Photoshop基本操作」カテゴリーアーカイブ

基本がわかる!描画モードの種類と特性

基本がわかる!描画モードの種類と特性

【Photoshop基本操作】レイヤーの重なり条件を選択できる高度な機能で、画像合成のさまざまな表現が設定できます。描画モードを設定できる画像は、Photoshop で現在作業中のレイヤーを含む画像、または Photoshop 形式 (.psd)で保存されたレイヤーを含む画像に限られます。

続きを読む

【スタイル】レイヤーがドロップシャドウをノックアウト【抜き合わせ】

【スタイル】レイヤーがドロップシャドウをノックアウト【抜き合わせ】

【Photoshop基本操作】[レイヤーがドロップシャドウをノックアウト]とは、[レイヤースタイル]ダイアログの[ドロップシャドウ]にあるオプション機能で、有効の場合、オブジェクトと重なる部分のドロップシャドウが取り除かれます。しかし、不透明色で作成されたオブジェクトに対しては、「有効」と「無効」の変化が確認できないので、どんな働きをする機能なのかが分かりにくいものとされています。

続きを読む

【スタイル】ベベルとエンボスで質感をコントロールする方法【陰影・高度】

【スタイル】ベベルとエンボスで質感をコントロールする方法【陰影・高度】

【Photoshop基本操作】ベベルとエンボスとは、Photoshop 6.0 以降のバージョンに搭載されている「レイヤースタイル」の機能のひとつです。ベベルとは、平面を押し出して立体的にしたような効果をつける機能で、エンボスとは、紙や金属板などから図柄を浮き彫りにしたような効果をつける機能のことをいいます。

続きを読む

【スタイル】レイヤースタイルの効果を移動する方法【パターン】

【スタイル】レイヤースタイルの効果を移動する方法【パターン】

【Photoshop基本操作】オブジェクトの位置や形を変えずに、レイヤースタイルの効果だけを移動することができます。移動できる効果は、ドロップシャドウ、シャドウ(内側)、ベベルとエンボスのテクスチャ、サテン、パターンオーバーレイです。

続きを読む

【スタイル】レイヤースタイルをインストールする方法【読み込み】

【スタイル】レイヤースタイルをインストールする方法【読み込み】

【Photoshop基本操作】サイトからダウンロードした新しいレイヤースタイルを、[スタイル]パネルメニューに常時リストアップさせるには、お使いのパソコンに「スタイル・プリセット」をインストールします。保存先が隠しフォルダーとされているので、何かとハードルの高い操作ですが、覚えておくと効率的で快適な作業が行えます。

続きを読む

基本がわかる!レイヤースタイルの操作

基本がわかる!レイヤースタイルの操作

【Photoshop基本操作】レイヤースタイルとは、レイヤーの塗りの部分に対して、立体的な効果やドロップシャドウなどがすばやく適用できる機能です。元画像には編集を加えないので、適用後も設定を変更したり、効果だけを他のコンテンツにコピー&ペーストできます。

続きを読む

【効果】ぼかし具合を変えて料理を引き立てる方法【虹彩絞りぼかし】

【Photoshop基本操作】被写体にピントが合った効果は、周辺をぼかすことで行います。しかし、テーブルに置かれたコップや調味料入れなどが、同じようにボケてしまっては不自然ですね。部分的にぼかし具合(被写界深度)を調整できる[虹彩絞りぼかし]を使用すれば、まるで高性能カメラで撮影したようなイメージにすることができます。

続きを読む

【画像合成】円筒形の缶にラベルを貼る方法【ワープ】

【画像合成】円筒形の缶にラベルを貼る方法【ワープ】

【Photoshop基本操作】メッシュをコントロールする [ワープ] を使えば、円筒形に合わせたラベルの変形ができます。しかし、貼り付ける形状にパースがついていると難しいですね。そんなときは、[遠近法] の変形を組み合わせます。計画的な操作で、コーヒー缶にラベルデザインを貼り付けましょう。

続きを読む

【スマートオブジェクト】ひとつの修正ですべてのファイルを更新する方法【コンテンツを置き換え】

【スマートオブジェクト】ひとつの修正ですべてのファイルを更新する方法【コンテンツを置き換え】

【Photoshop基本操作】たとえば、ロゴタイプやシンボルマークなどは、複数のファイルに共通して配置されるものなので、その内容が変更されたら、ひとつずつ修正するのは大変面倒な作業となります。そんなときは、配置したひとつのコンテンツを書き出して、内容を修正したものに一括して置き換えましょう。

続きを読む

【画像合成】フレームツールで簡単にマスクする方法【フレームに変換】

【画像合成】フレームツールで簡単にマスクする方法【フレームに変換】

【Photoshop基本操作】別の画像をフレームの形で重ねたいときは[フレームツール]が便利です。直感的な操作ができて、合成画像の「非破壊編集」も自動設定してくれます。作業の効率化はもちろん、[フレームに変換]でシェイプレイヤーに対応しているので、好みの形状による「はめ込み合成」が可能です。

続きを読む