、EPS 形式での保存ができません。その場合は、[レイヤー]メニューから、[画像を統合]を選択して、アクションに組み込んでください。透明部分を保護したい場合は、[別名で保存]の[フォーマット]に[Photoshop]を選択してください。この場合、PNG 形式 → PSD 形式のファイル変換になりますので注意してください。
[ファイル]メニューから、[別名で保存]を選択し、[別名で保存]ダイアログで、暫定的な保存場所を選択します。ここでは、デスクトップを設定しました。[フォーマット]に[Photoshop EPS]を選択して、[保存]をクリックします。
[フォーマット]に[Photoshop EPS]を選択
[フォーマット]に[Photoshop EPS]を選択
[EPS オプション]ダイアログで、[プレビュー]に[TIFF (8 bit/pixel)]を選択し、[エンコーディング]に[JPEG – 最高画質 (低圧縮率)]を選択して、[OK]をクリックします。
[EPS オプション]を設定
[EPS オプション]を設定
画像解像度の変更
商業印刷で推奨される[画像解像度]は「350 pixel/inch」です。アクションを適用するファイルの[ドキュメントのサイズ]に一貫性があれば、記録する作業のコマンドに[画像解像度]を加えましょう。
ドキュメントウィンドウを閉じます。[アクション]パネルで、一連の操作([モード変換]→[保存]→[閉じる])を確認したら、[再生 / 記録を中止]をクリックします。アクションで、一連の操作が記録されました。
[再生 / 記録を中止]をクリック
[再生 / 記録を中止]をクリック
保存時のダイアログ表示を省略する
保存オプションを含む画像フォーマットでは、アクション実行中にいちいちダイアログが開いて、[enter]キーを押して対応しなければならない場合もあります。その煩わしさをなくすには、[保存]と[閉じる]をアクションに組み込んで、保存オプションの設定を済ませておきます。この際の保存場所は、仮の場所でも大丈夫です。バッチ処理で新しい保存場所が設定できます。
続きは↓下の番号をクリック!
1   2   3   3   3

スポンサード リンク