作成者別アーカイブ: 古岡 ひふみ

古岡 ひふみ について

フリーのグラフィックデザイナーです。カタログ、ポスター、パッケージなど様々な分野に携わってきました。

【テクスチャ】ゼロからつくる!赤錆びた縞鋼板

【テクスチャ】ゼロからつくる!赤錆びた縞鋼板

【Photoshop講座】縞鋼板とは、滑り止めの出っ張りが付いた鉄板です。使い古された質感は、赤錆びから出っ張りの部分を擦り取ることで表します。シームレスパターンから任意のドキュメントサイズへ展開しましょう。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!夜を彩るネオンサイン

【ロゴ】フォントでつくる!夜を彩るネオンサイン

【Photoshop講座】ネオンサインは、チューブ状のネオン管で作られた電飾看板です。さまざまな色のネオン管を組み合わせることで、独特な文字や絵柄が表現されています。ネオンをモチーフにしたデザインフォントを発光させましょう。

続きを読む

【テクスチャ】ゼロからつくる!伝統的な手すき和紙

【テクスチャ】ゼロからつくる!伝統的な手すき和紙

【Photoshop講座】和紙は洋紙に比べ、長い繊維のざっくりとした風合いが特徴です。伝統的な紙漉き方法でつくられたものは、「手すき和紙」として差別化もされています。その象徴的な繊維と手すきを表現する「やぶき」を取り入れ、背景素材として使えるテクスチャを作成しましょう。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!サイケな変形文字

【ロゴ】フォントでつくる!サイケな変形文字

【Photoshop講座】1960年代後半に流行した「ヒッピー」や「サイケデリック」は、ロゴデザインにおいても、特徴的な影響を与えました。大きく歪ませた文字列を組み合わせて、文字型を利用した極彩色の模様を入れましょう。

続きを読む

【テクスチャ】ゼロからつくる!天然コルクボード

【テクスチャ】ゼロからつくる!天然コルクボード

【Photoshop講座】温かみがある天然素材のコルクボードは、カードや小物をピンナップしたり、グラフィックデザインでは、写真やイラストをコラージュする背景画像としてよく使われています。どんな画像サイズでもたった5分で完成できる、粗い質感のコルクボードを作成しましょう。

続きを読む

【ロゴ】フォントでつくる!飛び出すシャドウ文字

【ロゴ】フォントでつくる!飛び出すシャドウ文字

【Photoshop講座】文字を力強く目立たせるシャドウ処理は、既成書体でもよく見かける人気の手法です。シャドウ部分を長くすることで、文字列の一体感を高め、配色でより印象的に仕上げましょう。

続きを読む

基本がわかる!文字の入力と編集

基本がわかる!文字の入力と編集

【Photoshop基本操作】画像に文字を入力すると、文字はピクセルで構成された画像ではなく、文字の情報を含んだ特殊なテキストレイヤーで管理、保存されます。フォントの種類やサイズ、文字の位置や色などをいつでも変更することができます。

続きを読む

基本がわかる!マスクの種類と作り方

基本がわかる!マスクの種類と作り方

【Photoshop基本操作】マスクとは不要な部分を隠す機能です。背景から人物を切り抜くときなどに使われています。自然で滑らかな境界線がつくれるので、画像合成の仕上がりを左右する重要なテクニックとなります。用途によって使い分けるマスクの種類と作り方をご紹介しましょう。

続きを読む

基本がわかる!グラデーションの作り方

基本がわかる!グラデーションの作り方

【Photoshop基本操作】グラデーションとは、明るさや色の滑らかな変化です。ドラッグした距離でグラデーションを描画する[グラデーションツール]は、単にグラデーションを敷きつめるだけの役割でなく、選択範囲やマスクの作成など、さまざまな場面で活用される万能ツールです。

続きを読む

基本がわかる!パスの作成と使い方

基本がわかる!パスの作成と使い方

【Photoshop基本操作】「パスは苦手」と決めつけていませんか? 最も習得が困難とされる[ペンツール]ですが、複雑な操作を最初から覚える必要はありません。Photoshopでは、画像の輪郭をなぞることが多いため、まず、その形を構成する「アンカーポイント」がどこにあるべきなのか? を考えることから始めます。解説の簡単な操作を試みてください。きっと、そうだったのか!と思うハズです。

続きを読む