カテゴリー別アーカイブ: 写真を絵画調にする

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風【5】

【Photoshop講座】ルネッサンス期の壁画をイメージした、重厚で落ち着いた色調に補正する作業を行います。補正には比較的に簡単で理解しやすい[色相・彩度]と[カラーバランス]を用い、ひび割れたテンペラ画風を仕上げましょう。

続きを読む

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風【4】

【Photoshop講座】作成したひび割れ模様を重ね合わせ、フィルターの設定値を変えることで不規則性を出します。スマートオブジェクトに変換しておくと、フィルターの適用後も編集ができるので、このような作業では大幅な効率化が図れます。

続きを読む

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風【3】

【Photoshop講座】ルネッサンス期の壁画は風化して、表面に細かいひび割れ模様が見られます。ここでは、写真などの素材画像を用いらず、Photoshop に備わっている機能だけで作成することにこだわりましょう。

続きを読む

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風【2】

【Photoshop講座】[レンズ補正]の[周辺光量補正]という機能を使って、画像の周辺を暗くする作業を行いましょう。スマートオブジェクトに変換しておくと、元画像を保持しながら複数のフィルターが編集可能な状態で適用できます。

続きを読む

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風

写真を絵画調に!ひび割れたテンペラ画風【1】

【Photoshop講座】「テンペラ」とは、ルネッサンス期の壁画などに多く用いられた、 古典的な西洋絵画の技法です。 石膏を塗った板に、顔料と卵黄を混ぜ合わせて描くもので、 写実的で筆のタッチがあまり見られないのが特徴です。 テンペラ画の重厚な色調と、絵の具のひび割れ模様を演出してみましょう。

続きを読む

写真を絵画調に!色鮮やかな印象派風

写真を絵画調に!色鮮やかな印象派風【4】

【Photoshop講座】「印象派」の最大の特徴は、粗いタッチと鮮やかな色彩です。しかし、その鮮やかさに「生っぽさ」は禁物です。[カラーバランス]を使用して、少し黄色く変色した重厚さを出して、色鮮やかな印象派風を仕上げましょう。

続きを読む

写真を絵画調に!色鮮やかな印象派風

写真を絵画調に!色鮮やかな印象派風【3】

【Photoshop講座】「印象派」風のタッチを立体化し、さらに大胆なストロークをつくる作業を行います。タッチの立体化やストロークをコントロールできる[油彩]は、初期設定から少し弱まるように設定しましょう。

続きを読む

写真を絵画調に!色鮮やかな印象派風

写真を絵画調に!色鮮やかな印象派風【2】

【Photoshop講座】4種類のフィルターを掛け合わせて、「印象派」風の粗いタッチをつくる作業を行います。[フィルターギャラリー]は、複数のフィルターをひとつの効果として操作できます。その組み合わせは自由自在。もちろん、追加や適用順の入れ替えもできます。

続きを読む

写真を絵画調に!色鮮やかな印象派風

写真を絵画調に!色鮮やかな印象派風【1】

【Photoshop講座】風景や人物などを鮮やかな色彩で描く「印象派」。その光と影を巧みに表現する粗いタッチは、近代絵画の先駆けとなりました。モネやシスレーになった気分で、夕日の風景写真を、色鮮やかな印象派風に加工してみましょう。

続きを読む

写真を絵画調に!大胆なタッチの油絵風

写真を絵画調に!大胆なタッチの油絵風【4】

【Photoshop講座】画像の周辺を暗くするビネット効果は、西洋絵画においてよく見られる手法です。[レンズ補正]の[周辺光量補正]を使えば、簡単にビネット効果がつくり出せます。重厚で荘厳な色調を[カラーバランス]で調整し、大胆なタッチの油絵風を仕上げましょう。

続きを読む