【アクション】PNG形式のファイルをEPS形式に一括変換する

【アクション】PNG形式のファイルをEPS形式に一括変換する【1】

【Photoshop基本操作】PNG形式のRGB画像を印刷用に使用する場合は、ファイルフォーマットの変換に加え、CMYK カラーモードの変換も行わなければなりません。処理する画像の量が多いと、これは大変厄介な作業になります。アクションとバッチ処理で、互換性の高いEPS形式に一括変換しましょう。


モード変換をアクションに組み込む!
EPS形式のカラーモードは[CMYK カラー]です。なので、アクションにモード変換を組み込むワケですが、気を付けなければならないことは、現在の[カラー設定]が適用されることです。現在の[カラー設定]が間違っていると、処理したすべてのファイルが、印刷入稿の規定に適合しません。危ういものはできるだけ排除しておきましょう。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
1   2   3   3   3

EPS形式へのファイル変換を自動化する

これから行う[アクション]と[バッチ]を利用した自動処理は、PNG形式(RGB カラー)からEPS形式(CMYK カラー)へのファイル変換を行うものです。たとえば、スクリーンショットの画像を印刷用の入稿データに一括変換するときに便利です。CMYK カラーへのモード変換と、[EPS オプション]の設定をアクションに組み込みます。
PNG形式からEPS形式へ
作業スペースを設定する
まず、CMYKカラーへのモード変換に使用される一般的なカラープロファイルを設定しておきます。[編集]メニューから、[カラー設定]を選択します。
[カラー設定]ダイアログ
[カラー設定]ダイアログ
[カラー設定]ダイアログで、[設定]に[プリプレス用-日本2]を選択します。すると、[作業スペース]の[RGB]に[Adobe RGB (1998)]、[CMYK]に[Japan Color 2001 Coated]が設定されます。
[カラー設定]ダイアログ(部分)
[カラー設定]ダイアログ(部分)
[カラーマネジメントポリシー]のすべての項目のチェックマークを外し、[OK]をクリックします。
[カラー設定]ダイアログ(部分)
[カラー設定]ダイアログ(部分)
カラープロファイルを破棄する!
[カラーマネジメントポリシー]のすべての項目を[オフ]に設定すると、それまで保持していたカラープロファイルは破棄されます。このことにより、印刷所やプリンターなどの出力側は、プレーンな画像として扱えるので、効率的だと考えられる場合が多いです。もちろん、これは任意の設定なので、カラープロファイルを保持、または確認する場合は、プリセット[プリプレス用-日本2]を選択した状態にしてください。
続きは↓下の番号をクリック!
1   2   3   3   3

スポンサード リンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です